PwCファミリービジネスサーベイ2016:ビジョン実現に向けた中期戦略計画の構築

※法人名・役職などは掲載当時のものです。

ファミリービジネス企業は、多くの国や地域でGDPの大部分を占め、雇用創出の原動力となっています。

PwCの「ファミリービジネスサーベイ2016」では、世界50カ国、多種多様な業界を代表する2,800社以上の経営幹部に協力いただき、家業を守り続ける上で直面する経営課題、グローバル化、デジタル化への対応などについてお答えいただきました。

このビデオでは、今回の調査結果の概要と、ファミリービジネス企業がビジョン実現に向けて中期戦略計画を策定しそれを成功させていく上で役立つであろう実践的行動のポイントを紹介します。

(2017年3月13日)