再生可能エネルギー関連サービス

PwC Japanの再生可能エネルギー関連サービスを紹介します。

サステナビリティ

PwC Japanのサステナビリティチームは、公認会計士のほか、技術士・エネルギー管理士・電気主任技術者などの有資格者を含む専門家により構成され、メガソーラーなどの再生可能エネルギー事業のプロジェクトマネジメント業務やPwCグローバルネットワークと連携した海外進出支援業務などを提供しています。

財務報告アドバイス

あらた監査法人の財務報告アドバイザリー部は、ストラクチャードファイナンスに関する会計アドバイザリー業務を提供しています。SPE(特別目的事業体)を設立した投資スキームを構築するケースがありますが、投資スキームの検討段階から投資終了までの全期間において、税務や関連する他の部門の専門家と協力して、クライアント固有の複雑かつ広範な問題に対するソリューションをワンストップで提供しています。

税務

税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは再生可能エネルギー事業における税務上の論点に関するアドバイザリーサービスを提供します。計画段階のサポートとしては、1. ストラクチャーについて税務上の長所および短所、留意点の整理、2. キャッシュフロー見積りのレビューなどがあり、取引実施後サポートとしては、1. 税務上の論点の特定と助言業務、2. 税務申告業務、3. 税務意見書の作成、4. 各種申告書の作成などがあります。

モデリング

プライスウォーターハウスクーパース株式会社の財務モデリングを専門とするモデリングチームは、再生可能エネルギー事業等への投資を検討している国内外事業者、事業者への資金供与を検討する金融機関等に対し、投資評価のための財務モデル構築、モデルレビュー等の支援を行っています。

PPP(官民パートナーシップ)・インフラ

プライスウォーターハウスクーパース株式会社のPPP&インフラ部門では、公共セクターおよび民間セクターのクライアントに対して、公共性、経済性、環境性の観点を踏まえたプロジェクトを実現するための多様な官民連携手法(Public-Private-Partnership:PPP)の導入を支援しています。また、国内外の再生可能エネルギー案件の豊富な経験を有する専門家との連携により、公共性、経済性、環境性の特性に配慮した公共施設・インフラプロジェクト実現や公的資産を活用した再生可能エネルギープロジェクトの実現のためのアドバイスを提供します。

財務諸表監査/その他のサービス

あらた監査法人の資産運用セクター(第3金融部)は、資産運用に関するプロフェッショナル160人を擁し、証券投資信託、不動産投資法人、特定目的会社(TMK)、合同会社/匿名組合スキーム(GK-TK)、投資事業有限責任組合等のファンドへの監査業務の経験を有しています。

 
 ページトップへ