監査委員会 優れた実務シリーズ 財務報告の監督

2017-06-02

財務報告の監督は、監査委員会の重要な責任の一つです。法律などで作成・提出が義務付けられている財務報告書類は、経済環境や規制などの変化により、その内容が複雑になっています。また、提出期日に間に合わせるため、監査委員会が実際の提出書類を吟味する時間は限られます。このような背景により、監査委員会には、財務報告を効果的かつ効率的に監督することが今まで以上に求められています。

本モジュールでは、監査委員会が、より効果的かつ効率的に財務報告の監督を行うポイントについて検討しています。

  • 細心の注意を払うべき決算発表
  • 決算報告のレビューのポイント
    • 財務報告プロセスの理解
    • 実際の提出書類のレビュー
  • 監査委員会はどのように課題に対応すべきか?

本資料では、米国の監査委員会の実務を解説していますが、日本の上場会社の監査役会、監査等委員会ならびに監査委員会のメンバーにとっても有用な情報が含まれますので、ぜひ参照ください。

(2016年12月オリジナル英語版公表)


関連サービス

コーポレートガバナンス

PwCあらた有限責任監査法人では、海外諸国の先行事例やベストプラクティスを基にした、企業のガバナンス向上の取り組みを効率的・効果的に支援するために、さまざまなサービスを用意しています。

コーポレートガバナンス強化支援チーム

コーポレートガバナンス強化支援チームは、長期的な企業価値向上に向けた日本企業と投資家との対話促進を支援するために、2014年12月にPwCあらた有限責任監査法人内に立ち上げられた組織です。PwCグローバルネットワークの各法人と情報共有および連携し、グローバルな視点から日本企業のガバナンス強化に役立つ情報発信、調査研究およびガバナンス強化支援サービス等を提供します。

ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス(GRC)

PwC Japanでは、バーゼルⅡ、バーゼルⅢ、 FATCA・改正犯収法、ソルベンシー規制等の金融機関を対象とした規制対応、また、ガバナンス・リスク管理・コンプライアンスの構築、金融庁等の監督当局による規制対応など多様なサービスを提供しています。