再生可能エネルギーファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス

再生可能エネルギーの固定価格買取制度が2012年7月1日より施行されました。本制度によって太陽光、風力、水力、地熱およびバイオマスなどの各分野における買取価格および期間が決定されたことにより 、事業採算性評価の基礎となるキャッシュフロー予測の前提がより明確なものとなりましたPwCではさまざまな分野のチームがあり、再生可能エネルギーファンドの組成に関して多様なアドバイスを提供します。

再生可能エネルギーファンド組成に関しては多くの関係者が存在し、また組成に関する論点も多岐にわたるため、専門家の支援が必要不可欠です。
あらた監査法人にはさまざまな分野のチームがあり、再生可能エネルギーに関する広範なサービスを提供しています。再生可能エネルギーファンドの組成に関しても、ワンストップで統合的なサービスの提供が可能です。

 
 ページトップへ