PwC Japan、「第17回世界CEO意識調査 日本分析版」を発表‐日本企業の景況感・ビジネス判断を、世界68カ国の主要企業の結果と比較

  • 日本のCEOの8割以上が今後1年間の業績に自信を示し、世界全体と同水準に
  • アジアを中心とする新たな市場開拓が今後の成長につながると認識
  • 経営に影響を与えるメガトレンドでは、「世界的な経済力のシフト」を重要視、一方、世界全体では「技術進歩」に着目


PwC Japan

PwC Japanは本日、世界最大級のプロフェッショナルサービスネットワークであるPwCが、本年1月21日に世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に合わせて発表した「第17回世界CEO意識調査」における、日本企業のCEO(127人)の回答結果を、「第17回世界CEO意識調査 日本分析版: Fit for the future メガトレンドの中で日本企業の成長戦略を探る」として発表しました。本調査は、2013年9月~12月初旬に、世界68カ国の主要企業の最高経営責任者(CEO)1,344人を対象に実施したものです。

本調査が主要項目の一つとして毎年取り上げているCEOの「成長への自信」をみると、今後1年間の自社の業績見通しについて「自信がある」と回答した日本のCEOは84%で、前年の調査結果(73%)から11%上昇し、リーマンショック前の水準(87%)をほぼ回復するとともに、世界全体(85%)と同水準になりました【図表1】。

世界全体の結果と比較した日本のCEOの回答の特徴は、今後成長していく上で「新たな地域の市場」を重要な要素に挙げる割合が24%(世界全体14%)と高いこと、また成長を見込む海外市場として、中国(62%)を筆頭に、米国(39%)、タイ(30%)、インドネシア(21%)、ベトナム(15%)およびインド(15%)が上位に並び、米国を除くとアジア諸国を重視する傾向が強いことが挙げられます。一方で、企業が直面する脅威として、新興国における成長の鈍化(87%)、為替レートの変動(82%)を懸念する割合が高いことも特徴と言えます。

世界的に起こっている事象(メガトレンド)のうち、ビジネスに大きな影響を与えるものとして、世界全体では「技術進歩」(81%)を重視するCEOが最も多かったのに対して、日本のCEOは「世界的な経済力のシフト」が75%と最も高い結果となりました【図表2】。一方で、こうしたトレンドを企業の成長に取り込むための戦略として、世界全体では、62%のCEOが「技術投資」に関して、また59%のCEOが「人材戦略」に関して、「変化のための計画を実現する具体策を持っている」もしくは「進行中または完了した」としているのに対し、日本のCEOはそれぞれ44%、42%にとどまりました。

PwC Japan 日本代表の鈴木洋之パートナーは、次のようにコメントしています。

「リーマンショックから5年を経て、世界のCEOが再び攻勢を強めていることが、今回の調査結果に示されています。日本は、成長市場であるアジアの新興国市場が近くにあるというメリットを享受できますが、それに甘んずることなく、イノベーションを継続し、新たな市場の創造をリードしていくことが期待されます」

「成長軌道に戻り始めた日本について、世界が再び注目していることにも目を向ける必要があります。少子高齢化を背景に、外への動きが活発ですが、国内市場の厚みを再認識し、活性化を図ることも望まれます。2020年の東京オリンピック開催を日本経済再興に繋げるため、痛みを伴う構造改革も必要ですが、官民が一体となって新陳代謝を促し、成長分野への投資や人材の移動を加速することも重要です」

「第17回世界CEO意識調査 日本分析版」の主な調査結果
‐日本のCEOによる主な回答結果と、世界全体の回答との比較にみる特徴

【成長に対する自信】 日本のCEOの自信は大きく回復

  • 今後1年間の自社の成長に「自信がある」(「非常に自信がある」および「多少自信がある」)と回答した日本のCEOの割合は84%と、世界全体(85%)とほぼ同水準となり、前回調査(73%)との比較では、11%上昇した【図表1】。これは、2012年から2013年にかけて、いわゆるアベノミクスによる金融財政政策などを背景とした円高修正とそれに伴う企業収益改善を反映した株高、各種経済指標の改善が主な要因と考えられる。
  • 今後の成長をもたらす要因としては、「新たな地域の市場」における成長を挙げるCEOの割合が24%と世界全体の14%より高く、日本企業が業種を問わずアジアを中心に海外進出を積極的に進めていることを反映した調査結果となっている。
  • 自国以外で成長を見込む地域としては、中国(62%)、米国(39%)、タイ(30%)、インドネシア(21%)、ベトナム(15%)およびインド(15%)を上位に挙げている。世界全体では、中国(33%)、米国(30%)、ドイツ(17%)、ブラジル(12%)、英国(10%)となっており、日本企業は米国を除くとアジア重視の傾向が強い。

【直面する脅威】 新興国における成長鈍化やコスト上昇、為替変動リスクを懸念

  • 景気の先行き、財政赤字、規制など、経済・政策面での脅威について、日本のCEOは世界全体に比べて総じて高い割合で懸念を示す傾向にあるが、特に「新興国市場の成長鈍化」、「為替レートの不安定性」に懸念を感じている日本のCEOはそれぞれ87%、82%と、世界全体の65%、60%に比べて高くなっている。
  • ビジネス面での脅威について、日本のCEOが挙げる上位3項目は、「高くかつ不安定なエネルギーコスト」が79%(世界全体56%)で1位となり、続く「新興国市場における労働コスト上昇」が78%(同58%)、「高くかつ不安定な原材料価格」が77%( 同55%)という結果となった。一方で、「鍵となるスキルの利用可能性(人材の確保)」については、日本のCEOは45%にとどまり、世界全体(63%)に比べて懸念を感じている度合いが低い。

【メガトレンド】 世界的な経済力のシフトを重要視

  • 世界的に起こっている大きなトレンドを「技術進歩」、「人口構造の変化」、「世界的な経済力のシフト」、「資源不足と気候変動」、「都市化」の5つとして捉え、このうちビジネスに最も革新的な影響を与える上位3つについてCEOに順位づけしてもらったところ、米国、西欧、中国・香港の回答ではいずれも「技術進歩」が最も重視される結果となったのに対し、日本のCEOの回答では「世界的な経済力のシフト」が75%で最も重視されている【図表2】。これは、今後、高成長が見込まれる中国をはじめとするアジア諸国が地理的にも日本に近いことが背景にあると考えられる。
  • トレンドに適応するために企業として取り組んでいる戦略については、「顧客の保持・増大戦略」について「変化のための計画を実現する具体策を持っている」もしくは「進行中または完了した」と回答した割合は、世界全体で62%、日本のCEOが56%となり、また「組織の構築/設計」についてもそれぞれ60%、53%と、日本のCEOの割合が低いものの、おおむね同水準であった。
  • これに対して、「技術投資」への取り組みについては、世界全体の62%に対して日本のCEOは44%、「人材戦略」については、それぞれ59%、42%と差が大きい結果となった。日本のCEOは新しい市場の開拓を中心にとした成長を重視していることから、まずは人材・ITよりも販売チャネルの拡大や生産能力の強化に注力しているものと思われる。しかし、グローバル展開した組織を支え競争力を維持していくためには、いずれ人材やIT面での強化が必要になってくると考えられる。
  • 企業が果たすべき役割の一つとして、「企業が与える全影響(金融を除く)を測定し、報告することは長い目でみれば自社の成功に貢献する」については、世界全体では74%のCEOが同意したが、日本のCEOの同意の割合は65%であった。企業が長期的なトレンドに適合してサステナブルな成長を遂げていくためには、ステークホルダーとの会話のために統合報告や新たなフレームワークを開発し、それを用いて企業のビジョンを内外に示していくことが一段と求められるようになるであろう。

以上

【図表1】 成長への自信(これまでのトレンド)

【図表1】 成長への自信(これまでのトレンド)

【図表2】 ビジネスに影響を与える世界的なトレンド

【図表2】 ビジネスに影響を与える世界的なトレンド

調査方法
PwC「第17回世界CEO意識調査」では、2013年の第4四半期(9月~12月初旬)に世界68カ国において1,344のインタビューを実施しました。地域ごとの内訳は、アジア太平洋445、西欧329、北米212、中南米165、中欧・東欧113、アフリカおよび中東80となっています。 なお、日本のCEOからは郵送調査により合計で127の回答を得ており(調査期間:2013年10月~11月)、本プレスリリースにおける日本の回答に関する分析にはこの127の回答を集計した結果を用いています。世界全体の集計には、GDP比換算により、この127の回答のうち売上規模上位の80社の回答を含めています。 調査レポート「第17回世界CEO意識調査 日本分析版:Fit for the future メガトレンドの中で日本企業の成長戦略を探る」、およびグローバルレポート「17th Annual Global CEO Survey」の翻訳版「第17回世界CEO意識調査:Fit for the future 世界的な潮流をつかむ」は、第17回世界CEO意識調査に掲載しています。
PwCについて
PwCは、世界157カ国におよぶグローバルネットワークに184,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を通じて、企業・団体や個人の価値創造を支援しています。詳細はwww.pwc.comをご覧ください。
PwC Japanについて
PwC Japanは、あらた監査法人、京都監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース、およびそれらの関連会社の総称です。各法人はPwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファーム、またはその指定子会社であり、それぞれ独立した別法人として業務を行っています。
複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanでは、監査およびアシュアランス、アドバイザリー、そして税務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、その他専門職員約4,000人を擁するプロフェッショナルサービスファームとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。