再生可能エネルギー:サステナビリティ

海外を発端とする再生可能エネルギーの買取制度は、日本国内においても制度開始とともに広く認知され、太陽光発電を中心とした急速な普及が見られます。

PwC Japanのサステナビリティチームは、公認会計士のほか、技術士・エネルギー管理士・電気主任技術者などの有資格者を含む専門家により構成され、再生可能エネルギー事業のプロジェクトマネジメント業務やPwCグローバルネットワークと連携した海外進出支援業務などを提供しています。アドバイザリー業務の主な例として、下記のサービスを提供しています。

  • 再生可能エネルギー事業検討段階での事業性調査、費用積算支援、各種手続きの実施支援、工程管理等のプロジェクトマネジメント
  • 官公庁の実施する公募事業参画に向けた事業計画・戦略の構築、共同事業者の選定支援、企画提案書作成支援、プロジェクトマネジメント
  • 海外での事業展開に向けた対象国におけるマーケットの調査、会計・税務・ストラクチャーに関するアドバイザリー

また、日本の再生可能エネルギー買取に係る費用は、広く電力を使用する者から賦課金として徴収されます。ただし、電力多消費事業を営むものにおいてはその負担が大きくなることから、国の定める要件に該当する者に対して、賦課金の減免措置を設けています。これに対しても、下記のサービスを提供しています。

  • 賦課金減免措置の可能性調査
  • 公認会計士による減免申請に係る確認書面の提出

サステナビリティサービスの詳細については、以下をご参照ください。

 
 ページトップへ