行動規範

プロフェッショナルとして行動すること。誠実にビジネスを遂行すること。私たち自身とクライアントの評判を維持すること。人々と環境に敬意をもって接すること。社会的に責任ある態度をもって行動すること。協力して働き、働き方について考えること。私たちの行動の倫理的側面を考慮すること。これらが私たちの行動規範の中に明示されている“PwC Experience”です。

PwC Experience
画像をクリックすると拡大します

私たちの価値を行動で表現する

私たちの価値
-エクセレンス、チームワーク、リーダーシップ

エクセレンスを達成する

合意した内容とともに期待される以上の付加価値を提供します。
私たちは革新、学習、敏捷性を通じて、エクセレンスを達成します。

チームワークを発展させる

最善の解決策は、同僚やクライアントと協力して仕事を進めていく中で生まれます。
効果的なチームワークには、連携、敬意、共有が必要です。

リーダーシップを発揮する

クライアントをリードし、スタッフをリードし、そして考え方においてもリーダーシップ(Thought Leadership)を発揮します。
リーダーシップには、勇気、ビジョン、誠実さが求められます。

行動規範

PwC*は、卓越したプロフェッショナルサービスを提供しているグローバルネットワークです。私たちはプロフェッショナルアドバイザーとして、クライアントが複雑なビジネス上の問題を解決することを支援し、価値創造、リスク管理、業績改善の能力を向上させることを目指しています。

私たちはアドバイザーとして、世界の資本市場において重要な役割を担っており、ビジネスプロセスにおける透明性、信頼性、整合性の改善を支援することを通じて、私たちのサービスが付加価値を与えているということに誇りをもっています。私たちが成功するためには、個人そしてビジネス全体としての成長と発展が不可欠です。エクセレンス、チームワーク、リーダーシップという私たちのコアバリューが重要となります。

私たちは、PwCのポリシーや基準に加え、職業上の基準、法令、規制の枠組みの中でビジネスを行っています。しかしながら、これらのポリシー、基準、法令、規制がすべての行為を網羅しているわけではないことも承知しています。そのため、すべてのPwCスタッフとファームのための行動規範を策定しました。行動規範は、私たちPwCの価値観に基づくものであり、私たちの価値観を行動で示し、PwC Experienceに貢献するという次のレベルへ導くものです。また、行動規範には、PwCのファームが属する各地域の問題について、具体的に補足規定を設けるための枠組みも盛り込まれています。

PwCのスタッフ一人ひとりは、行動規範に含まれる指針のみならず、その根拠となる価値観を熟知し、理解することを義務づけられています。熟知し、理解するだけでは十分ではありません。この行動規範の文言、そしてその精神を遵守すること、またほかのスタッフが同様に遵守できるよう手助けをすることも義務づけられています。なお、私たちは個人として、どのような問題点や懸念事項についても、適切な手順を経て提起することが求められています。

行動規範は、誠実性や業務上の行動の基準について広範な指針を提供していますが、起こり得るすべての状況を網羅しているわけではありません。私たちが適切な判断を下し、業務上の適切な行動についての指針を得る責任を、行動規範が代わって果たしてくれるものでもありません。私たちは、業務上の行為についての責任者や関連部門に追加的なアドバイスやサポートを仰ぐ必要があります。私たちの組織の強みは、集団として蓄積された知識の強みであり、その知識や経験を共有することにあります。

* PwCは業界別に焦点を当てた保証業務、税務、アドバイザリーサービスの提供を通じて、社会的信頼の構築と、クライアントおよびその利害関係者の価値向上を目指しています。PwCネットワークのメンバーファームは世界154カ国におよび、161,000人以上のスタッフが意見や経験、ソリューションを共有し、常に新しい視点から実践に即したアドバイスを提供しています。
ここに記載されている「PwC」、「私たち」とは、PricewaterhouseCoopers International Limitedのメンバーファームのネットワークを表し、各ファームはそれぞれ分離、独立した法人組織となっています。

PwCの名声を支える

  • クライアントそして私たち自身は、プロフェッショナルとしての能力および誠実性-すなわち私たちの名声を支える品質-をよりどころとしてPwCに信頼を寄せています。私たちはこの名声を支えていきます。
  • 私たちは、私たちの能力を発揮できるクライアントに対して、また、私たちのサービスの価値を適切に評価し、適法性・誠実性の基準を満たすクライアントに対してのみ、サービスを提供します。
  • 私たちがPwCの代表として意見を述べることを聴衆が合理的に想定するであろう公開の場において話す時は、私たちは、個人の見解ではなく、PwCとしての見解のみを表明します
  • 私たちは、PwCまたはクライアントに帰属する有形資産、知的財産、情報資産等のすべての資産を、責任ある適切な方法をもって、合法的かつ正当な目的に限定して利用します。

プロフェッショナルとして行動する

  • 私たちは、PwCのポリシーおよび技術的かつ職業上の基準に従い、プロフェッショナルサービスを提供します。
  • 私たちは、提供し得るサービスのみを提供しますが、合意した以上のものを提供できるように努めます。
  • 私たちは、積極的にビジネスを展開していきますが、合法的で倫理的な問題を含まない業務のみに従事します。
  • 私たちは、契約上の義務を果たし、提供するサービスに関する報告と請求を誠実に行います。
  • 私たちは、クライアントやスタッフ、そしてビジネス上関連するそのほかの人たちの機密情報とプライバシーを尊重します。私たちは、機密情報とプライバシーを適切に保持するために、法令や規制、職業上の基準を遵守します。
  • 私たちは、利益相反が生じないようにします。潜在的な利益相反が認識され、かつ適切な手続きを実行することにより当事者間の利益を適正に保護できる場合には、その適切な手続きを実施します。
  • 私たちは、精神的独立性を尊重します。私たちは、業務に必要な客観性を確保するために制定されている法令上および職業上の基準を遵守することにより、クライアントやほかの利害関係者からの信頼を守ります。そのために、私たちは、独立性が損なわれないよう、または損なわれていると見なされないよう努めます。私たちは、客観性が損なわれたり、外観上損なわれていると見なされてしまう状況に対処します。
  • 私たちは、困難な問題やPwCにリスクをもたらす問題に直面した場合には、行動を起こす前にPwC内の適切な担当者に相談をします。私たちは相談の際に要求されている技術上・管理上の手続きに従います。
  • 私たちは、賄賂について請求、受領、申し出、約束、支払いを受け入れません

相手を尊敬する

  • 私たちは、クライアントやスタッフ、そしてビジネス上関連するそのほかの人たちに対して、敬意、品位、公正さ、そして礼節をもって接します
  • 私たちは、スタッフの多様性に誇りをもっています。そしてその多様性は、私たちが成長し発展するための競争上の強みと考えています。
  • 私たちは、差別やハラスメント、報復行為のない職場環境を維持することを約束します。
  • 私たちは、仕事と私生活のバランスを図るように努めます。また、自分以外の人に対してもバランスを図ることができるよう協力します。
  • 私たちは、スキルや能力の継続的な向上に対して投資します
  • 私たちは、スタッフに安全な職場環境を提供します

ファームの社会的責任

  • 私たちは、基本的人権を尊重し、人権を侵害するようなビジネス活動には関与しません。
  • 私たちは、業務を遂行する国の法律、慣習、伝統に従い、社会的に責任ある行動をとり、地域社会の発展に責任ある態度で貢献します。
  • 私たちは、私たちのビジネス活動が環境に及ぼす有害な影響を最小限にするように努めます
  • 私たちは、慈善活動、教育活動、地域社会活動への支援を奨励します
  • 私たちは、汚職や金融犯罪を撲滅するための国内外の取り組みへの支援を約束します

私たちの責任

PwC行動規範は、さまざまな状況において、私たちがどのように振る舞い、ビジネスを遂行すべきかを示しています。後述の「倫理上の意思決定のフレームワーク」は、この行動規範を補完するものであり、問題解決に役立ちます。

PwCの一人ひとりは、一貫して行動規範とPwCのポリシーを適切に遵守する責任があり、またほかのスタッフが遵守できるように支援をする責任があります。行動規範を遵守していない事実が報告された場合や、遵守が疑われる場合には、その状況を調査し、適切な場合には問題解決のための措置を講じます。

私たちは、懸念事項を報告、表明することが求められています。そして報告および表明は、公平、正直、誠実に行われなければなりません。PwCは、個人を報復行為から保護することを約束しています。報告ラインの責任者は、スタッフから報告された事項に対処する責任があります。

行動規範またはPwCのポリシーや手続きに違反した場合には、解雇を含む懲戒処分の対象となります。懲戒処分は、違反行為を、指揮、承認した者、または行為を知りながら直ちに是正措置を取らなかった者にも適用されます。

私たちは、各PwCファーム間における協力の精神を尊重し、共通するビジネス上の目的の追求に努めます。国際間のアサインメントにおいて、ビジネス上の行為についての疑問や懸念に直面した場合には、常に受入国で確立されているポリシーに従ってください。もし、受入国のファームの所定のプロセスに従った結果が満足のいくようなものでない場合には、本国で解決策を模索しなければなりません。その後、関係する国の責任者間において問題の対処に当たります。

倫理上の意思決定のフレームワーク

行動を決定する際の指針として、以下の質問をあなた自身に問いかけてみてください。

事実関係、意思決定、問題を理解していますか。

自分では間違っていると思うようなことをするよう求められてはいませんか。PwCのほかのスタッフあるいはクライアントによる潜在的な違法行為または非倫理的な行動に気づいていませんか。倫理的にどのような行動を取るべきか確信がないまま、意思決定を行おうとしてはいませんか。

行動する前に検討しましたか。

問題点を要約し、明確にしてください。なぜジレンマを感じているのか、あなた自身に問いかけてください。選択し得る方法とそれによりもたらされる結果を考えてください。誰が影響を受けるのか考慮してください。ほかの人の意見も聞いてください。

取るべき行動を決定しましたか。

自らの責任を見極めてください。関連するすべての事実と情報を再検討してください。関連するPwCのポリシーおよび職業上の基準を参照してください。リスクを見極め、その軽減策を判断してください。取るべき最善の行動をよく考えてください。ほかの人の意見も聞いてください。

自らの決定を検証しましたか。

巻末の「検討すべき倫理上の質問」をもう一度見直してください。あなたの決定にPwCの価値を当てはめてください。PwCのポリシー、法令、職業上の基準について検討したか確認してください。ほかの人の意見も聞いてください。-そして、あなたの計画した行動に対する賛同を得てください。

自信をもって実行できますか。

自らの決定とその合理的根拠を利害関係者に伝達してください。学んだことをよく検討してください。自らの成功体験をほかの人と共有してください。

検討すべき倫理上の質問

  1. PwCや職業上の基準に反していませんか?
  2. 正しいと感じられますか?
  3. 合法的ですか?
  4. あなた自身やPwCに悪い影響はありませんか?
  5. それによってほかの人たち(PwCのほかのスタッフ、クライアント、あなた自身など)に影響を及ぼすことはありませんか?
  6. あなたの行動をほかの人に知られたとしたら、気まずい思いをしませんか?
  7. 倫理的に問題のない代替案はありませんか?
  8. 新聞に掲載されたら、どのように見られるでしょうか?
  9. 良識的な人は、どのように思うでしょうか?
  10. 夜はぐっすり眠れますか?

より詳しい内容については、下記サイトを参照してください。
PwC Global Ethics and business conduct[英語]

 
 ページトップへ