PwCコンサルティング、「AI・ソフトウェアロボティクス・センター」を設置

企業の働き方改革をAI・RPA技術の専門コンサルタントが支援

2017年4月12日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)は、4月12日、新組織「AI・ソフトウェアロボティクス・センター」を開設しました。AI(人工知能)・RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)技術に関する社内リソースを結集し、企業の業務改善・生産性向上を支援する体制を強化します。

同センターは、業務変革を目指す企業に対し、AI・RPAを活用した戦略立案から実装までのコンサルティングサービスを提供します。また、さらなるイノベーションの創出を支援するために、最先端技術の研究・開発にも取り組みます。

当社は、AIやRPAなどの技術を活用し、多くの企業の生産性向上、さらには業務・組織変革を支援してきた実績を有します。これまでに蓄積した知見、経験を同センターに集約し、PwCの世界157カ国にまたがるグローバルネットワークとも連携することで、企業固有の問題に即した最適なソリューションをより迅速に提供できる体制を目指します。

昨今の働き方改革を求める気運の高まりを受け、生産性向上、業務・組織変革は、各企業にとって喫緊の課題となっています。一方で、新興国の経済発展などの影響で、アウトソーシングによるコスト削減は困難になる傾向です。当社は、AI・RPAの技術知見を最大限に活用し、企業の次世代プロセスの構築に向けた新たな選択肢を提案していきます。

東京・丸の内オフィスに専門コンサルタントを配置し、外部人材の積極採用にも注力します。

「AI・ソフトウェアロボティクス・センター」概要

主なサービス

AI・RPA技術活用における

  • デジタルビジネス戦略策定支援
  • デジタルワークスタイル変革支援
  • ソフトウェアのデザイン・開発・導入支援
  • 運用体制の設計・構築支援
  • 品質管理体制の設計・構築支援
  • 新たな技術・ビジネス・付加価値の開発・研究支援

サービス対象企業

業務改善、定型業務のオートメーション化、生産性向上に取り組む国内企業

リーダー

PwCコンサルティング合同会社 パートナー 松崎 真樹(まき)

体制

PwCコンサルティング合同会社 テクノロジーコンサルティング部門内に設置

以上

PwCコンサルティング合同会社について
PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

PwCについて
PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに223,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.comをご覧ください。