プライスウォーターハウスクーパース総合研究所

ご挨拶

プライスウォーターハウスクーパース総合研究所は、金融・資本市場に関する総合的な研究機関として2009年10月1日に設立されました。本研究所は、PwC Japanのシンクタンクとして内外の市場に対してPwC Japanの見解・提言等を示すことをその主たる任務としています。

近年、経済や資本市場のグローバル化と金融の技術革新はかつてないスピードで進展しましたが、市場参加者の自己規律の欠如と規制の空白は世界的金融危機を招きました。グローバルな情報発信と意見交換を行うことにより自由と規律のある市場を形成すれば、それは結果的に市場と経済の活性化を促します。また、情報が氾濫する中で価値ある情報を選択・活用し、世界の金融・経済の動向を客観的に捉えてその本質を理解することは、これからの企業経営にとって必須といえます。

グローバルに展開するPwCグループのネットワークを生かした知の集積とその活用ならびに情報の発信による付加価値の創造を通して、クライアントの成長と社会の持続的な発展に貢献することを目指します。

 

会社概要

名称 株式会社プライスウォーターハウスクーパース総合研究所
英文名称:PricewaterhouseCoopers Research Institute (Japan) Co., Ltd.
代表者 代表取締役 木村 浩一郎
取締役 椎名 茂
取締役 佐々木 貴司
監査役 澤口 雅昭
資本金 1,000万円
所在地・連絡先  〒104-0061
東京都中央区銀座8丁目21番1号
住友不動産汐留浜離宮ビル
(地図:車・電車でのアクセス(地上ルート)電車でのアクセス(地下道ルート) [PDF 97KB])
Tel:03-3546-8295(代表)  Fax: 03-3546-8296(代表)
主な事業内容  1. 金融・資本市場に関するプライスウォーターハウスクーパースのグローバルネットワークへの助言および共同調査・研究ならびに対外的活動に関する事業
2. 日本および世界の金融・経済問題に関わる調査・研究ならびにグローバル市場への情報発信に関わる事業
 
 ページトップへ