PwCの2010年度の総収益は266億米ドルに

View this page in: English

~ネットワーク全体の総収益は増加~
~アドバイザリー部門に力強い成長が戻る~

2010年10月19日
PwC Japan

(本プレスリリースは、2010年10月4日にロンドンで発表されたプレスリリースの翻訳です。)

2010年10月4日 ロンドン - PwCは、2010年6月期決算においてPwCグローバルネットワークに属するメンバーファーム全体の営業総収益が266億米ドルであり、恒常為替レート(CER)での収益は微増となったことを発表しました。米ドル表示によるPwCの2010年度の総収益は前年比1.5%増となりました。

PwCファームの主力であるアシュアランスサービスの収益は、経済情勢を考えると堅調であったといえ、133億米ドルと前年比でごくわずかな減少(1.3%減)にとどまりました。景気低迷が続く中であっても、アシュアランスサービスに対する需要は増加しました。しかし、市場での熾烈な価格競争の影響により、この需要の増加は相殺されました。PwCはアシュアランスサービスの質の維持・向上のために継続的に投資を行うとともに、世界最大のアシュアランス部門としての地位も維持しました。

税務サービスに対する需要も、世界経済の回復基調の中で上向きとなっています。しかし収益は、企業取引や企業再編の世界的低迷に伴い2.9%減少し、71億米ドルとなりました。

PwCのアドバイザリー業務は順調な回復を見せ、2010年度の収益は62億米ドルと、過去12カ月の実績と比して7.9%の増加となりました。とりわけ、PwCのコンサルティング業務は力強い伸びを示し、15%増となりました。アドバイザリー部門の業績は、戦略的買収による収益の増加とともに、2010年度中に景気が上向いたことを表しています。PwCのアドバイザリー部門は今後の成長においても寄与が大きいと予想されます。

プライスウォーターハウスクーパース・インターナショナルの会長であるデニス・M・ナリー(Dennis M. Nally)は、次のようにコメントしています。「収益が増加したことはすばらしい結果であり、主要国のPwCメンバーファームはマーケットリーダーとしての地位を維持し続けています。この成果には私どものスタッフのたゆまぬ貢献が示されており、景気が低迷する中、新たな成長に向けた可能性を継続的に追求することの必要性を見失うことなく、PwCメンバーファームが努力し続けたことの表れと言えます。」

「世界経済の回復には予想以上に長い時間がかかっており、世界各地で見られる景気の低迷の状況はPwCのクライアント、そしてPwC自身にもいまだ重くのしかかっています。しかし、2010年度の最後の四半期には回復の兆しが表れており、2010年度末以降の持続的な成長に大きな期待を抱いています。2011年度は今のところ、私どもが提供しているサービスの範囲においては、すでに業績に成長の兆しが見られます。」

地理的に見ると、全体的な景気回復と同様の傾向が見られ、PwCメンバーファームの業績は地域によって大きく異なっています。アジアでは8.2%、中東・アフリカでは8.5%の収益の増加が見られます。西欧での収益は横ばいであり、北米およびカリブ地域ではわずかに減少(1.7%減)しました。

今後の展望としてナリーは次のとおりコメントしています。「経済回復の過程における新しい経済・ビジネスの出現により、私たちはクライアントに対してさらに質の高いサービスを提供することが求められています。その一方で、現在の経済情勢の中で費用効率の良さを維持することの必要性も私たちは理解しています。PwCは最近、ブランドの変更を行い、世界162,000人のスタッフの核ともなるブランドプロミスを刷新しました。PwCのブランドプロミスとは、クライアントとの信頼関係を構築し、クライアントが望む価値の創出をサポートすることです。」

以上

注:特に明記のない限り、プレスリリース本文中におけるパーセンテージ表示は、恒常為替レートでの成長率を示しています。

グローバル総収益

2010年度(2010年6月30日期末)
地域別の収益 FY10
(FY10為替レート)
単位:100万米ドル
FY09
(FY09為替レート)
単位:100万米ドル
前年比増減率
対FY09
(FY10為替レート)
対FY09
(FY09為替レート)
アジア 2,935 2,627 8.2% 11.7%
オーストラリア
・太平洋
1,293 1,176 -3.3% 10.0%
中・東欧 726 778 -5.1% -6.6%
西欧 11,062 11,155 -0.6% -0.8%
中東・アフリカ 823 704 8.5% 16.9%
北米・カリブ海 8,952 9,032 -1.7% -0.9%
中南米 778 699 11.9% 11.3%
合計
26,569
26,171
0.3%
1.5%


サービス
ライン別の
収益
FY10
(FY10為替レート)
単位:100万米ドル
FY09
(FY09為替レート)
単位:100万米ドル
前年比増減率
対FY09
(FY10為替レート)
対FY09
(FY09為替レート)
アシュアランス 13,273 13,290 -1.3% -0.1%
アドバイザリー 6,203 5,668 7.9% 9.5%
税務 7,090 7,213 -2.9% -1.7%
合計
26,569
26,171
0.3%
1.5%
FY10の収益は、FY10の為替レートの平均で換算し米ドルで表示しています。FY09の収益は、FY10と継続性のある事業について、FY09の為替レートの平均で換算し米ドルで表示しています。収益にはクライアントに請求した経費も含まれています。会計年度は6月末締めです。FY09の収益は、現状の組織に対応する形で再配分しています。

 
 

PwCについて 

PwCのメンバーファームは、クライアントの産業に焦点をあてた監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を通じて、クライアントの価値向上を目指しています。PwCグローバルネットワークのメンバーファームが有する世界154カ国、161,000人以上のスタッフが、見識や経験、ソリューションを共有することによって、常に新しい視点から実践に即したアドバイスを提供しています。詳細はwww.pwc.com をご覧ください。
PwCはブランド名を、PricewaterhouseCoopersからPwCに変更しました。「PwC」を文書に記載する場合は、従来どおりPとCが大文字となります。ロゴの場合のみすべて小文字となります。
プライスウォーターハウスクーパース・インターナショナル・リミテッド(PwCIL)のメンバーファームは、“PwC”というブランド名の下に活動し、サービスを提供しています。また、これらのメンバーファームがPwCネットワークを構成しています。各メンバーファームは別法人であり、PwCIL、またはその他のメンバーファームの代理人として活動することはありません。PwCILはクライアントにサービスを提供することはありません。また、PwCILはメンバーファームの作為または不作為に対する責任、および賠償責任を負わず、メンバーファームの専門的な判断をコントロールしたり、拘束することは一切ありません。

 

PwC Japanについて

PwC Japanは、あらた監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウス クーパース、およびそれらの関連会社の総称です。各法人はPwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファームであり、それぞれ独立した法人として業務を行っています。
複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanでは、監査およびアシュアランス、アドバイザリー、そして税務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、その他専門職員約4,000人を擁するプロフェッショナルサービスファームとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

 
 ページトップへ