お知らせ

PwCが統合報告(Integrated Reporting)に関して開催・参画するセミナーやイベント、メディアへの執筆情報などをご紹介します。

2016年

  • 2016年1月1日 【メディア掲載】
    中央経済社「旬刊経理情報」2016年1月1日号
    「特集 新たな開示・対話へ CGコードを踏まえた統合報告を考える」
    PwCあらた監査法人 久禮 由敬、三代 英敏、中村 良佑が論考を寄稿しました。

2015年

  • 2015年11月18日 【イベント】
    シンポジウム「EU会計指令と非財務情報開示~中長期的な成長戦略・ESGにどう対応するか~」
    特定非営利活動法人サステナビリティ日本フォーラム(Sus-FJ)主催、プライスウォーターハウスクーパース サステナビリティ株式会社(現PwCサステナビリティ合同会社)共催により開催しました。
    プライスウォーターハウスクーパース サステナビリティ株式会社(現PwCサステナビリティ合同会社) 三橋優隆が講演者およびパネリストとして登壇しました。
  • 2015年9月20日 【イベント】
    日本知的資産経営学会第4回研究年次大会
    統一論題「サステナビリティ、持続的価値創造と企業レポーティング」

    PwCあらた監査法人 伊藤 嘉昭が「知的資本(資産)、特に特許・技術情報に関する企業報告のあり方」について講演を行いました。
  • 2015年9月3日 【メディア掲載】
    NTT出版 自然資本研究会編著「自然資本入門~国、自治体、企業の挑戦」
    プライスウオーターハウスクーパース サステナビリティ株式会社(現PwCサステナビリティ合同会社)の寺田良二、阿部和彦が共著者として執筆を行いました。
  • 2015年4月20日 【メディア掲載】
    中央経済社「旬刊経理情報」2015年4月20日号
    「サステナビリティ格付け、インパクト投資 非財務情報は投資家にどう活用されているか」

    あらた監査法人 磯貝 友紀、田原 英俊が論考を寄稿しました。
  • 2015年4月 【メディア掲載】
    東洋経済新報社「週刊東洋経済」4月11日号
    BuzinessASPECT「ディスクロージャー・イノベーション~コーポレートガバナンス・コードへの対応を越えて~」

    PwC Japan、あらた監査法人が広告記事を掲載しました。

2014年

  • 2014年10月20日 【メディア掲載】
    中央経済社「旬刊経理情報」2014年10月20日号
    「特別企画 中長期経営計画の作成・見直しのポイント」
    第1章 中長期経営計画を再考する8つのポイント

    あらた監査法人 久禮 由敬、三代 英敏が論考を寄稿しました。
  • 2014年9月10日 【メディア掲載】
    中央経済社「旬刊経理情報」2014年9月10日号
    「特集「統合報告」をめぐる最新動向と実務」

    あらた監査法人 久禮 由敬、菅野 晋作、三代 英敏、PwCドイツ 早乙女 知が論考を寄稿しました。
    第1章 統合報告を取り巻く直近の5つの環境変化
    第2章 開示に関する各国の動向と日系企業の強化ポイント
    第3章 統合報告書作成の5つの壁と乗り越え方
  • 2014年7月30日 【イベント】
    株式会社日本政策投資銀行 設備投資研究所主催 第8回経営会計研究会
    「統合型報告書をめぐる実務面からみた“5つの壁”とその乗り越え方」

    あらた監査法人 久禮 由敬が講演を行いました。
  • 2014年3月号 【メディア掲載】
    中央経済社「企業会計」2014年3月号
    「海外会計Review/ 国際統合報告フレームワークの公表」

    あらた監査法人 アカウンティング・サポート部が論考を寄稿しました。
  • 2014年2月10日 【メディア掲載】
    中央経済社「旬刊経理情報」2014年2月10日号
    「特集 IIRCのフレームワークを使いこなそう 「統合報告」への取組み方」

    あらた監査法人 久禮 由敬、三代 英敏、正田 洋平、安井 肇が論考を寄稿しました。
    第1章 簡潔にポイントを押さえる 国際統合報告フレームワークの概要
    第2章 フレームワークに至る考え方に見る 統合報告のコンセプト
    第3章 成長戦略を支える1つのツールに 統合報告をめぐる状況と活用実務ポイント

2013年

  • 2013年12月13日 【イベント】
    日本弁理士会
    「統合報告入門〜その仕組みと意味合い」

    あらた基礎研究所 所長 安井肇が講演を行いました。
  • 2013年10月11日 【イベント】
    日本IR協議会 関西部会
    「企業価値評価のコミュニケーションツール~非財務情報開示と統合報告の潮流」

    あらた基礎研究所 所長 安井肇が講演を行いました。
  • 2013年9月28日 【イベント】
    横浜国立大学主催 生態会計研究会
    「統合報告の現状と課題」

    あらた基礎研究所 所長 安井肇が講演を行いました。
  • 2013年7月17日 【イベント】
    FEI Japan Chapter
    「Mega Trend and Key Challenges in Integrated Reporting」

    あらた監査法人 久禮 由敬、Patrick Albrechtが登壇しました。
  • 2013年7月10日 【メディア掲載】
    中央経済社「旬刊経理情報」 2013年7月10日号
    「IIRC協議案・次世代EDINET等にみる「統合報告」をめぐる最新動向と取組み方」

    あらた監査法人 久禮 由敬、武井 明則が論考を寄稿しました。
  • 2013年6月 【メディア掲載】
    企業会計 2013年7月号 「国際統合報告フレームワーク協議案について」
    あらた基礎研究所の安井肇の統合報告に関する論稿が掲載されました。
  • 2013年05月31日 【メディア掲載】
    ニッキン 「統合報告の普及 金融機関に期待する声も」
    国際統合報告委員会(IIRC)によるコンサルテーションドラフトの発表(4月)以降、統合報告に関する議論が活発化しているのを受け、本記事では、あらた基礎研究所の安井肇への取材をもとに、今後の普及において金融機関がはたし得る役割について、安井肇のコメントも交え掲載しています。
  • 2013年5月10日 【メディア掲載】
    ニッキン 「“統合報告の潮流”を講演 アナリスト協会」
    日本証券アナリスト協会が4月23日に開催した講演会「統合報告の潮流」を取り上げた記事において、本講演会に登壇したあらた基礎研究所の安井肇のコメントとともに、PwC UKが実施した企業の情報開示と銘柄推奨の関係に関する実験結果などが掲載されました。
  • 2013年4月23日 【セミナー】
    「統合報告の潮流-広範な企業価値を表す報告への筋道-」
    あらた基礎研究所の安井肇が、日本証券アナリスト協会で共同講演を行いました。
  • 2013年4月17日 【セミナー】
    WICI+IIRC共催セミナー『IIRCフレームワーク コンサルテーション・ドラフトと日本企業の統合報告』
    あらた監査法人で開催されました。
  • 2013年4月 【メディア掲載】
    RID ディスクロージャーニュース 2013/4 vol.20 「IR 統合報告をめぐる最近の動向 - その意義と実務上の留意点」
    総合ディスクロージャー研究所(宝印刷)による上記機関誌に、あらた基礎研究所の安井肇の統合報告に関する論稿が掲載されました。
  • 2013年4月 【メディア掲載】
    企業会計 2013年4月号 「統合報告は業績評価の『処方箋』となるか」
    経営者の意思決定に資する情報を提供する日本企業の「管理会計」について、プライスウォーターハウスクーパース株式会社の中村良佑による寄稿が特集として掲載されました。
  • 2013年2月 【メディア掲載】
    企業会計 2013年2月号
    「インタビュー 国際統合報告審議会ジェシカ・フリース氏にきく
    なぜ、統合報告が必要なのか -新しい投資情報がもたらすメリットと可能性」

    国際統合報告審議会(IIRC)のボードメンバーで、PwCの国際統合報告ネットワークのリーダーを務めるジェシカ・フリースが同誌のインタビューを受け、統合報告の意義と世界における動向、さらには、日本が統合報告の導入に向けて今後どのように取り組んでいくべきかについて、語っています。本インタビューの実施にあたっては、あらた基礎研究所の安井肇およびあらた監査法人の山口峰男が協力しています。
  • 2013年2月 【メディア掲載】
    会計・監査ジャーナル 2013年2月号 「IIRC 統合報告東京フォーラム報告」
    株式会社あらたサステナビリティ認証機構の寺田良二の執筆を含む共同論文が掲載されました。
  • 2013年1月4日 【メディア掲載】
    企業会計 2013年2月号(中央経済社)
    「国際統合報告審議会ジェシカ・フリース氏にきく
    ”なぜ、統合報告が必要なのか-新しい投資情報がもたらすメリットと可能性”」

    PwC UKのジェシカ・フリース(Jessica Fries)のインタビュー記事(協力:あらた基礎研究所 安井肇、山口峰男)が掲載されました。

2012年

  • 2012年12月15日 【イベント】
    国際会計研究学会 第3回東日本部会 「フィナンシャルイノベーションと会計・開示 」
    国際会計研究学会 第3回東日本部会にて、あらた基礎研究所の安井肇が登壇・講演しました。
  • 2012年11月3日 【イベント】
    中央大学 報告テーマ「我が国企業にとってのIntegrated Reportingの意義」
    国際会計研究科 第3回CGSAセミナーにて、あらた基礎研究所の安井肇が講演しました。
  • 2012年11月7日 【イベント】
    立命館大学経営学部 「企業価値創造に資する会計~統合報告に向かう企業報告の新潮流」
    立命館大学経営学部 会計ゼミナールにて、あらた基礎研究所の安井肇が講演しました。
  • 2012年11月1日 【イベント】
    統合報告 東京フォーラム 「IIRCと統合報告」
    東京フォーラムにて、PwC UKのジェシカ・フリース(Jessica Fries)が、パネリストとして登壇・講演しました。
  • 2012年10月31日 【イベント】
    WICIシンポジウム2012
    「“企業の動向”~活用される資源をそれぞれの「資本」概念に、どのように結び付けるのか~」
    「“重要性と比較可能性は両立するのか”~両立にはどのような工夫が必要なのか~」
    「統合報告の制度化は必要なのか」

    Session 1:「企業の動向」に、あらた基礎研究所の安井肇がパネリストとして登壇しました。
    Session 3:「重要性と比較可能性は両立するのか」に、PwC USのマイク・ウィルス(Mike Willis)がモデレータとして参加しました。
    Final Session:「統合報告の制度化は必要なのか」に、マイク・ウィルスがパネリストとして登壇しました。
  • 2012年9月1日 【イベント】
    日本会計研究学会 第71回研究大会「統合報告セッション」
    あらた基礎研究所の安井肇がパネリストとして登壇・講演しました。
  • 2012年8月29日 【イベント】
    日本知的資産経営学会 第1回研究年次大会
    あらた基礎研究所の安井肇が登壇・講演しました。
  • 2012年8月13日 【メディア掲載】
    日本経済新聞(朝刊) 「グリーン経済は日本再生のチャンス」
    日本経済新聞(朝刊)の広告特集にて、あらた監査法人のスコット・ウィリアムスが持続可能な社会のあり方に関する論考を発表しました。
  • 2012年7月27日 【イベント】
    WICI -Japan 「企業経営者からみた統合報告の実務的効果~ディスカッションペーパー~」
    WICI-Japan研究報告会(7月度)にて、あらた監査法人の久禮由敬が登壇・講演しました。
  • 2012年7月18日 【イベント】
    一般財団法人 会計教育研修機構(JFAEL)
    「我が国にとってのIntegrated Reportingの意義~21世紀の企業報告の新潮流」

    一般財団法人 会計教育研修機構のセミナーにて、あらた基礎研究所の安井肇が登壇・講演しました。
  • 2012年6月15日 【イベント】
    日本価値創造ERM学会
    「持続的な価値創造に資する非財務情報開示のあり方~「統合報告」の我が国企業にとっての意義」

    日本価値創造ERM学会の24年度第3回研究会にて、あらた基礎研究所の安井肇が登壇・講演しました。
  • 2012年6月13日 【セミナー】
    公益社団法人 日本証券アナリスト協会
    「統合報告に向かう企業報告の新潮流-企業価値創造に資する統合報告とは?」

    公益社団法人 日本証券アナリスト協会セミナーにて、あらた基礎研究所の安井肇、あらた監査法人の久禮由敬が登壇・講演しました。
  • 2012年6月11日 【メディア掲載】
    一橋ビジネスレビュー「持続的な価値創造に資する統合報告への挑戦とその意義」
    一橋ビジネスレビュー(東洋経済新報社/2012年夏号)にあらた基礎研究所の安井肇、あらた監査法人の久禮由敬が「持続的な価値創造に資する統合報告への挑戦とその意義」と題した論文を寄稿しました。
  • 2012年5月13日 【イベント】
    同志社大学  「我が国企業にとっての統合報告の意義」
    同志社大学統合報告研究会にて、あらた基礎研究所の安井肇が基調講演を行いました。
  • 2012年3月19日 【セミナー】
    Bloomberg Global Executive Forum  「企業コミュニケーションの新潮流:統合報告と情報開示」
    ブルームバーグ社の主催セミナーにおいて、あらた監査法人の久禮由敬がパネリストとして登壇しました。
  • 2012年3月16日 【メディア掲載】
    書籍「ワンレポート -統合報告が開く持続可能な社会と企業-」
    ロバート・G. エクレス氏、マイケル・P. クルス氏らによる著作の翻訳本、「ワンレポート -統合報告が開く持続可能な社会と企業-」(東洋経済新報社/2012年3月)の第2章部分をあらた監査法人の久禮由敬、中山崇が担当しました。
  • 2012年3月10日 【イベント】
    国際会計研究学会(JAIAS)  「監査法人にとっての統合報告の意義」
    国際会計研究学会第2回東日本部会にて、あらた監査法人の好田健祐、あらた基礎研究所の安井肇が登壇・講演しました。
  • 2012年1月 【メディア掲載】
    旬刊経理情報 2012年1月10日・20日合併号(中央経済社)
    「IIRCのDP公表を契機に議論が加速~財務情報開示をめぐる最新トレンド」

    あらた監査法人の好田健祐と久禮由敬が論考を執筆しました。

2011年

  • 2011年12月1日 【セミナー】
    WICI Symposium 2011「統合報告時代における戦略的企業経営」
    PwC USのパートナーMike Willisと、あらた監査法人好田健祐がWICIおよび早稲田大学知的資本研究会主催のWICI Symposium 2011に登壇・講演しました。
    WICI Symposium 2011 プログラム
  • 2011年11月30日 【セミナー】
    「統合報告におけるXBRLの活用」
    PwC USのパートナーMike Willisが早稲田大学知的資本研究会主催の国際ワークショップに登壇・講演しました。
  • 2011年11月21日号 【メディア掲載】
    週刊金融財政事情(きんざい) 2011年11月21日号
    「企業報告の在り方を問う「統合報告書」構想」

    あらた基礎研究所所長の安井肇が論文を執筆しました。
  • 2011年9月15日 【メディア掲載】
    企業報告の見直しに大きな一歩、PwCも支持
    International Integrated Reporting Committee(国際統合報告委員会)が、公開したディスカッションペーパーに関してPwCはプレスリリースを公表しました。
  • 2011年9月11日 【メディア掲載】
    「会計専門家からのメッセージ~大震災からの復興と発展に向けて~」(同文館出版)
    あらた監査法人初川浩司が「震災への備えが示す企業報告の将来像~今次大震災を踏まえた「統合報告」の意義」と題した論文を寄稿しました。
  • 2011年08月26日 【セミナー】
    投資家に対する非財務情報開示のポイント
    -統合報告の時代に持続的成長のための取り組みをどう伝えるか?ESG情報の充実に向けて-

    あらた監査法人 好田健祐、久禮由敬、株式会社あらたサステナビリティ 水本江理子が講演しました。
  • 2011年06月20日 【メディア掲載】
    旬刊 経理情報 2011年6月20日号
    「~今後も見据えた記載情報の整理を!~非財務情報開示の簡素化のポイント」

    あらた監査法人 中村 良佑による記事が掲載されました。
  • 2011年06月10日 【メディア掲載】
    旬刊 経理情報 2011年6月10日号
    「ステークホルダーの期待に応える非財務情報の開示ポイント」

    あらた監査法人 好田 健祐、久禮 由敬、株式会社あらたサステナビリティ 水本 江理子による記事が掲載されました。
  • 2011年05月20日 【セミナー】
    第1回 コーポレート・レポーティング・セミナー
    統合報告に向けた挑戦と課題
    ~次世代のレポーティングに求められるものは何か~

    統合報告をめぐる国際的動向や統合報告への挑戦と課題について、有識者を迎えて今後の取り組みの方向性を考察します。
  • 2011年03月23日 【メディア掲載】
    eNewsletter2011年3月号
    「統合報告(Integrated Reporting)の動向と挑戦」

    プライスウォーターハウスクーパースが毎月1回お届けしているeNewsletterの2011年3月号に、あらた監査法人 好田 健祐による統合報告(Integrated Reporting)をテーマにした記事が掲載されています。
  • 2011年02月18日 【メディア掲載】
    ニッキン
    「価値ある企業報告書とは PwCシニアパートナー デイビッド・フィリップス氏に聞く」

    バリューレポーティング(価値ある企業報告)のあり方について、PwC UKコーポレートレポーティングチームのシニア・パートナーであるデイビッド・フィリップスに対するインタビュー記事が掲載されました。
  • 2011年02月06日 【セミナー】
    日本IR学会第9回年次大会
    「企業価値を創造する統合ディスクロージャー戦略」

    あらた基礎研究所 安井 肇がパネリストとして登壇しました。
  • 2011年01月05日 【セミナー】
    日経産業新聞
    「IFRS効率開示で対応を 欧米専門家がポイント指南」

    IFRS時代を見据えた非財務情報の開示充実などについて、PwC UKコーポレートレポーティングチームのシニア・パートナーであるデイビッド・フィリップスに対するインタビュー記事が掲載されました。

2010年

  • 2010年12月02日 【イベント】
    「WICI Symposium 2010 総合的ビジネスレポーティングへの挑戦
    ~どう行動し、何を伝えるか~」

    PwC UK パートナー デイビッド・フィリップスがパネリストとして登壇しました。
  • 2010年07月20日 【メディア掲載】
    旬刊 経理情報 2010年7月20日号
    「コーポレートレポーティングの最新トレンド 」

    あらた監査法人 安井 肇、久禮 由敬、中山 崇 による記事が掲載されました。
  • 2010年05月01日 【メディア掲載】
    旬刊 経理情報 2010年5月1日号
    「談論 IFRS時代のコーポレートレポーティング」

    PwC UK コーポレートレポーティングチーム ディレクター アリソン・トーマスのコメントが掲載されました。

2009年

  • 2009年11月20日 【イベント】
    「WICI Symposium 2009 ビジネスコミュニケーションのフロンティア
    環境の変化と国際化の進展の中で、企業の情報開示に求められているものはなにか?- IFRS × ESG」

    あらた監査法人 木村 浩一郎とPwC US パートナー マイク・ウィルスがモデレータ、パネリストとして登壇しました。