2050年の世界(World in 2050)-BRICsを超えて:その展望・課題・機会

本調査レポートは、2050年にかけての主要国のGDP予測を行ったシリーズ「World in 2050」における最新版です。

PwCが初めて発表した2006年版の「2050年の世界」では、調査対象国をG7(フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国、カナダ)とスペイン、オーストラリア、韓国、およびE7(ブラジル、ロシア、インド、中国、インドネシア、メキシコ、トルコ)の17カ国としていました。今回の「2050年の世界-BRICsを超えて:その展望・課題・機会」と題する2013年版では、さらに調査の範囲を広げ、上記のほか、ベトナム、ナイジェリア、南アフリカ、マレーシア、ポーランド、サウジアラビア、アルゼンチンを調査対象に加えています。

本調査レポートでは、新興国経済が今後40年間にわたってG7よりもはるかに速いペースで成長することになると結論しています。2012年から2050年までの購買力平価(PPP)に基づくGDP平均成長率では、ナイジェリアが首位に立ち、ベトナム、インド、インドネシア、マレーシア、中国、サウジアラビア、南アフリカがそれに続きます。

主な調査結果は以下のとおりです。

  • 2020年を迎える前にはE7がG7を追い抜く
  • 2050年までには中国、米国、インドが世界3大経済大国となり、ブラジルがこの3カ国から大きく引き離されながらも、日本を抜いて世界第4位の経済規模を擁することになる
  • 同時に、ロシア、メキシコ、インドネシアの経済規模はドイツまたは英国を上回り、トルコの経済規模はイタリアを追い抜き、長期的にはナイジェリアがベトナムや南アフリカとともに上位国に参入する
  • こうした大国以外では、長期的にはマレーシアに大きな潜在成長力が認められ、また、ポーランドも今後数十年間にわたって西欧近隣諸国を上回るペースの成長を続ける