調査/レポート

View this page in: English

※ここに掲載されている情報は掲載時のものです。

RPAによる次世代のオペレーションエクセレンス(2016年8月23日)

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)が労働力にもたらす業務変革とは?硬直化したオペレーションへのRPA導入を成功させるには、従業員を巻き込んだ社内の組織や文化の変革が必要です。

Risk in review‐長期間にわたり戦い抜くために(2016年8月22日)

今回で5回目を迎えたリスク調査では、リスクレジリエンスとリスクアジリティーのバランスをとることの重要性について言及しています。このバランスを保ち、高めていくことが企業を持続的な成長へと導くと説明しています。

Total Retail 2016 求められているものは、革命(2016年8月16日)

世界5大陸25カ国・地域の2万3,000人のオンライン買い物客を対象に実施した2016年度のPwC世界トータルリテール調査(PwC Global Total Retail Survey)では、小売業の次なる革命として8つの動向があることを明らかにしています。

ガバナンスを考える:CEO後継者計画について(2016年8月10日)

CEOの後継者計画について、世界の上場会社上位2,500位を対象とした調査結果に基づき、最近のトレンドを紹介します。

監査委員会 優れた実務シリーズ~GAAPかnon-GAAPか?SECが動向を注視(2016年8月9日)

企業によるnon-GAAP財務指標の開示が拡大する中、SECなど証券監督当局によるモニタリングが強化されています。このような状況を踏まえ、監査委員会が知っておくべき留意点や監査委員会に求められる役割について解説します。

経済犯罪実態調査 2016(グローバル翻訳版) 経済犯罪‐リスクに対する焦点を変える(2016年8月4日)

世界115カ国6,337社から回答を得たPwCの「経済犯罪実態調査 2016」によると、経済犯罪の被害に遭った企業の割合は全体の36%でした。サイバー犯罪は増加が続いておりランキングの2位に上昇しました。

グローバルフィンテックレポート‐曖昧になる境界:フィンテックは金融業界をどのように形成するか(2016年7月29日)

従来型金融機関はビジネスの4分の1をフィンテック企業に奪われると危惧。46カ国544名の金融業界関係者およびフィンテック企業より得た調査結果から、フィンテックが金融業界に及ぼし得る影響や業界の今後について分析した報告書です。

新たなレンズを通してビジネスを考える CEOはサステナビリティをどう捉えているか(2016年7月29日)

PwC が実施した第19回世界CEO 意識調査の結果は、企業のサステナビリティ(持続可能性)に関する問題について、企業のCEOがどのように考え、そしてそれをコアビジネスに組み入れようとしているか示しています。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2016-2020(2016年7月28日)

PwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック」は17年間にわたり、広告収入と消費者支出の動向を中心に、専門家による解説とインサイトを提供してきましたが、今年からはstrategy+businessと協力して今後の予測と鋭い考察をお届けします。

日本における株主アクティビズム‐アクティビストの戦略から学ぶ株主価値向上と防衛策(2016年7月26日)

アクティビストが日本で大々的に成功を収めると信じるか否かは別として、アクティビストの視点から自社の事業を捉えることは有益です。

2016年内部監査全世界実態調査 リーダーシップの重要性:利害関係者の高まる期待に応えるため内部監査の「真北」を目指して進む(2016年7月26日)

PwCの第12回内部監査全世界実態調査は、世界中の約1,700名の内部監査部門長や利害関係者に調査した結果をとりまとめたものです。内部監査のリーダーシップと組織への価値貢献とは相関関係にあることが分かりました。

規制強化の潮流 世界中で高まりを見せる贈収賄防止運動(2016年7月19日)

贈収賄取引に対する規制当局の不正防止の要求レベルは高まっています。企業は、実際に摘発された場合の影響を十分に考慮したうえで、当局が要求するコンプライアンス要件に戦略的に対応する必要があります。

取締役および投資家向けインサイト 取締役会の構成 ~最近の潮流~(2016年7月13日)

「取締役および投資家向けインサイト」では、取締役会の構成に対する取締役と投資家の見解を概説し、取締役会の刷新に関する重要課題を明らかにしています。

From urbanization to aging society – Lessons from Japan(2016年7月11日)

本レポートは、途上国都市の都市課題の解決に貢献するとともに、日本のインフラ輸出を促進するきっかけとなる日本の都市ソリューションのポートフォリオを紹介する英語レポートです。

新しいトリプルA経営への道筋 サステナビリティ+レジリエンスが生み出す企業の成功法則(2016年7月8日)

従来のCSRを超えた戦略性の高い社会・環境問題へ対応、つまり「コーポレートサステナビリティ」と、柔軟な適応力を発揮するための「組織的なレジリエンス」を高める3つの原則、新しいトリプルAが求められています。

アジア太平洋地域におけるファンドパスポート構想 全体像と各国ファンド業界の概況(2016年7月6日)

アジア太平洋地域では、アジア地域ファンドパスポート(ARFP)、ASEAN CIS フレームワーク、中国・香港ファンド相互承認制度(MRF)といったファンドパスポート構想が実現しつつあります。

インダストリー4.0:デジタルエンタープライズの構築(2016年7月4日)

本報告書では、インダストリー4.0に代表されるデジタル化をけん引するテクノロジーの移行の現状に関する分析とともに、企業にとってインダストリー4.0に代表されるデジタル化を成功させるためのステップと考慮されるべき必要な戦略についても概説しています。

監査委員会 優れた実務シリーズ~将来予測情報に関する実務ガイダンス(2016年6月30日)

将来予測情報の開示に対する投資家の注目度は高いものの、その開示には重要な判断や見積もりが必要でありリスクも伴います。本モジュールは、将来予測情報開示の監督における監査委員会の役割に焦点を当てて検討しています。

監査委員会 優れた実務シリーズ~重要なリスクや不祥事・不適切事案にかかわる調査への対応(2016年6月30日)

本モジュールは、重要な不祥事等の申し立てがあった場合の調査に関して、準備・実施・事後対応をどのようにすべきかについて、監査委員会に求められる重大な役割に焦点をあてて検討しています。

監査委員会 優れた実務シリーズ~会計方針変更の監督―― 新しい収益認識基準を含む財務報告の監督(2016年6月30日)

会計方針変更の監督は、財務報告の監督の一環として、監査委員会に求められる重要な役割といえます。本モジュールは、監査委員会による会計方針変更の監督について検討しています。

監査委員会 優れた実務シリーズ~財務報告の監督(2016年6月30日)

財務報告の監督は監査委員会の重要な責任の一つであり、より効果的かつ効率的に監督するよう求められてきています。本モジュールは、監査委員会による財務報告の監督について検討しています。

第19回世界CEO意識調査 日本分析版 変貌する世界で成功を再定義する(2016年6月24日)

PwC Japanでは、PwC世界CEO意識調査の結果をもとに、日本のCEOと世界のCEOの回答を比較・分析した日本分析版を冊子にまとめており、今回で4回目となります。

Eurasia Group PwC Japan共同レポート「中国経済の減速、エネルギー価格、および米国大統領選がもたらすリスク」(2016年6月22日)

本レポートは、日本企業が今後1~2年のリスクとしてとらえるべき3つのテーマ(中国経済、コモディティ価格、米国大統領選挙)が中国、米国、日本にどのような影響をあたえるかを考察したものです。

グローバル投資家サーベイ – 変貌する世界で成功を再定義する(2016年6月20日)

本サーベイは、世界各国の投資家に対して行われたサーベイの結果を取りまとめたものであり、今回初の試みとして、「第19回世界CEO意識調査」と回答が比較され、両者の相違点および共通点が明らかになっています。

新興国市場におけるロジスティクスネットワークの複雑性を克服する(2016年6月17日)

新興国市場においてサプラチェーンネットワークのモデリングプロジェクトを実行するには、検討すべき数多くの課題があります。このレポートでは、これらの課題を克服する方法について事例を挙げて説明します。

インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)(2016年6月16日)

なぜIIoTの活用には、新技術の獲得だけでなく、事業構造全体の新たな青写真も必要となるのでしょうか?本レポートでは例示とともに、メーカーや、産業用機器が行わなければならない改革について述べられています。

中国銀行経営者調査報告書2015 エグゼクティブサマリー(2016年6月9日)

中国の銀行業界の現状と今後の見通しについて銀行経営者を対象に実施したアンケート調査のエグゼクティブサマリーです。中国経済が減速するなかで今後の成長戦略や経営課題について考察しています。

監査委員会 優れた実務シリーズ~第三者リスクの監督~(2016年5月31日)

サプライヤーや販売会社などの社外の第三者の利用の拡大により、第三者との関係に関連するリスクが増加しています。本モジュールは、第三者リスクの監督における監査委員会の役割に焦点を当てて検討しています。

監査委員会 優れた実務シリーズ~卓越した実務を目指して~サイバーメトリクス―― 取締役が知っておくべきこと(2016年5月31日)

本モジュールは、取締役が的確なサイバーメトリクス情報を入手しているかを判断する上で検討すべき重要事項を紹介しています。

2050年の世界(The World in 2050)‐世界の経済力のシフトは続くのか?(2016年5月23日)

最新のPwC調査レポート「2050年の世界」は、世界のGDP総額の約84%を占める経済規模上位の32カ国について、2050年までの経済成長率の予測をまとめたものです。

ガバナンス

Risk in review‐長期間にわたり戦い抜くために(2016年8月22日)

今回で5回目を迎えたリスク調査では、リスクレジリエンスとリスクアジリティーのバランスをとることの重要性について言及しています。このバランスを保ち、高めていくことが企業を持続的な成長へと導くと説明しています。

ガバナンスを考える:CEO後継者計画について(2016年8月10日)

CEOの後継者計画について、世界の上場会社上位2,500位を対象とした調査結果に基づき、最近のトレンドを紹介します。

監査委員会 優れた実務シリーズ~GAAPかnon-GAAPか?SECが動向を注視(2016年8月9日)

企業によるnon-GAAP財務指標の開示が拡大する中、SECなど証券監督当局によるモニタリングが強化されています。このような状況を踏まえ、監査委員会が知っておくべき留意点や監査委員会に求められる役割について解説します。

2016年内部監査全世界実態調査 リーダーシップの重要性:利害関係者の高まる期待に応えるため内部監査の「真北」を目指して進む(2016年7月26日)

PwCの第12回内部監査全世界実態調査は、世界中の約1,700名の内部監査部門長や利害関係者に調査した結果をとりまとめたものです。内部監査のリーダーシップと組織への価値貢献とは相関関係にあることが分かりました。

イノベーション

RPAによる次世代のオペレーションエクセレンス(2016年8月23日)

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)が労働力にもたらす業務変革とは?硬直化したオペレーションへのRPA導入を成功させるには、従業員を巻き込んだ社内の組織や文化の変革が必要です。

Total Retail 2016 求められているものは、革命(2016年8月16日)

世界5大陸25カ国・地域の2万3,000人のオンライン買い物客を対象に実施した2016年度のPwC世界トータルリテール調査(PwC Global Total Retail Survey)では、小売業の次なる革命として8つの動向があることを明らかにしています。

グローバルフィンテックレポート‐曖昧になる境界:フィンテックは金融業界をどのように形成するか(2016年7月29日)

従来型金融機関はビジネスの4分の1をフィンテック企業に奪われると危惧。46カ国544名の金融業界関係者およびフィンテック企業より得た調査結果から、フィンテックが金融業界に及ぼし得る影響や業界の今後について分析した報告書です。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2016-2020(2016年7月28日)

PwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック」は17年間にわたり、広告収入と消費者支出の動向を中心に、専門家による解説とインサイトを提供してきましたが、今年からはstrategy+businessと協力して今後の予測と鋭い考察をお届けします。

オペレーション

RPAによる次世代のオペレーションエクセレンス(2016年8月23日)

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)が労働力にもたらす業務変革とは?硬直化したオペレーションへのRPA導入を成功させるには、従業員を巻き込んだ社内の組織や文化の変革が必要です。

インダストリー4.0:デジタルエンタープライズの構築(2016年7月4日)

本報告書では、インダストリー4.0に代表されるデジタル化をけん引するテクノロジーの移行の現状に関する分析とともに、企業にとってインダストリー4.0に代表されるデジタル化を成功させるためのステップと考慮されるべき必要な戦略についても概説しています。

新興国市場におけるロジスティクスネットワークの複雑性を克服する(2016年6月17日)

新興国市場においてサプラチェーンネットワークのモデリングプロジェクトを実行するには、検討すべき数多くの課題があります。このレポートでは、これらの課題を克服する方法について事例を挙げて説明します。

インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)(2016年6月16日)

なぜIIoTの活用には、新技術の獲得だけでなく、事業構造全体の新たな青写真も必要となるのでしょうか?本レポートでは例示とともに、メーカーや、産業用機器が行わなければならない改革について述べられています。

規制

経済犯罪実態調査 2016(グローバル翻訳版) 経済犯罪‐リスクに対する焦点を変える(2016年8月4日)

世界115カ国6,337社から回答を得たPwCの「経済犯罪実態調査 2016」によると、経済犯罪の被害に遭った企業の割合は全体の36%でした。サイバー犯罪は増加が続いておりランキングの2位に上昇しました。

贈収賄リスク診断‐贈収賄リスクを減らすためのガイダンス‐(2016年3月16日)

贈収賄に関するコンプライアンスを日頃から徹底することは喫緊の経営課題の一つと言えます。 最近ではCSR(企業の社会的責任)の観点からも、コンプライアンス体制構築に自発的に取り組む企業が増えてきています。

Redefining business success in a changing world‐変貌する世界で成功を再定義する‐(2016年3月4日)

PwCの「第19回世界CEO意識調査」では、経済成長に対するCEOの自信が低下する中、多面的な脅威と、関係者の期待の変化に対応するため、テクノロジーを活用して成長し続けようとする姿が浮かび上がりました。

“自動車”の再定義‐自動車業界変革のシナリオ(2015年12月17日)

今後5~10年間の自動車業界の変化を考察したPwCの最新レポートです。技術進化や規制強化のトレンドから想定される4つのシナリオをもとに、企業に求められる対応策を考察しています。

リスク管理

Risk in review‐長期間にわたり戦い抜くために(2016年8月22日)

今回で5回目を迎えたリスク調査では、リスクレジリエンスとリスクアジリティーのバランスをとることの重要性について言及しています。このバランスを保ち、高めていくことが企業を持続的な成長へと導くと説明しています。

ガバナンスを考える:CEO後継者計画について(2016年8月10日)

CEOの後継者計画について、世界の上場会社上位2,500位を対象とした調査結果に基づき、最近のトレンドを紹介します。

経済犯罪実態調査 2016(グローバル翻訳版) 経済犯罪‐リスクに対する焦点を変える(2016年8月4日)

世界115カ国6,337社から回答を得たPwCの「経済犯罪実態調査 2016」によると、経済犯罪の被害に遭った企業の割合は全体の36%でした。サイバー犯罪は増加が続いておりランキングの2位に上昇しました。

2016年内部監査全世界実態調査 リーダーシップの重要性:利害関係者の高まる期待に応えるため内部監査の「真北」を目指して進む(2016年7月26日)

PwCの第12回内部監査全世界実態調査は、世界中の約1,700名の内部監査部門長や利害関係者に調査した結果をとりまとめたものです。内部監査のリーダーシップと組織への価値貢献とは相関関係にあることが分かりました。

成長戦略

Risk in review‐長期間にわたり戦い抜くために(2016年8月22日)

今回で5回目を迎えたリスク調査では、リスクレジリエンスとリスクアジリティーのバランスをとることの重要性について言及しています。このバランスを保ち、高めていくことが企業を持続的な成長へと導くと説明しています。

Total Retail 2016 求められているものは、革命(2016年8月16日)

世界5大陸25カ国・地域の2万3,000人のオンライン買い物客を対象に実施した2016年度のPwC世界トータルリテール調査(PwC Global Total Retail Survey)では、小売業の次なる革命として8つの動向があることを明らかにしています。

2016年内部監査全世界実態調査 リーダーシップの重要性:利害関係者の高まる期待に応えるため内部監査の「真北」を目指して進む(2016年7月26日)

PwCの第12回内部監査全世界実態調査は、世界中の約1,700名の内部監査部門長や利害関係者に調査した結果をとりまとめたものです。内部監査のリーダーシップと組織への価値貢献とは相関関係にあることが分かりました。

インダストリー4.0:デジタルエンタープライズの構築(2016年7月4日)

本報告書では、インダストリー4.0に代表されるデジタル化をけん引するテクノロジーの移行の現状に関する分析とともに、企業にとってインダストリー4.0に代表されるデジタル化を成功させるためのステップと考慮されるべき必要な戦略についても概説しています。

サステナビリティ・気候変動

新たなレンズを通してビジネスを考える CEOはサステナビリティをどう捉えているか(2016年7月29日)

PwC が実施した第19回世界CEO 意識調査の結果は、企業のサステナビリティ(持続可能性)に関する問題について、企業のCEOがどのように考え、そしてそれをコアビジネスに組み入れようとしているか示しています。

新しいトリプルA経営への道筋 サステナビリティ+レジリエンスが生み出す企業の成功法則(2016年7月8日)

従来のCSRを超えた戦略性の高い社会・環境問題へ対応、つまり「コーポレートサステナビリティ」と、柔軟な適応力を発揮するための「組織的なレジリエンス」を高める3つの原則、新しいトリプルAが求められています。

統合報告の導入ガイド(2015年11月11日)

統合報告をどのように導入するか。PwCがグローバルで開発したロードマップを基に、統合報告書の作成・活用に挑戦される全ての人々に、実践的なガイダンスを紹介します。

低炭素化動向指標LCEI(Low Carbon Economy Index)2015レポート(2015年10月29日)

PwCでは毎年、G20の経済の低炭素化動向の指標であるLow Carbon Economy Index(LCEI)の調査分析を行っており、その最新レポートを2015年10月に公表しました。

人材マネジメント

ガバナンスを考える:CEO後継者計画について(2016年8月10日)

CEOの後継者計画について、世界の上場会社上位2,500位を対象とした調査結果に基づき、最近のトレンドを紹介します。

第19回世界CEO意識調査 日本分析版 変貌する世界で成功を再定義する(2016年6月24日)

PwC Japanでは、PwC世界CEO意識調査の結果をもとに、日本のCEOと世界のCEOの回答を比較・分析した日本分析版を冊子にまとめており、今回で4回目となります。

FS Viewpoint 組織文化変革に向けた処方箋:健全なリスクカルチャーの構築に向けて(2016年3月7日)

企業において、健全なリスクカルチャーを醸成する取り組みが実を結んでいないのはなぜか。意味のあるビヘイビアの変革や健全な組織文化を生み出すために何ができるのか。本稿では、PwCの示唆から強固なリスクカルチャーの構築に向けた事項を提案します。

Redefining business success in a changing world‐変貌する世界で成功を再定義する‐(2016年3月4日)

PwCの「第19回世界CEO意識調査」では、経済成長に対するCEOの自信が低下する中、多面的な脅威と、関係者の期待の変化に対応するため、テクノロジーを活用して成長し続けようとする姿が浮かび上がりました。

グローバル化支援

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2016-2020(2016年7月28日)

PwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック」は17年間にわたり、広告収入と消費者支出の動向を中心に、専門家による解説とインサイトを提供してきましたが、今年からはstrategy+businessと協力して今後の予測と鋭い考察をお届けします。

インダストリー4.0:デジタルエンタープライズの構築(2016年7月4日)

本報告書では、インダストリー4.0に代表されるデジタル化をけん引するテクノロジーの移行の現状に関する分析とともに、企業にとってインダストリー4.0に代表されるデジタル化を成功させるためのステップと考慮されるべき必要な戦略についても概説しています。

Eurasia Group PwC Japan共同レポート「中国経済の減速、エネルギー価格、および米国大統領選がもたらすリスク」(2016年6月22日)

本レポートは、日本企業が今後1~2年のリスクとしてとらえるべき3つのテーマ(中国経済、コモディティ価格、米国大統領選挙)が中国、米国、日本にどのような影響をあたえるかを考察したものです。

2050年の世界(The World in 2050)‐世界の経済力のシフトは続くのか?(2016年5月23日)

最新のPwC調査レポート「2050年の世界」は、世界のGDP総額の約84%を占める経済規模上位の32カ国について、2050年までの経済成長率の予測をまとめたものです。

サステナビリティ

サステナビリティ情報開示

GRIガイドラインG4の概要(第2回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-(2013年07月24日)

2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える後編です。G4の中で最もボリュームがあり具体的な内容を示している標準開示の概要および統合報告との関係を含めた今後の企業報告の方向性などについてまとめています。

GRIガイドラインG4の概要(第1回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-(2013年07月09日)

2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える前編です。G4の全体的な構成と基本的な考え方について、ガイドラインから読み取れる主要な事項についてまとめています。

米国における財務報告上の持続可能性情報開示-Sustainability Accounting Standards Board(SASB)の動向-(2013年05月17日)

米国の非営利の民間団体SASBが財務報告上の持続可能性情報の開示に関する基準策定の動きを活発化させています。理事会メンバーには元SEC委員も加わっていることから、今後の動向が注目されます。

持続可能な社会構築に向けた統合報告の役割 -統合報告フレームワークのプロトタイプ-(2013年04月10日)

まもなくIIRCにより統合報告フレームワークの最終版が公表される予定です。この公開を前に、本稿ではプロトタイプの枠組みや要点を概観、統合報告の内容の再確認や、社会的意義について検討します。

気候変動/温暖化対策

サステナブル投資の主流化:投資家の見解を探る(2016年4月28日)

責任投資原則を背景に、環境、社会、ガバナンス(ESG)に含まれるサステナビリティの問題が、投資家の戦略や慣行に与える影響を調査した結果、投資判断への影響力やそれが今後強まる可能性が明らかになっています。

低炭素化動向指標LCEI(Low Carbon Economy Index)2015レポート(2015年10月29日)

PwCでは毎年、G20の経済の低炭素化動向の指標であるLow Carbon Economy Index(LCEI)の調査分析を行っており、その最新レポートを2015年10月に公表しました。

炭素予算の破綻 低炭素経済指標2013(2014年05月30日)

PwCが2013年に調査した第5回目の「低炭素経済指標」の結果、世界の気温上昇を2100年時点で平均2度以下に抑えるためには世界全体のGDP当たり炭素排出量を毎年6%削減する必要があることがわかりました。

GHGプロトコル「スコープ3」「プロダクト」スタンダード公表される(2011年10月28日)

温室効果ガス(GHG:Greenhouse Gases)の算定・開示の基準の開発とその利用促進を進めているGHGプロトコルイニシアチブより、「スコープ3スタンダード」および「プロダクトスタンダード」が公表されました。

環境マネジメント

生物多様性に関する最近の動向について(2009年10月26日)

来年の2010年は国連によって定められた「国際生物多様性年」であり、愛知・名古屋における生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)開催が近づいています。本稿では、最近の生物多様性に関する動きをご紹介します。

連載「廃棄物」 第2回リサイクル関連法に関する最近の動き(2008年08月12日)

廃棄物に関する昨今の動向について、第1回に引き続き、食品リサイクル法、建設リサイクル法、自動車リサイクル法について最近の動きを整理し説明いたします。

古紙配合率の偽装問題を受けて ~取引先・関係者はどこまで求めるべきか、製紙会社はどこまで対応すべきか~(2008年04月11日)

古紙配合率偽装問題が大きな問題となりました。この問題が投げかけたものについて、リサイクル商品に関する制度的な限界があるのか、また「環境配慮製品」の信頼回復に向けて、海外における取り組みやさまざまな森林認証制度などについて解説します。

連載「廃棄物」 第1回 リサイクル関連法に関する最近の動き(2008年03月25日)

「資源の有効な利用の促進に関する法律(資源有効利用促進法)」をはじめとするリサイクル関連法案の完全施行から約5年が経過しています。本レポートでは、各リサイクル関連法案の再検討作業において注目した点と問題点について整理します。

サステナブルサプライチェーン

持続可能なサプライチェーン:価値の最大化に向けて(2015年09月29日)

APICSとPwCは企業の経営層が持続可能なサプライチェーンの構築に向け、どのように優先順位を見極めているか調査を行いました。本調査では、持続可能性に向けた取り組みの成功要因を探ります。

10Minutes サプライチェーンの柔軟性(2013年06月26日)

ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果(2013年06月24日)

PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

持続可能なマテリアル - Minerals and metals scarcity in manufacturing -(2011年12月15日)

PwCでは、天然鉱物資源の枯渇(コンフリクト・ミネラル:Conflict Mineral)に関し企業経営層を対象に調査、天然鉱物資源の不足の重要性や影響度について、地域別、セクター別の特徴を明らかにしています。

新興国進出(BoP/インクルーシブビジネス)

10Minutes アフリカ投資について(2011年09月05日)

アフリカは今や投資に対してリスク調整後リターンが最も高い新興経済ですが、中国、韓国に比べ日本は当市場の獲得競争に出遅れています。成功するには、投資家は長期的視点を持ってアフリカの成長に参画する必要があります。

全般 

新たなレンズを通してビジネスを考える CEOはサステナビリティをどう捉えているか(2016年7月29日)

PwC が実施した第19回世界CEO 意識調査の結果は、企業のサステナビリティ(持続可能性)に関する問題について、企業のCEOがどのように考え、そしてそれをコアビジネスに組み入れようとしているか示しています。

新しいトリプルA経営への道筋 サステナビリティ+レジリエンスが生み出す企業の成功法則(2016年7月8日)

従来のCSRを超えた戦略性の高い社会・環境問題へ対応、つまり「コーポレートサステナビリティ」と、柔軟な適応力を発揮するための「組織的なレジリエンス」を高める3つの原則、新しいトリプルAが求められています。

ビジネスと持続可能な開発目標(SDGs)‐SDGs実現に向けて企業に何が求められているか(2016年4月15日)

PwCは持続可能な目標(SDGs)の実現において企業がどの程度の準備を進めているか、また、市民が企業に何を期待しているかについて、世界15カ国の企業986社および2015名の市民を対象に調査を実施しました。

統合報告の導入ガイド(2015年11月11日)

統合報告をどのように導入するか。PwCがグローバルで開発したロードマップを基に、統合報告書の作成・活用に挑戦される全ての人々に、実践的なガイダンスを紹介します。

統合型リゾート

Online Betting and Gaming Regulation 2014(2014年02月28日)

ヨーロッパと米国におけるオンラインゲーミングの規制について今後の動向を概説しています。新たな規制の方向性、オンラインゲーミングへの影響、および有効に機能させるために必要なポイントなどについて論じています。

Global Gaming Outlook: 2015年までのカジノ&オンラインカジノ市場(2011年12月20日)

PwCが新たに発表した年次レポート「Global Gaming Outlook: 2015年までのカジノ&オンラインカジノ市場」によると、世界のカジノ収益は2015年には1,828億米ドルになると予想されています。

アナリティクス

Three surprising digital bets for 2015(2015年04月27日)

大きな将来性があるにもかかわらず世間的にはウェアラブル機器、NoSQLデータベース、業務用センサーの3つのテクノロジーは過小評価されています。これらのテクノロジーの将来性について適用例を交え考察します。

Gut & gigabytes 直感とビッグデータ(2014年12月15日)

現代のビジネスリーダーの多くは、豊富な情報を活用して自社の進むべき方向を選択しています。重要な意思決定プロセスの中で、ビッグデータや高度なデータ分析がどんな役割を果たし、結果を導くかを考察します。

Gut & gigabytes 直感とビッグデータ アジア太平洋地域に関する知見(2014年12月15日)

アジア太平洋地域における現代のビジネスリーダーの多くは、豊富な情報を活用して自社の進むべき方向を選択しています。重要な意思決定プロセスの中で、ビッグデータや高度なデータ分析がどんな役割を果たし、結果を導くかを考察します。

モバイル広告‐消費者は何を求めているのか 各国の比較Consumer Intelligence Series(2014年10月3日)

PwCは、「モバイル広告」に関連した消費者の態度と行動について、2013年10月から11月にかけて4カ国(ブラジル、中国、英国、米国)、3,800人を対象に行った調査の結果をまとめました。

電力システム改革

電力小売市場意識調査 2016 自由化直前編(2016年2月26日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力の小売全面自由化を前に、日本全国の一般家庭における電力需要家の意識調査を行いました。本調査は2013年から4年連続で実施しました。

電力小売市場意識調査 2015(2015年10月21日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力の小売全面自由化を前に、日本全国の一般家庭における電力需要家の意識調査を行いました。電力需要家の住環境、年齢、家族構成、世帯年収などの属性を背景として、「電力料金割引率」と「電力会社乗換率」に関する相関関係を明らかにしています。

電力自由化市場における電力トレーディングとリスク管理(2015年03月30日)

日本における電力市場の流動性が今後高まることを見据え、欧米における電力取引市場の変遷を基に、電力トレーディング組織の必要性や、求められる機能の説明、既存の大手電力トレーディングシステムベンダーの比較分析を行っています。

電力小売市場意識調査 2014(2014年10月27日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力の小売全面自由化を想定し、日本全国の一般家庭における電力需要家の意識調査を行いました。

再生可能エネルギー

Power & Renewables Deals 2015~2015年の展望と2014年のレビュー~(2015年08月12日)

PwCは、電力および再生可能エネルギーセクターにおけるM&Aの動向をとりまとめた報告書を毎年発行しています。2015年版では、2014年の電力および再生可能エネルギーセクターのディールは主に米国に集中したものの、2015年は全世界的にバランスがとれたものになるとみられています。

ファンドニュース(56)イギリスにおけるメガソーラーファンドの動向(2015年05月29日)

「インフラファンド市場の開設に伴う有価証券上場規程等の一部改正について」が東京証券取引所より、2015年4月に公表されました。ここで対象となっているインフラファンドに類似したファンドがロンドン証券取引所に上場されています。これらのファンドの状況を紹介します。

Power & Renewables Deals ‐2014年の展望と2013年のレビュー‐(2014年04月17日)

本報告書は、電力・ガス・再生可能エネルギーセクターのM&Aをとりまとめたシリーズの2013年版です。本報告書では世界のエネルギーM&A市場を概観しつつ、プレイヤーの動向や地域毎の状況について整理しています。

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー(2013年07月22日)

PwCは世界の電力や再生可能エネルギーセクターのM&A市場の動向を毎年報告しています。本レポートはその2012年版であり、2012年のM&A市場を概観するとともに、2013年の展望について述べています。

スマートコミュニティサービス

「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」日本語版(抜粋)(2013年01月13日)

PwCが米国Partnership for New York Cityと共同で発表した「Cities of Opportunity‐世界の都市力比較 2012」を抜粋和訳したものです。世界の主要27都市の都市力を分析し、傾向や特徴を把握することで、都市の成長や回復に貢献することを目的としています。

IFRS

保険会計の未来を切り開く‐最新の公開草案「保険契約」に対するPwCによる回答の要約‐(2013年11月29日)

本書は、保険会社において、より首尾一貫した、そして比較可能な報告を考案し、投資家に保険事業の価値を示す、保険契約に関する新しい基準書について論じるものです。

IFRS実務ガイド アセットマネージャーのためのIFRS10号(2012年10月01日)

この実務ガイドは、アセットマネージャーがIFRS第10号を適用するにあたって、実務的な考え方を、本人か代理人かの評価を中心に説明しています。また、基準の設例の分析やそのほかの考慮事項も紹介しています。

Industry specific IFRS packs 2011 - Energy & resources(2012年01月23日)

エネルギー・資源業界固有の実務および損益に重要な影響をもたらす今後のIFRS変更について、PwCの見解と経験を紹介し、ビジネスへの影響にどう備えるかについて支援します。

IFRSにおける賃貸仲介手数料の会計処理 - Letting Fees(2011年12月14日)

不動産業においては、仲介業者に支払われる賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当するケースが想定されます。本冊子では、特に賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当する場合の会計処理等について、実例を交えながら解説しています。

統合報告(Integrated Reporting)

統合報告の導入ガイド(2015年11月11日)

統合報告をどのように導入するか。PwCがグローバルで開発したロードマップを基に、統合報告書の作成・活用に挑戦される全ての人々に、実践的なガイダンスを紹介します。

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのか(2015年03月18日)

2014年にPwC米国が実施した、幅広い機関投資家を対象とした取締役会の現状およびあるべき姿に関する意識調査結果を取りまとめた報告書です。日本企業が取締役会のあり方や目指すべきコーポレートガバナンスを検討する上で参考となる情報を提供します。

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐明確な財務報告のためのイノベーション‐(2015年01月14日)

企業が投資家に対して明確な財務報告を行うために、企業は何を改善すべきなのか?会計方針注記、財務諸表の形式、あるいは財務業績とマネジメントコメンタリーとの関連付けについて、投資家が何を期待しているのか?PwCによるグローバル投資家サーベイの結果に基づき解説しています。

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐統合報告を活用して力強いストーリーを語る‐(2015年01月09日)

世界の投資家は企業にどのような統合報告の開示を求めているのか、経営者が現状の企業報告を改善できるポイントはどこにあるかについて、PwCがグローバルな投資家の視点・ニーズを分析・議論しています。

事業継続管理(BCM)

IT-BCPサーベイ2014(2013年12月12日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業のIT-BCPへの取り組み実態を調査した「IT-BCPサーベイ2014」を実施しました。本調査では、IT-BCPの策定、訓練・演習、点検・見直しに加え、各企業が採用している対策を調査しました。

10Minutes サプライチェーンの柔軟性(2013年06月26日)

ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果(2013年06月24日)

PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

IT-BCPサーベイ2013-情報システムの継続性維持管理の実態調査(2013年04月23日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の情報システムの継続性維持管理状況の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」を実施しました。

不動産

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 不動産の新しい動向 アジア太平洋(2015年12月28日)

本報告書は、投資家、デベロッパー、不動産会社のトップ、金融機関、仲介業者、コンサルタントなど、国際的に著名な不動産専門家の見解に基づき、アジア太平洋地域における不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の傾向について見通しを示しています。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2015 不動産の新しい動向®アジア太平洋2015(2015年12月)

2015年の本報告書は、日本を含むアジア太平洋地域における投資家、デベロッパー、不動産会社のトップ、金融機関、仲介業者、コンサルタントなど、385名を超える国際的に著名な不動産専門家の見解に基づいて作成しており、アジア太平洋地域における不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の動向に関する見通しを示しています。

Emerging Trends in Real Estate® 2014 グローバル版2014年の展望(2014年08月)

本報告書は世界の投資家の不動産市況の見通しについてまとめたもので、毎年実施しているEmerging Trends in Real Estate®調査について、今回、さらにとりまとめを行い、地域のセンチメントとグローバルな動向が概観できるものとしました。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2014 不動産の新しい動向®アジア太平洋2014(2014年01月)

本報告書は、アジア太平洋地域における不動産投資、不動産開発および金融市場の2014年の展望について、投資家、デベロッパー、不動産会社、金融機関、仲介業者、コンサルタントなどに行った聞き取りに基づき、不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の傾向について見通しを示しています。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2013 不動産市況の新しい動向 アジア太平洋2013年(日本語版)(2013年01月)

PwCとULI(非営利団体アーバンランド研究所)の共同により、不動産業界で影響力を持つ約400名のリーダーを対象にインタビューとアンケートを行った結果を基に作成された、アジア太平洋地域における2013年の不動産投資および不動産開発の展望に関するレポートです。

IFRSにおける賃貸仲介手数料の会計処理 - Letting Fees(2011年12月14日)

不動産業においては、仲介業者に支払われる賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当するケースが想定されます。本冊子では、特に賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当する場合の会計処理等について、実例を交えながら解説しています。

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第10回 不動産の公正価値の開示(2011年05月30日)

本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。不動産ファンドおよび不動産会社における評価の規定は、IFRSと日本の基準では異なります。今回は、IFRSでの投資不動産の公正価値評価および開示について解説しています。

IFRS 実務ガイド 原価モデルの固定資産会計

IFRSは、コンポーネントアプローチによる減価償却とされていますが、本資料では特に投資不動産にこのアプローチを適用する場合の実務的な論点について、Q&A方式を交えながら解説を行っています。

A practical guide to accounting for properties under construction(日本語版)(2011年01月19日)

建設中の不動産は、竣工した不動産に比べて、公正価値の算定が難しい場合があることや修正基準への移行にかかる留意事項などを説明しています。

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第9回 リース会計(3)(2011年01月19日)

本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、2010年8月にIASBとFASBが公表したリースと題される「公開草案」に基づいて、不動産ファンドの会計処理・財務諸表にどのような影響があるのか解説しています。

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第8回 リース会計(2)(2010年07月10日)

本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、2009年3月にIASBとFASBが公表した討議資料「リース予備的見解」における前半のリース取引の借り手側の処理とその後のIASBの議論について解説しています。

ED(公開草案)10号 連結財務諸表 投資会社の定義と会計処理

IFRS(いわゆる国際会計基準)の公開草案等で、資産運用業および投資業に重要な関連があると考えられるトピックについての解説を行っています。

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第7回 リース会計(1)(2010年06月20日)

本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、リースの定義・分類、オペレーティングリースの会計処理、ファイナンスリースの会計処理やIFRSにおけるリース会計の今後の予定などについて解説しています。

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第6回 固定資産の減価償却(2010年06月10日)

本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、IAS第40号「投資不動産」の規定により、原価モデルを選択した場合、IFRSと税法の規定に従った会計処理が容認されている日本基準の違いについて解説しています。

ED(公開草案)10号 連結財務諸表 投資先の連結と公正価値による評価について(2010年06月02日)

米国では、Investment Company(投資会社)という概念があり、投資会社の会計処理に関するガイダンスが定められています。当該ガイダンスに従う場合には、投資先を公正価値により評価し、連結することを要しません。他方、このような概念は現行のIFRSでは明確にされていないため、同様の概念の導入の必要性とその場合に関連する論点について検討されています。

ED(公開草案)10号 連結財務諸表 資産運用業への影響について(2010年05月28日)

資産運用では、一般的にファンドまたは顧客を依頼人としてその代理で運用を行っていると思われますが、ED10号では連結財務諸表におけるコントロール・支配に関して、依頼人(Principal)と代理人(Agent)の関係についての規定を定めています。

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第5回 固定資産の減損(2010年05月20日)

本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、日本基準とIFRSの減損方法の違い、資産のグルーピング、減損の兆候、回収可能価額の測定、減損の認識および減損損定の戻入れなどについて解説しています。

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第4回 不動産ファンドの合併(2010年05月01日)

本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、持分プーリング法とパーチェス法、のれんの会社処理、取得企業の識別、事業の定義や投資証券を取得の対価とする場合の測定日などについて解説しています。

アジア太平洋地域における不動産業界の新しい動向2010年版‐Emerging Trends in Real Estate 2010®

PwCとUL(非常李団体アーバンランド研究所)の共同による不動産業界専門家275名超との個別インタビューと、710名のアンケートへの回答結果を基に作成された、アジア太平洋地域における2010年の不動産投資および不動産開発の展望に関するレポートです。

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第3回 連結およびSPCに対するIFRSの規定(2009年10月20日)

本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関する論点についてまとめています。今回は、IFRSにおける連結の規定、IFRSにおける「支配」の概念、潜在的支配や特別目的事業体の連結などについて解説しています。

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第2回 投資不動産に対するIFRSの規定(2009年10月10日)

本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、不動産に関するIFRSの規定、投資不動産の範囲、投資不動産の認識・測定、不動産の振替および日本でのコンバージェンスの動きなどについて解説しています。

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第1回 日本基準と国際財務報告基準のコンバージェンス(2009年09月30日)

本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、日本の会計基準とIFRSのコンバージェンスに向けた動き、海外でのIFRS適用の動向、および不動産ファンドに対する影響などについて解説しています。

類似点と相違点 - 投資ファンドに関わる国際財務報告基準(IFRS)とローカル会計基準の比較(2009年09月20日)

投資ファンドに重大な影響を与える可能性のあるIFRSの重要分野を取り上げ、主要な投資運用業で現在適用されている会計の枠組みと比較して、重要な類似点および相違点を要約しました。

アジア太平洋地域における不動産業界の新しい動向2009年版‐Emerging Trends in Real Estate 2009®

PwCとUL(非常李団体アーバンランド研究所)の共同による不動産業界専門家270名超との個別インタビューと、440名超のアンケートへの回答結果を基に作成された、アジア太平洋地域における2009年の不動産投資および不動産開発の展望に関するレポートです

オペレーショナルリスク:新たな課題 世界のヘッジファンドの規制、税金と販売(2008年11月30日)

リスク管理、資産運用プロセス、評価、規制や税金など、今後、ヘッジファンド戦略で焦点が当てられることが予想される事項について解説しています。

公正価値評価に対する現状の課題 PE業界における現状の公正価値測定手法とプラクティスの見直し(2008年11月20日)

オルタナティブ投資セクター全体、特にプライイベートエクイティにとって最も注目されているトピックの1つである公正価値測定手法に関するレポートです。

このペースについて行っていますか? IFRS不動産調査-2007年調査結果の詳細(2008年11月10日)

PwCが昨年実施した2006年度財務諸表サンプルについての調査で、不動産セクターには、企業の財務諸表の透明性と比較可能性を向上する何らかの方法がまだ残っているという見解を発表しました。

変動期における差別化の追及 グローバル・プライベート・エクイティ・レポート2008年(2008年11月01日)

PwC独自の経験および主要な業界プレーヤーとの会談を基に、プライベートエクイティの将来を左右すると考えられている機会と課題について取り上げ、解説しています。

An Overview of Tender Offers in Japan[英語] [PDF 96KB](2007年06月15日)

日本では買収時の株式公開買い付けは増加傾向にありますが、日本の慣行に不慣れな人にとって、その具体的な要件については曖昧なままになっている。本報告書は日本での買収プロセスの初期ガイダンスを日本人以外に提供することを目的として作成されています。

2016

第19回世界CEO意識調査 日本分析版 変貌する世界で成功を再定義する(2016年6月24日)

PwC Japanでは、PwC世界CEO意識調査の結果をもとに、日本のCEOと世界のCEOの回答を比較・分析した日本分析版を冊子にまとめており、今回で4回目となります。

Redefining business success in a changing world‐変貌する世界で成功を再定義する‐(2016年3月4日)

PwCの「第19回世界CEO意識調査」では、経済成長に対するCEOの自信が低下する中、多面的な脅威と、関係者の期待の変化に対応するため、テクノロジーを活用して成長し続けようとする姿が浮かび上がりました。


 

第18回世界CEO意識調査 業界概要:鉱業業界(2015年07月14日)

PwCは第18回世界CEO意識調査を実施し、鉱業業界のCEOの回答の特徴や傾向を解説しています。

第18回世界CEO意識調査 業界概要:電力およびユーティリティ業界(2015年07月14日)

PwCは第18回世界CEO意識調査を実施し、電力およびユーティリティ業界のCEOの回答の特徴や傾向を解説しています。

第18回世界CEO意識調査 業界概要:石油およびガス業界(2015年07月14日)

PwCは第18回世界CEO意識調査を実施し、石油およびガス業界のCEOの回答の特徴や傾向を解説しています。

第18回世界CEO意識調査 日本分析版 境界なき市場への挑戦(2015年04月23日)

PwCが実施した「第18回世界CEO意識調査」における日本のCEO162人の回答から、日本のCEOに期待されることは、「テクノロジー」「パートナーシップ」「ダイバーシティ」を企業の成長戦略に取り入れて、イノベーションを活性化するとともに将来に向けたビジョンを策定し、ステークホルダーとの会話を通じて成長力を高めていくことであると確認できました。

第18回世界CEO意識調査 A marketplace without boundaries? 境界なき市場競争への挑戦(2015年04月22日)

PwCは今年で18回目となる世界CEO意識調査を実施し、世界のCEOのビジョンおよびビジネス判断についての分析・考察を「世界CEO意識調査」として公表しています。今年は世界77カ国、1,322人のCEOから回答を得ました。

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点(2014年11月10日)

PwCはダボス会議で発表した第17回CEO意識調査をもとに、世界のCEOがCorporate Sustainability(企業のサステナビリティ)をどのように捉えているかをまとめました。CEOがサステナビリティとその課題についてどう考え、それが企業の事業経営にとって何を意味するのかについて考察しています。

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題(2014年09月01日)

技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、こうした流れは人材マネジメントにも大きな影響を及ぼしています。グローバル企業は今後どのような課題に直面することになるのでしょうか。

レジリエンス 対応すべきリスクと戦略(2014年08月31日)

事業に大きな影響を及ぼすメガトレンドを捉え、絶え間なく変化する世界に適応するためには、レジリエンスが不可欠です。本報告書では、その一助となるべく、対応すべき課題・リスクと戦略についてまとめています。

PwC 2013年 APEC CEO意識調査 レジリエンスと成長に向けて(2014年06月26日)

PwCでは、2013年APEC CEO意識調査として、2013年6月から8月にかけてAPEC諸国・地域のビジネスリーダーを対象に調査および詳細なインタビューを行い、世界を動かしている要因と自社の成長戦略に対するビジネスリーダーたちの見方を取りまとめました。

17th Annual Global CEO Survey Japan Analysis : Fit for the future[English] [PDF 1,857KB](2014年06月24日)

第17回世界CEO意識調査(日本分析版)の、英語翻訳版です。

第17回世界CEO意識調査 日本分析版‐Fit for the future メガトレンドの中で日本企業の成長戦略を探る(2014年04月08日)

PwCが実施した「第17回世界CEO意識調査」における日本のCEO127名の回答によると、前回調査を大きく上回る8割以上のCEOが今後の業績について自信を示しています。また、日本のCEOは成長要因として、アジアを中心とする新たな地域の市場開拓を重視していることも確認できました。

17th Annual Global CEO Survey:Fit for the future [English](2014年01月22日)

PwCが実施した「第17回世界CEO意識調査」によると、世界経済が今後12カ月間に改善すると回答したCEOの割合は昨年の2倍となり、自社の収益が2014年に増加することについて「非常に自信がある」と回答したCEOは39%となりました。

第16回世界CEO意識調査 日本分析版 - レジリエントな対応力の強化(2013年03月27日)

PwCが実施した「第16回世界CEO意識調査」における日本のCEO162人の回答によると、約7割のCEOが今後の業績について自信を示しています。また、海外への展開では中国や、アジアを重視していること、サプライチェーンの多様化、ステークホルダーとして従業員や地域社会を重視する傾向が強いことが明らかになりました。

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006