グローバルフィンテック調査2017 日本分析版‐変わる境界:拡大するフィンテックの影響

グローバル全体で、フィンテック企業は金融機関にとってもはや無視できない存在となってきています。金融機関は、フィンテックによる破壊(ディスラプション)的性質を受け入れ、フィンテック企業との協業などの対応を進めており、両者を隔てる境界が変化しています。

本報告書は、PwCが71カ国、1,300名を超える金融機関、フィンテック企業のエグゼクティブに対して実施したグローバルフィンテック調査における日本とグローバル全体の回答の比較に基づくものです。グローバルと日本のフィンテック投資に対する意識の差がどこにあるのかを明らかにし、日本の金融機関の機会と課題について考察しています。

(2017年4月)