再生可能エネルギー

View this page in: English
再生可能エネルギー事業 セカンダリーマーケット支援サービス
セカンダリーマーケット支援サービス
 
2012年7月の再生可能エネルギー全量買取制度施行以来、比較的参入障壁の低い太陽光発電事業を中心にさまざまな事業者により再生可能エネルギー事業の開発が計画されていますが、運転を開始したメガソーラー設備容量は11.0万kW、69件と認定容量の数パーセントにとどまっています。
このような状況の中、稼働を開始した発電事業の全部または一部を他社に売却する動きや、設備認定後に計画段階で発電事業を他社に売却する動きも出てきています。
PwC Japanでは、発電事業を取得する投資家に向けての事業性分・価値評価ならびに売却者への売却価額の妥当性の検証など、再生可能エネルギービジネスに関するサービスを提供しています。
 

現在、わが国のエネルギーミックスの見直しが行われており、この中で太陽光や風力といった再生可能エネルギーについては特に重要性が高まり、その開発・利用を最大限加速することが求められています。
再生可能エネルギーが産業界に与える影響はすそ野が広く、また、必要とされる専門知識も多岐にわたります。 私どもPwC Japanでは、PwC Japanを構成する各法人(あらた監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースなど)において活躍する再生可能エネルギーについて専門的知識を有するプロフェッショナルが各法人にまたがる組織である「再生可能エネルギーソリューショングループ」として活動しています。
これにより、私どものサービスを求めるクライアントに対して、迅速かつ最適なソリューションを提供しています。

再生可能エネルギーの概要

日本の再生可能エネルギーの概要について説明します。

詳細はこちら

会計上の論点

再生可能エネルギー事業を運営または投資するにあたって考慮すべき会計上の論点を整理しました。

詳細はこちら

税務上の論点

再生可能エネルギー事業を運営または投資するにあたって考慮すべき税務上の論点を整理しました。

詳細はこちら

 
 

セミナー/イベント

  • 7月24日-7月26日
    第8回 再生可能エネルギー世界展示会
    東京ビックサイト(西ホール)で開催された「第8回 再生可能エネルギー世界展示会」に出展しました。開催期間中はたくさんの方々にブースにお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。

一覧ページへ

 
 

お問い合わせ

和田 渉
パートナー
監査およびアシュアランス
 
野田 由美子
パートナー
アドバイザリー
 
齋木 信幸
パートナー
税務
 
 


再生可能エネルギーソリューショングループとは

PwC Japan インフラストラクチャーグループのもと、あらた監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース税理士法人に所属する各分野の担当者により、再生可能エネルギーソリューショングループとして、2012年7月に発足 (計25名)。