レポート/刊行物

PwCの統合報告(Integrated Reporting)関連のレポート、出版物、資料などをご紹介します。


  • 企業報告の見直しに大きな一歩、PwCも支持(2011年9月)[英語]
    IIRC(国際統合報告委員会)がディスカッション・ペーパーで示した企業報告の見直しの方向性について、PwCは支持を表明するとともに、今後活発な議論が展開されるよう期待していると述べました。PwCは企業報告が伝統的な財務報告の基盤の枠にとらわれることなく、企業の重要な関係性やさまざまな資源の使い方をより良く説明するモデルへと進化していく機会を提供していると考えています。
  • レポーティング 企業を映す鏡として(2010年11月)
    「既存の外部向けのレポートによって、会社の真の姿を本当に伝えられているのだろうか?」という単純な疑問に端を発した調査・分析報告書です。貴社のコーポレートレポーティングをより客観的に検討するために何をすればよいか?今後どの領域に精力を注ぐべきか?といった疑問を解消するためのきっかけを提示します。
  • A snapshot of FTSE 350 reporting(2009年8月)[英語] 
    PwC UKのコーポレートレポーティングチームによるFTSE350企業の開示情報を対象にした調査・分析報告書です。大多数の企業において、基本的な情報がカバーされていますが、今日の経済システムにおいて求められている期待値とはギャップがあることを示しています。
  • Investor View(随時更新)[英語] 
    世界の投資家はIFRSに何を期待するのか、また、企業にどのような情報の開示を求めているのか・・・PwCがグローバルな投資家の視点・ニーズを分析・議論しています。

 
 ページトップへ