PwC、IDC MarketScape調査において、世界のビジネスコンサルティング業界のリーダーと評価される

View this page in: English

-アドバイザリーサービスの世界的リーディングプロバイダーとしてのポジションに-

2012年4月19日
PwC Japan

*本プレスリリースは、2012年3月29日にPwC USが発表したプレスリリースの翻訳です。

2012年3月29日 ニューヨーク - PwCは本日、IDC発表の報告書「IDC MarketScape」2012年版において、PwCが全世界、米州、および欧州・中東・アフリカ(EMEA)において、ビジネスコンサルティングサービス業界のリーダーであるとの評価を受けたことを発表しました。同報告書は、各サプライヤーが各地域の市場において適応性の面でいかに優位であるか、その競争力を概説するために設計されたベンダー分析モデルを用いて作成されています。

同報告書において、PwCは全世界、米州およびEMEAの3つの市場において「リーダー」としての評価を受けました。また、アジア太平洋市場では「メジャープレイヤー」に評価されています。IDCはPwCについて次のように分析しています。

  • 全世界においてPwCは、あらゆる分野のビジネスコンサルティングサービスの提供が可能であるという点で、また、企業に対する現行あるいは新たな規制への準拠支援およびリスク管理支援という点で、さらには、クライアントのコスト削減支援という点で、他の多くの同業者より優れている。
  • (米州では)プロジェクトチームとクライアントとの一体化という点で、また、あらゆる分野のビジネスコンサルティングサービスの提供が可能であるという点で、同業者中最も優れた能力を有している。また、企業カルチャー改善への取り組みという点でも、他の多くの同業者より優れている。
  • 米州では、プロジェクトに革新をもたらし、高いROIを実現する能力において、他の多くの同業者より優れている。また、クライアントが新たな市場や地域に事業拡大を図る際の支援において、さらに、成長に向けてクライアントが選択肢を見定め、実行する際の支援において、他の多くの同業者より優れている。
  • (EMEA)では、あらゆる分野のビジネスコンサルティングサービスの提供が可能であるという点で、他の多くの同業者より優れている。
  • アジア太平洋地域では、実証済みの確かな方法論とツールの適用およびローカルリソースの活用において、他の多くの同業者より優れている。

PwC USの副会長兼アドバイザリー部門リーダー ダナ・マキルウェイン(Dana Mcilwain)は、次のようにコメントしています。「PwCは、世界中のお客様に高品質かつ適切なアドバイザリーサービスを提供することに全力を注いでおり、お客様が今日の市場で競争上の優位性を獲得できるよう、戦略の策定から実行まで、幅広く支援しています。IDCのMarketScapeシリーズにおいてPwCが常にランクインしているのも、私たちのこうした実績を裏付けるものと言えるでしょう。『リーダー』および『メジャープレイヤー』という高い評価は、PwCのコミットメント、つまり、お客様との深い関係性を構築すること、緊密な協働により革新や成長の機会を見出すこと、そして、リスクを管理し事業活動における喫緊の課題を解決することに対する評価を反映したものだと思います。」

以上


IDC MarketScapeについて

IDC MarketScapeベンダー分析モデルは、特定の市場におけるサプライヤーの競合面での優位性について総括的な説明を提供することを目的としています。調査方法は、定性的および定量的基準に基づく厳格な採点手法を用いており、特定の市場における各ベンダーのポジションが1つのグラフで分かるようになっています。また、製品とサービス、機能と戦略、そして、現在および将来の市場成功要因を有意に比較できる明確なフレームワークを提供しています。 同フレームワークにより、レポートの購入者は、各ベンダーの現状と今後の見込みにおける長所と短所を網羅的に査定することもできます。

出典:
IDC MarketScape: Worldwide Business Consulting Services Vendor Assessment 2012 (IDC#233425)
IDC MarketScape: Americas Business Consulting Services Vendor Analysis 2012 (IDC#233433)
IDC MarketScape: EMEA Business Consulting Services Vendor Analysis 2012 (IDC#233426)
IDC MarketScape: Asia/Pacific Business Consulting Services Vendor Analysis 2012 (IDC#233434)

 

PwCのアドバイザリー部門について

PwCのアドバイザリー部門のプロフェッショナルは、企業や組織の業務改善への取り組みや、危機的状況への迅速かつ効率的な対応、さらには、さまざま取り組みにおける価値の創出をサポートしています。 各クライアントの業界特有の課題を理解し、戦略、仕組み、人材、プロセスおよびテクノロジーに焦点を当てることによって組織全体を見渡し、クライアントが次なる競争上の優位性を構築していくサポートを行っています。より詳しい情報については、こちらをご覧ください。

 

PwCについて

PwCは、世界158カ国 におよぶグローバルネットワークに約169,000人のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を通じて、企業・団体や個人の価値創造を支援しています。詳細はこちらをご覧ください。

 

PwC Japanについて

PwC Japanは、あらた監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース、およびそれらの関連会社の総称です。各法人はPwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファーム、またはその指定子会社であり、それぞれ独立した別法人として業務を行っています。
複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanでは、監査およびアシュアランス、アドバイザリー、そして税務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、その他専門職員約4,000人を擁するプロフェッショナルサービスファームとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

 
 ページトップへ