PwC、世界のビジネスコンサルティング業界のリーダーと評価される

View this page in: English

~IDCによるMarketScapeビジネスコンサルティング・ベンダー分析の新シリーズにおいて、PwCは全世界、アメリカ大陸および欧州・中東・アフリカの各エリアで、リーダーとしての優れたポジションに~

2011年2月21日
PwC Japan

(本プレスリリースは、2011年1月31日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。)

2011年1月31日 ロンドン - コンサルティング関連の調査・分析会社大手のIDCが発表した新シリーズの調査報告書において、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は世界のビジネスコンサルティング業界のリーダーであるとの評価を受けました。同報告書は、クライアントのニーズに応える現在の業務能力および将来的な潜在能力を分析したものです。

本報告書でPwCは、戦略性という点で最上位に位置づけられているとともに、市場全体の成長速度を上回る勢いで伸びている点も評価されています。IDCは全世界でのPwCの評価について次のように述べています。

  • ローカルリソースの活用、確かな手法・ツールの適用、企業に対する現行あるいは新たな規制への準拠サポートなど、複数の特性において最も優れた対応能力を持っている。
  • プロジェクトチームとクライアントとの一体化という点で、同業者中最も優れた能力を有している。
  • 成長に向けてクライアントが選択肢を見定め、実行する際のサポートという点で、世界的に見ても同業者よりはるかに優れている。
IDC社の新報告書について、PwCのアドバイザリーサービス部門副会長であるフアン・プハーダス(Juan Pujadas)は次のようにコメントしています。「今回の評価は、PwCが世界で最も優れかつ洞察力に富んだビジネスコンサルティングサービスを提供していることを示すもので、私たちはマーケットにおいて唯一無二のポジションを占めているといえます。今回の調査は、世界各地のIDCアナリストの意見だけではなく、コンサルティングサービスを活用されているエンドユーザーの皆様の意見も反映されているため、私たちの満足度も高いものになっています。」

エリア別にみると、アメリカ大陸においてPwCは、今後3~5年間において顧客ニーズに応える能力および戦略性が最も優れているとされ、コンサルティング会社の中では唯一「リーダー」としての評価を得ています。IDCは、アメリカ大陸でのPwCの評価について以下のように述べています。

  • 確かな手法・ツールの適用、実践的な見識の提供、プロジェクトスケジュールの順守など複数の特性において、同業者中最も優れた能力を持つと見られている。
  • 企業に対する現行あるいは新たな規制への準拠サポートおよび、クライアントの経営効率向上サポートという点で、最も優れた能力を有している。
  • 成長に向けてクライアントが選択肢を見定め・実行する際のサポートや、新たな市場や地域に事業拡大を図る際のサポートなど、複数の課題への対応能力において、同業者を大きく上回っている。

欧州・中東・アフリカ(EMEA)では、PwCは今後3~5年間において顧客ニーズに応える戦略性が最も優れているとされ、「リーダー」として評価されています。IDCによると、EMEAにおけるPwCの評価は、

  • プロジェクトチームとクライアントとの一体化および、企業に対する現行あるいは新たな規制への準拠サポートという両面で、最も優れた能力を持っている。
  • ローカルリソースの活用および、プロジェクトを通じてクライアントに革新をもたらすことが可能という両面で、同業者中最も優れた能力を持っている。
  • プロジェクトスケジュールの順守、プロジェクトチームとクライアントとの一体化という点でも、同業者中最も優れている。

アジア太平洋では、PwCは「メジャープレイヤー」として評価されており、現行のビジネスコンサルティング能力、および、今後3~5年間における顧客ニーズに応える戦略性という点で上位につけています。IDCは、アジア太平洋におけるPwCの評価について、次のように述べています。

  • 確かな手法・ツールの適用という点で、同業者中最も優れた能力を持っている。
  • ローカルリソースの活用と、成長に向けクライアントが選択肢を見定め実行する際のサポートという両面で、同業者を大きく凌いでいる。

IDCは2010年のビジネスコンサルティングの収益を全世界で691億ドルと推計しており、PwCは同市場で収益第4位にランクインしています。

プハーダスは次のように付け加えています。「IDCによる調査結果は、PwCのアドバイザリービジネスがいかに優れ、奥深いものであるかを示すものです。特に、非常に多くの領域でPwCがリーダーであると明確に認められたことに満足しています。PwCは、成長に向け選択と実行を行うクライアントのサポートに全力を注いでおり、この点で同業者より優れていると認められたことを大変喜ばしく思っています。」

以上

 

出典

IDC MarketScape : Worldwide Business Consulting Services 2011 Vendor Analysis - IDC#226443
IDC MarketScape : Americas Business Consulting Services 2011 Vendor Analysis - IDC#226465
IDC MarketScape : EMEA Business Consulting Services 2011 Vendor Analysis - IDC#226463
IDC MarketScape : Asia Pacific Business Consulting Services 2011 Vendor Analysis - IDC#226464
IDC Worldwide Business Consulting Services 2010-2014 Forecast Update Doc # 225600
IDC Worldwide Business Consulting 2009 Vendor Shares - IDC #225060

 
 

PwCについて 

PwCのメンバーファームは、クライアントの産業に焦点をあてた監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を通じて、クライアントの価値向上を目指しています。PwCグローバルネットワークのメンバーファームが有する世界154カ国、161,000人以上のスタッフが、見識や経験、ソリューションを共有することによって、常に新しい視点から実践に即したアドバイスを提供しています。詳細はwww.pwc.com をご覧ください。
プライスウォーターハウスクーパース・インターナショナル・リミテッド(PwCIL)のメンバーファームは、“PwC”というブランド名の下に活動し、サービスを提供しています。また、これらのメンバーファームがPwCネットワークを構成しています。各メンバーファームは別法人であり、PwCIL、またはその他のメンバーファームの代理人として活動することはありません。PwCILはクライアントにサービスを提供することはありません。また、PwCILはメンバーファームの作為または不作為に対する責任、および賠償責任を負わず、メンバーファームの専門的な判断をコントロールしたり、拘束することは一切ありません。

 

PwC Japanについて

PwC Japanは、あらた監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース、およびそれらの関連会社の総称です。各法人はPwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファームであり、それぞれ独立した法人として業務を行っています。
複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanでは、監査およびアシュアランス、アドバイザリー、そして税務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、その他専門職員約4,000人を擁するプロフェッショナルサービスファームとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

 
 ページトップへ