PwC Japan 再生可能エネルギーソリューション

View this page in: English

PwC Japanは、PwC Japanの各法人にまたがる専門組織として「再生可能エネルギーソリューショングループ」を立ち上げました。会計・税務・アドバイザリーのプロフェッショナルによる再生可能エネルギーに特化したグループを組成することにより、再生可能エネルギーセクターに詳しい担当者がクライアントのニーズに応じて柔軟にサービスを提供することが可能です。

民間企業や自治体が再エネ事業を行う上で必要となる適切なストラクチャーの構築、モデリング、ファンドの組成、ファイナンス、官民連携(PPP)、サステナビリティ、税務対応などのアドバイザリーに強みを持っており、また電力やガスをはじめとしたエネルギー業界に所属していた担当者や、エネルギー管理士などの有資格者など、再生可能エネルギー市場に詳しい人材を有しています。このほか本分野で先行しているスペインなどでのアドバイザリー業務によって培った知識やノウハウなど、幅広い専門知識を持ったスタッフが再生可能エネルギー事業を支援します。

再生可能エネルギーソリューショングループとは

PwC Japan インフラストラクチャーグループのもと、あらた監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース税理士法人に所属する各分野の担当者により、再生可能エネルギーソリューショングループとして、2012年7月に発足 (計25名)

 
 ページトップへ