統合報告(Integrated Reporting)

統合報告(Integrated Reporting)
統合報告(Integrated Reporting)への挑戦
 
自社の企業価値を適切に伝え、ステークホルダーとの対話をより有効に行い、持続的に企業価値を高めるためのアプローチとして統合報告(Integrated Reporting)が注目されています。PwCは、長年にわたり積み重ねてきた統合的な企業分析のフレームワークに関する調査・研究をもとに、企業・組織の統合報告への挑戦を支援します。
統合報告(Integrated Reporting)への挑戦
 

PwCではグローバルな連携のもと、実効性のある会計監査を実施し、また、企業価値の向上を支援するという視点から、長年にわたり統合的な企業分析のフレームワークに関する調査・研究を重ねてきました。こうした知見に基づき、PwCはIIRC(国際統合報告評議会)などの活動を積極的にリード・支援するとともに、統合報告の考え方に精通した経験豊富な専門家の協働により、企業・組織の統合報告(Integrated Reporting)の導入および改善を支援しています。

統合報告へのアプローチ

PwCの統合報告(Integrated Reporting)へのアプローチについて紹介します。

詳細はこちら

 

ナレッジ

PwCの統合報告(Integrated Reporting)関連のレポート、出版物などをご紹介します。

詳細はこちら

 

お知らせ

PwCが統合報告(Integrated Reporting)に関して開催・参画するセミナーやイベント、メディアへの執筆情報などをご紹介します。

詳細はこちら