PwC、係争アドバイザリー・分析およびフォレンジック調査の両分野で、リーダーとしての評価をケネディ社より獲得

View this page in: English


PwC Japan

*本プレスリリースは、2013年8月5日にPwC USが発表したプレスリリースの翻訳です。

2013年8月5日 ニューヨーク- PwC US(以下、PwC)は5日、ケネディ・コンサルティング・リサーチ&アドバイザリー社(以下、ケネディ社)がまとめた「フォレンジック/係争アドバイザリー (Forensics & Dispute Advisory)」に関する調査レポートにおいて、「バンガード(Vanguard/先駆的)企業」の評価を得たことを発表しました。同レポートでは、フォレンジック調査および係争アドバイザリー・分析の2つの分野について、サービス提供企業を査定、評価しています。PwCは両分野においてバンガードの地位を獲得した数少ない企業の一社です。

同レポートによると、PwCのクライアントは私たちを係争アドバイザリー・分析におけるグローバルリーダーかつ業界トップクラスの企業であるとみなしています。加えて、PwCが「この(係争アドバイザリー・分析)分野において、競争力を維持するためにさまざまな手段を講じている」と述べています。さらに、「適度に広い調査範囲を保ちながらも、特定の調査分野については極めて鋭く切り込んだ調査を組み合わせることのできる、他に例をみない特質によって、バンガードの地位を獲得した」としています。

PwCのフォレンジックプラクティス部門の米国におけるリーダーであるエリック・スクラムスタッド(Erik Skramstad)は、「私たちが得意とする係争アドバイザリー・分析およびフォレンジック調査の2つの重要な分野において、ケネディ社がPwCをリーダーと評価したことを大変光栄に思っています。この評価は、クライアントが直面した最も大きな係争・不正問題のいくつかにおいて、PwCの解決支援へのコミットメントを浮き彫りにするものであり、またその証左でもあります」と述べています。

同レポートはPwCの強みとして、さらに以下の点を挙げています。

  • 「PwCはその国際的なプレゼンスと信頼性を活かし、中東やアジアなどの新興国と密接な関係を保つことで、こうした地域における新たな係争や調査活動の急増に備えている」
  • 「PwCのクライアントは、規制面での課題を抱えるクライアントの支援において、PwCが極めて高い調査能力を有していると証言している。PwCは国際規制当局出身者を雇用し、またこうした機関から高い信頼を得ている。こうした信頼性がクライアントに高く評価されている」

フォレンジックサービス部門のグローバルリーダーであるクリス・バービー(Chris Barbee)は次のように述べています。「私たちは、企業が日々直面する重大なリスクを理解しています。係争・不正の問題については国内外を問わず、PwCの経験豊富なグローバルチームが、綿密なサポートと解決策を提供します。バンガード企業に選ばれたことで、複雑かつ差し迫った状況にあるクライアントを支援する私たちの高い能力が立証されたと考えています」

PwCのフォレンジックサービスの詳しい情報については、www.pwc.com/us/forensicsをご覧ください。

以上

PwCのフォレンジックサービスについて
経験豊富な専門家で構成されるPwCのフォレンジックサービスチームは、不正疑惑、金融犯罪やそのほかの不正行為に起因する問題に対応しています。私たちのサービスには、金融犯罪調査(Financial Crime Examinations)、フォレンジック・テクノロジー・ソリューション(Forensic Technology Solutions)、法規制順守の検討(Regulatory Compliance Reviews)、不正リスク管理・不正防止(Fraud Risk Management and Fraud Prevention)、係争分析(Dispute Analysis)、訴訟支援(Litigation Support)などがあります。フォレンジックサービスチームは、会員限定のPwC Fraud Forumも運営しています。同フォーラムでは、不正、汚職、経済犯罪の防止や発見、調査に関する知識の習得、関連イベントへの参加、知識や意見の交換が可能です。詳しい情報は、www.pwc.com/us/forensicsおよびusfraudforum.pwc.comをご覧ください。
PwCのアドバイザリープラクティスについて
PwCのコンサルティング部門、ディール部門、フォレンジック部門でアドバイザリーを担当する専門家は、戦略から実行にいたるまで、複雑なビジネス上の問題に対応するクライアントを支援することで、クライアントに価値を創造しています。私たちはクライアントの業界やその事業特有の課題を熟知しており、戦略、体制、人材、プロセス、テクノロジーを重視しながら組織全体に目を向けて、クライアントの次の競争優位性の構築を支援します。また、アシュアランス、税務、アドバイザリーの専門家からなるグローバルネットワークを有しているため、クライアントが世界中どこでも成功を収めることができるように、適切なスキルや能力を動員して支援することが可能です。詳しい情報は、www.pwc.com/us/consultingの参照、もしくは @PwCAdvisoryのフォローをお願いします。
PwC USについて
PwC USは、世界158カ国に180,000人以上のスタッフを有するPwCネットワークのメンバーファームで、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を通じて、企業・団体や個人の価値創造を支援しています。詳細はwww.pwc.com/USをご覧ください。
PwC Japanについて
PwC Japanは、あらた監査法人、京都監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース、およびそれらの関連会社の総称です。各法人はPwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファーム、またはその指定子会社であり、それぞれ独立した別法人として業務を行っています。
複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanでは、監査およびアシュアランス、アドバイザリー、そして税務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、その他専門職員約4,000人を擁するプロフェッショナルサービスファームとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。
 
 ページトップへ