パンフレット

View this page in: English

サービス:

監査およびアシュアランス

ジョイントベンチャー監査支援~エネルギー・資源業界
あらた監査法人は、海外プロジェクトを含むエネルギー・資源業界のジョイントベンチャー監査について、PwCのグローバルネットワークを活用し、計画立案から実施まで支援することが可能です。

生産性向上設備投資促進税制への対応
あらた監査法人および税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、監査の経験、税務専門家の観点などから、「生産性向上設備投資計画申請書」に対する「公認会計士等の確認書」の発行業務を行います。

あらた監査法人 金融サービスのご案内
あらた監査法人の金融グループでは、監査・証明業務を中心として、企業再生支援、海外進出支援、リスク管理支援、規制対応・内部監査支援など、幅広いサービスを提供します。

不動産運用業のSSAE16/86号検証サービス
SSAE16検証業務は、不動産の物件売買、テナントのリーシング、残高管理を含む不動産運用業務にも対象が広がりつつあります。あらた監査法人は、不動産運用業に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

不動産運用インダストリーへのプロフェッショナルサービス
あらた監査法人(PwC)の資産運用セクターのプロフェッショナルは、国内および外資の資産運用業、信託銀行、証券会社、投資信託などのファンドの監査・アドバイザリー業務の経験を有しております。資産運用ビジネスに精通しており、求められる高いコンプライアンスを深く理解したプロフェッショナルが、クライアントが抱えているリスクや課題が財務諸表に及ぼす影響を適切に把握することを支援します。

GIPS基準準拠検証サービス
グローバル投資パフォーマンス基準(GIPS基準)は、投資パフォーマンスの公正な表示と完全な開示を確保するために定められた投資パフォーマンス提示のための倫理的な基準です。あらた監査法人(PwC)は、資産運用業界およびGIPS基準に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

プライベートエクイティ・バイアウトファンドのSSAE16/86号検証サービス
SSAE16(保証業務基準第16号)は、業務の委託を受けた受託会社が、当該受託業務に関する内部統制の整備および運用の状況について監査法人など外部の第三者のチェックを受け、委託会社に対して報告を行う、米国における基準です。あらた監査法人は、豊富な知識と経験を有するプロフェッショナルを擁し、プライベートエクイティファンドの監査を専門的に行っています。

SSAE16/86号検証サービス
SSA E16(旧SA S70)は、従来、年金の運用を受託する投資顧問会社や投資信託財産の受託者である信託銀行の業務を対象とするケースが多数でしたが、事務受任やプライシングなどのさまざまなアウトソース業務にも対象が広がりつつあります。あらた監査法人(PwC)は、資産運用業に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

財務報告アドバイス

決算期統一・決算早期化支援
あらた監査法人では、経理部門の業務プロセスに限らず、決算にかかわる他部門も含めた財務報告プロセス全体を見直して、問題点の根本的改善策を策定するとともに、検証を通じて確実な連結決算早期化達成を支援します。

グループ会計マニュアル作成支援
あらた監査法人では、日本基準のみならず、PwCのグローバルネットワークを通じて得られる米国基準、IFRSに準拠した監査および会計アドバイスサービスの幅広い知識と経験をもとに、会計マニュアルの作成ならびに財務諸表作成・経営管理体制の構築を支援します。

投資に関する社内ルール作成支援
あらた監査法人では、ビジネス意思決定への活用も視野に入れ、まずは会計マニュアルの1つとして、数値基準だけでなく実態に即した減損処理の要否判定ルールの作成を支援します。

連結財務諸表の作成支援
あらた監査法人では、連結財務諸表作成の事前準備から連結決算業務と開示資料作成までの一連の連結財務諸表作成を支援します。また、一時的な支援だけでなく、抜本的な解決に向けて、社内へのノウハウ移行と定着を行うほかに、会計システムソリューションの提供も可能です。

連結の範囲検討支援
あらた監査法人では、日本基準やIFRSの規定に照らした判断のみならず、PwCのグローバルネットワークを通じて得られる海外でのIFRS適用先行事例を活用して、連結決算に含めるべき子会社やSPE(特別目的事業体)の判定を支援します。

リース会計システム導入支援
あらた監査法人は、IFRS改訂への会計システム対応について、リース会計に関する課題識別と対応策を講じる支援、ウェブベースのアプリケーション導入に際しての有用なアドバイスなど、重要なステップの実施に際して、有用なアドバイスを提供します。

税務会計と報告の仕組み構築支援
あらた監査法人は、統合会計システム“GlobalTaxCenter(GTC)”の導入を通じて、税務会計と税務リスク管理の改善に向けた支援を行います。GTCの導入を通じて、全社的に税務情報を収集し、計算、管理する自動化された税務管理体制の構築を支援します。

クロスボーダーM&Aにかかる会計アドバイザリーサービス
PwC JapanはM&Aサービスに特化した経験豊富なプロフェッショナルを擁しており、M&A取引実行前段階から取引実行後段階まで、すべての場面において会計アドバイスを行います。また、各国の基準に精通したバイリンガルプロフェッショナルがPwCのグローバルネットワークを通じて現地チームと協働し、監査人とは異なる立場から会計アドバイスを行い、問題解決を支援します。

IFRIC12号「サービス譲与契約」について
公共インフラ事業関連プロジェクトを実施または計画している場合には、IFRS適用前からその影響を理解し準備する必要があります。あらた監査法人では、計画段階より事業計画への影響分析における会計アドバイスを行うとともに、最終的な財務諸表作成や財務報告体制整備まで支援します。

株式上場支援

株式上場支援
株式上場(IPO)にあたっては、経営管理体制整備、会計制度・監査受入態勢の整備、資本政策、税務対策などのさまざまな課題に同時並行的に対応することが求められます。あらた監査法人などで構成されるPwC Japanは、経験豊かなプロフェッショナルが緊密に連携し、株式上場におけるさまざまな課題への対応を多面的に支援します。

香港株式市場への上場支援サービス
PwC JapanはPwC香港と緊密に連携をとりながら、香港株式市場への上場に当たっての課題の把握に関する支援や申請書類の作成、また、財務諸表監査や税務に関する支援など、PwCのグローバルネットワークにより、上場に向けた課題をさまざまな面から支援します。

韓国株式市場への上場支援サービス
PwC JapanはPwC香港と緊密に連携をとりながら、韓国株式市場への上場に当たっての課題の把握に関する支援や申請書類の作成、また、財務諸表監査や税務に関する支援など、PwCのグローバルネットワークにより、上場に向けた課題をさまざまな面から支援します。

シンガポール株式市場への上場支援サービス
PwC JapanはPwCシンガポールと緊密に連携をとりながら、シンガポール株式市場への上場に当たっての課題の把握に関する支援や申請書類の作成、また、財務諸表監査や税務に関する支援など、PwCのグローバルネットワークにより、上場に向けた課題をさまざまな面から支援します。

台湾株式市場への上場支援サービス
PwC JapanはPwC台湾と緊密に連携をとりながら、上場に当たっての課題の把握に関する支援や申請書類の作成、また、財務諸表監査や税務に関する支援など、PwCのグローバルネットワークにより、上場に向けた課題をさまざまな面から支援します。

ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス

金融市場におけるインデックス/ベンチマーク検証サービス
LIBORなどの不正操作事案に発生を受けて、インデックスやベンチマークの重要性および脆弱性が浮き彫りになりました。この結果、規制当局および関係当局によって詳細な管理・統制要件が規定されており、インデックスおよびベンチマーク自主規制は間もなく終焉を迎えようとしています。

グローバル贈収賄コンプライアンスに関するPwCのアドバイザリーサービス
あらた監査法人などで構成されるPwC Japanは、各国のPwCとも効果的に連携し、グローバルベースで対応が必要な贈収賄コンプライアンスについて、態勢構築から不正調査の実行に至るまでさまざまな面からサポートすることが可能です。

政府系/官民ファンドの組成に向けたアドバイザリーサービス
あらた監査法人などで構成されるPwC Japanでは、今後、ますます重要性が増すと考えられる政府系/官民ファンドに対し、ファンドスキームの検討、ガバナンス・組織体制の整備をはじめ、各種アドバイザリーサービスを提供しています。

iGRC 内部統制・リスク管理・コンプライアンスにおける統合管理態勢の構築支援
企業における内部統制・リスク管理・コンプライアンスは、管理における業務負担や複雑性の終わりなき増大傾向に対応すべく、業務プロセスの改善と一体となった内部統制・リスク管理・コンプライアンスの統合管理が求められています。あらた監査法人では、クライアント企業のGRCにおける統合管理体制の構築を支援します。

ディールアドバイザリー

事業分離の実行支援 ~ カーブアウトを通じた価値最大化に向けて
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、会社分割や事業分離・事業売却(カーブアウト、スピンオフ)に伴う、分離対象の事業モデルの策定支援、TSA締結支援を含むスタンドアローンでの事業運営の不確定要素の低減を通じた、売却価値を意識したカーブアウトサービスを提供しています。

クロスボーダー M&Aサービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、M&Aサービスに特化した経験豊富なプロフェッショナルが、PwCグローバルネットワークを活用し、クライアント企業のクロスボーダーM&Aの迅速、かつ効果的な実施を支援します。

Taking Control ~買収後のリスクを速やかに解消していくためのコントロールの確立~
プライスウォーターハウスクーパース株式会社の方法論である「Taking Control」は、買収先企業に対するコントロール権を確立し、ポストM&Aを成功に導きます。

出口戦略最適化サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社の出口戦略最適化サービスは、多くの専門分野を包括するアプローチにより、株主価値の最大化と再投資のための早期資金化という目標を実現します。

フォレンジックサービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社におけるフォレンジックサービスは、不正調査をはじめとする事実調査、係争支援、規制監督当局への対応支援やデータ保全・分析、ライセンスマネジメントを含む広範なサービスを提供しています。

コンサルティング

ストラテジー

BoPインクルーシブ・ビジネス支援
BoP層をバリューチェーンに組み込むことで、社会課題の解決と経済的利益を両立する BoPインクルーシブビジネスへの参画が相次いでいます。PwC Japanは各国のPwCと、各国政府、国際機関、研究機関等とのネットワークを活用し、BoPインクルーシブビジネスに必要なサービスを提供します。

オペレーションズ

直接材調達コスト管理テンプレート
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、統合的なPDCAによる調達コスト低減進捗の見える化、調達統制強化を実現する「直接材調達コスト管理テンプレート」により、調達改革を支援します。

PwC ソーシャル・インサイト・プラットフォーム
FacebookやTwitterなど、ソーシャルメディアの利用者数は急速に拡大しており、その情報をいかにビジネスに活かすかが重要になってきています。プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、B2C企業がソーシャルメディア上の市場の声をいち早く経営・事業運営に反映するための意思決定を支援します。

ファイナンス&アカウンティング

会計システムの再構築
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、会計システムの再構築を IFRS対応のみならず、経営・業務改革の実現とグループ経営管理の高度化のチャンスと捉えています。構想から設計・開発、導入、定着化まで一貫したグローバルの方法論(Transform)を有し、PwCグローバルネットワークを活用したサービスを提供できる点も大きな特長です。

グループ経営管理の高度化
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、会計システムの再構築を IFRS対応のみならず、経営・業務改革の実現とグループ経営管理の高度化のチャンスと捉えています。構想から設計・開発、導入、定着化まで一貫したグローバルの方法論(Transform)を有し、PwCグローバルネットワークを活用したサービスを提供できる点も大きな特長です。

予算管理改革
企業にとって、より高い業績を達成し、企業価値を向上することは最重要かつ永遠のテーマであるといえます。プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、これまでの豊富な経験とノウハウを活かし、予算管理変革支援サービスを提供しています。

ビジネスインテリジェンス(BI:Business Intelligence)構築
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は業務とシステムの両面から、あるべきビジネスインテリジェンス(BI)の構想策定、ツールの選定、導入、定着化まで一貫したサービスを提供することが可能です。スピーディな要件整理や設計だけでなく、部門間調整やチェンジマネジメント、トータルコストの削減など、経験に裏付けされたプロジェクトマネジメントにより、BIの構築を支援します。

コストマネジメント再構築
グローバル化、製品ライフサイクルの短縮化、それに伴う価格競争の激化といった経営環境の変化の下、コストマネジメント(原価計算・原価管理)の重要性が増してきています。プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、コスト競争力の強化に直結するコストマネジメントの再構築を支援します。

経理業務プロセスの全体の効率化
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、経理業務プロセスの効率化を、コスト、スピード、品質の3つの側面から検討し、企業の経営強化に資する最良のアプローチを提供します。

ファイナンス&アカウンティング
プライスウォーターハウスクーパース株式会社の「ファイナンス&アカウンティング」コンサルティングは、経理・経営管理部門のあるべき姿の構想策定から制度構築、業務プロセス改革、情報システムの再構築、定着化までのトータルソリューションを提供し、企業グループの中長期の発展を強力に支援します。

組織再編後の業務統合(PMI:Post Merger Integration)
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、統合・再編の実行実務の支援とともに、ガバナンス体制や経営管理体制の整備、情報システムの統合、およびこれら統合時のプロジェクトをトータルで管理するプログラム・マネジメント・オフィス(PMO)など、戦略策定から実行段階まで幅広い支援を行います。

シェアード・サービス・センター設立
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、シェアード・サービス・センター(SSC)を、間接業務のコストを削減し、業務のスピード・品質を向上させるための仕組みであると同時に、企業グループ全体で最適な施策を実現するための基盤であると捉えています。

人事・チェンジマネジメント

グローバル・マネジメント・サーベイ
プライスウォーターハウスクーパース株式会社が提供するグローバル・マネジメント・サーベイは、欧米系多国籍企業が実施している全世界従業員調査を可能にするWebベースの経営状況診断ツールです。

グローバル・ピープル・サーベイ
プライスウォーターハウスクーパース株式会社が提供するグローバル・ピープル・サーベイは、欧米系多国籍企業が実施している全世界従業員調査を可能にするWebベースの調査です。調査は58の質問項目から構成され、通常の満足度調査に加えてバランススコアカード(BSC)のフレームワークで、従業員の所属する拠点の経営課題を従業員の視点から可視化します。

テクノロジー

サイバー犯罪への耐性強化サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社のサイバー犯罪への耐性強化サービスは、情報セキュリティに関する戦略・計画立案から体制・ルール整備、インテグレーション、教育・監査まで、サイバー犯罪に対応するための総合的なサービスを提供します。

事業継続管理支援サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社のBCM支援サービスは、戦略的なリスクマネジメントの観点から、業務中断リスクの洗い出し、BIA(事業影響度分析)、ITディザスターリカバリー、業務復旧戦略立案、BCP(事業継続計画)策定、インシデントレスポンスなど、企業やサプライチェーン、公共機関、地域社会などにおけるBCMを幅広く支援するものです。

ITディザスターリカバリー支援サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の事業継続性を確保するため、自然災害やシステム障害など、不測の事態における情報システムの対応計画および手順の策定、データセンター選定・移転/バックアップセンター構築など、情報システムの信頼性を高める施策の検討をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

BusinessDrivenSOAの適合性診断サービス
SOAとは、一般的にシステムアーキテクチャとして認識されています。プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、BPMの活動を通して、ビジネスプロセスの可視化および最適化を行い、ビジネスに適したシステム基盤をSOAにて実現することで、ビジネスとITのより密な融合を実現します。

エンタープライズサーチ(企業内情報検索プラットフォーム)活用によるビジネスイノベーションの実現
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、ビジネス・IT両方の視点から、エンタープライズサーチを効果的に活用した、戦略的な情報活用によるビジネスイノベーションの実現を支援します。

アイデンティティ&アクセス管理
長期的な経営戦略と整合性が確保され、ビジネス環境の変化に柔軟かつ迅速に対応できる基盤の構築と、それらを支えるアイデンティティ&アクセス管理の実現をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

税務

法人税

生産性向上設備投資促進税制への対応
あらた監査法人および税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、監査の経験、税務専門家の観点などから、「生産性向上設備投資計画申請書」に対する「公認会計士等の確認書」の発行業務を行います。

実効税率マネジメントサービス
税務リスクマネジメントを実行しつつ、実効税率低減の機会を生かす税務管理手法である実効税率マネジメントを紹介します。

減価償却費の損金算入
減価償却費にかかわるキャッシュフロー上のインパクトを税務の観点から考察し、減価償却費等の費用を早期に計上することでキャッシュフローを増やすことも重要です。

役員報酬の損金算入
PwCは、役員報酬の支給内容や支給形態の分析・対応策についての提案や、ストックオプション設計に関するアドバイスを行っています。役員報酬の適切な損金算入額増加の適用を受けるためのお手伝いをいたします。

ストックオプション制度の導入
ストックオプションを、従業員または役員に対してインセンティブとして付与する事例が増加しています。金銭によって報酬を支払った場合と比べると、ストックオプション制度を導入することによりメリットを享受できます。

連結納税

連結納税制度支援サービス
税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、タックスマネジメントとしての連結納税制度の活用として、導入から実行までを支援します。

連結納税制度を採用することのメリット
税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、数々の企業グループの連結納税の導入をお手伝いしてまいりました。この経験に基づき、企業グループの具体的な連結納税の利用可能性や、連結納税制度を採用することのメリットについて、検討をサポートします。

連結納税制度と税効果会計
税理士法人プライスウォーターハウスクーパースでは、蓄積されたノウハウに基づき、連結納税にかかわる税効果会計について、企業グループの具体的な現状を踏まえた計算プロセスの確立・計算結果のレビュー等、テーラーメードの支援を行っております。

移転価格コンサルティング

移転価格文書作成支援サービス
税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは海外事業展開を行う日本企業の移転価格課税リスクに備えるための移転価格文書整備を支援します。

事前確認制度(APA)
事前確認制度(APA)の必要性を検討した上で、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、効果的な事前確認制度(APA)取得のためのアドバイスを提供いたします。

移転価格調査対応
移転価格調査対応について、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは豊富な経験と実績を有しています。私たちは、移転価格調査に立ち会い、税務当局との折衝を行います。

中国の移転価格税制とその執行
税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、移転価格調査による更正後の日中相互協議、日中間の二国間APA(事前確認)等の支援に豊富な経験を有しています。中国における移転価格税制に企業が的確に対応できるよう、企業のニーズにあわせたコンサルティングサービスを提供しています。

移転価格調査による課税後対応
税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、移転価格税制による課税(更正)を受けた場合の対応策としての相互協議の申立てや異議申立て・審査請求等のいずれが適正かについて、アドバイスを提供します。

移転価格リスク評価・ドキュメンテーション(文書化)の作成
税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、移転価格リスクを評価・分析するとともに、移転価格ドキュメンテーションの作成(文書化)を支援します。国外関連取引について、取引当事者の機能・リスクを分析し、所在国の市場環境等を考慮した上で、適切な移転価格算定方法に基づく独立企業間価格を算定します。

中国ビジネス支援

中国子会社への支援費(本社費)回収
中国子会社への支援費(本社費)は、適切に請求していますか?

中国子会社の財務リスクマネジメント
中国子会社、特に中国合併企業の場合の財務・会計のリスク管理は重要です。財務調査が必要とされた場合、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースの中国の会計・税務プロフェッショナルは、調査の検討をサポートいたします。

中国のPE課税リスクへの対応
中国ではPE(Permanent Establishment;恒久的施設)課税リスクが高まっています。PE課税リスクの事前分析と適切・迅速な対応が不可欠です。税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、業務スキーム策定から日本の税務処理までサポートいたします。

金融ビジネス

金融機関に対する税務コンサルティングサービス
私たちは最先端の金融ストラクチャリングに日々接しているプロフェッショナルスタッフを有し、国内外のPwCにおけるファイナンシャル サービス チームと緊密に連携し、付加価値の高いコンサルティングサービスを提供しています。

ファンドに関する税務コンサルティング サービス
プライベート エクイティ ファンド等のファンドの新規設立や既存ファンドによる新規の投資に対し、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは税務面でサポートします。

不動産投資スキームに関する税務コンサルティングサービス
不動産流動化・証券化に関する数多くの案件に対し、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースはアドバイスを提供しています。匿名組合や特定目的会社の組成等、投資スキームに応じたストラクチャーの提案を始め、その運営に関するきめ細かいサービスの提供が可能です。

トランザクション/M&A ・組織再編

クロスボーダー投資および買収に係るM&A税務アドバイザリーサービス
本邦税制だけでなく海外税制も考慮した税務効率的なクロスボーダー投資ストラクチャーを構築できていますか?

国内買収および経営統合に係るM&A税務アドバイザリーサービス
日本国内における買収や経営統合においても、本邦税制だけではなく海外子会社所在地国における税務問題も考慮していますか?

グループ内再編にかかわる組織再編税制アドバイザリーサービス
組織再編税制等に関する税務当局による否認は、取締役の責任問題につながる可能性があります。

事業再生

再生企業のM&A
税理士法人プライスウォーターハウスクーパースでは、数々の事業再生手法を税務面から熟知した経験豊富な再生税務のプロフェッショナルが税務コストの最適化を図り、再生企業のM&Aの成功を税務面からサポートします。

事業再生支援
事業再生を行う企業にとって、実効性のある再建計画を早期に立案し、適切なタイミングで実行に移すことは、最重要課題です。税理士法人プライスウォーターハウスクーパースでは、経験豊富な再生税務のプロフェッショナルは、企業の再建計画の成功を税務面からサポートします。

消費税

輸入消費税等のリカバリー相談サービス
輸入消費税は保税地域からの外国貨物の引取りにつき課されます。誰が仕入税額控除を行うことができるのかを正しく理解しないと、消費税の取り扱いでトラブルが発生しがちです。税理士法人プライスウォーターハウスクーパースの消費税に精通したプロフェッショナルにご相談ください。

企業グループ再編時の消費税関連サービス
企業グループにおける再編では、消費税の計算に多額の差異を生じる場合があります。特に、簡易課税の適用が可能である点等が看過されがちであるため、適切なプランニングが必要です。

関税プランニング

税関事後調査サポート
輸入申告価格へ加算すべき要素の事前把握や、売買取引価格以外に加算要素がある場合、輸入事後調査への適切な対応が重要です。PwCの関税専門チームは、事案に応じてサポートいたします。

関税マネジメント
関税は製造・仕入原価の一部となりその直接的な把握と検討が十分に行われていない場合があります。適切なリスクマネジメントの観点から関税コストを分析する必要があります。

輸出管理サポート
私たちは、企業における輸出管理体制の構築、輸出管理社内規程(CP)の制定および届出から輸出許可取得のための書類整備および交渉サポートに至るまで、輸出管理に係る包括的なサービスの提供をしています。

米国アンチダンピング税率見直審査請求
アンチダンピング税による負担の軽減を行うにあたり、PwCは米国の弁護士事務所と連携し、獲得が予測される「生産者税率」の算出から当局との交渉まで包括的なサービスを提供しています。

プライベート ウェルス サービス

事業承継総合診断サービス
貴社の課題を総合的かつ迅速に洗い出し、解決にむけた方向性を示します。

事業継承総合支援サービス
事業承継では、単に企業オーナーが保有する株式の移転にかかわる相続税だけが問題となるわけでなく、会社経営に影響を及ぼすさまざまな問題が存在します。税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、それらの問題を総合的に解決するためのサポートを行います。

オーナー企業向け総合支援サービス
オーナー企業の皆様が抱える多様な税務問題に対して、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースのノウハウ、人材、そして国際的なネットワークで対応します。

富裕層向け資産税サービス
財産の運用や移転等に伴う資産税に関する諸問題に対応します。

個人所得税

来日外国人の個人所得税支援
税務と国際間の人員派遣の人事施策をワンストップでサポートします。

グローバルモビリティ総合支援プログラム
日本から多数の国に派遣されている駐在員のビザ対応と税務問題を一手にお引き受けします。

ビザ イミグレーション サービス
国際的な人事異動や外国人の雇用において、適正な就労許可を取得するための事務負担は、思いのほか煩雑です。

海外長期出張者にかかる個人所得税支援
長期出張者が派遣先国で所得税を課される場合、日本での税務についても考慮が必要な点をご存知ですか?

グローバル化支援/新興国展開戦略支援

新興国展開戦略支援サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、日本企業の新興国における事業展開を強力に支援するため、「新興国展開戦略支援室」を設置しています。

事業分離の実行支援 ~ カーブアウトを通じた価値最大化に向けて
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、会社分割や事業分離・事業売却(カーブアウト、スピンオフ)に伴う、分離対象の事業モデルの策定支援、TSA締結支援を含むスタンドアローンでの事業運営の不確定要素の低減を通じた、売却価値を意識したカーブアウトサービスを提供しています。

クロスボーダー M&Aサービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、M&Aサービスに特化した経験豊富なプロフェッショナルが、PwCグローバルネットワークを活用し、クライアント企業のクロスボーダーM&Aの迅速、かつ効果的な実施を支援します。

サステナビリティ

PwC Japanサステナビリティサービス
PwC Japanのサステナビリティサービスは、各国における先進的な取り組みを行っているクライアントニーズへの対応はもちろん、国際的なサステナビリティトレンドあるいはガイドラインに対応した最新情報に基づく適確なサービスを提供しています。

電力システム改革支援

電力システム改革 シナリオプランニング
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力システム改革において、起こりうる可能性のある複数のシナリオを作成、検討した上で戦略を策定し、意思決定の質を高める「シナリオプランニング」という手法を取り、支援します。

英国電力市場改革と発送電分離
PwCは、英国電力公社の民営化以来、英国政府を支援してきました。世界で最初に電力市場改革を実施したPwC英国の事例を基に改革のロードマップを明らかにし、将来における電力市場への参加者が備えるべき要件を読み解きます。

再生可能エネルギー

PwC Japan 再生可能エネルギーソリューション
固定価格買取制度により発展が期待される再生可能エネルギービジネスについて、PwC Japanが提供するトータルサービス(会計・監査・税務・ファンド・プロジェクトマネジメントなど)をご案内します。

再生可能エネルギー事業 セカンダリーマーケット支援サービス
発電事業の売却をお考えの発電事業者の方ならびに発電事業取得を希望する投資家に向けて、事業性分析・事業価値の評価ならびに売却価格妥当性の検証など、セカンダリーマーケットに関するサービスをワンストップで提供します。

インフラファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス
インフラファンド組成には、継続的な投資案件の創出、投資対象の適切な評価、投資家からの資金導入のための最適なスキーム立案など課題、論点が多岐にわたります。PwCのさまざまな分野の専門知識をもったプロフェッショナルが、インフラファンドの組成に関する多様な課題を解決するために、ワンストップで統合的なサービスを提供します。

再生可能エネルギーファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が、2012年7月1日より施行され、本制度によって太陽光、風力、水力、地熱およびバイオマスなどの各分野における買取価格および期間が決定されたことにより、事業採算性評価の基礎となるキャッシュフロー予測の前提がより明確なものとなりました。PwCではさまざまな分野のチームがあり、再生可能エネルギーファンドの組成に関して多様なアドバイスを提供します。

IFRS

IFRS関連サービス - 決算期統一と決算早期化支援サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、海外に拠点を持つグローバル企業を対象に、IFRS適用に伴う決算期統一と決算早期化を支援します。

IFRS関連サービス - 連結決算・グループ経営管理の高度化支援サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、グループの総合力を動員し、財務(制度)連結と管理連結双方の側面から、連結決算業務・システムのIFRS対応を支援します。

IFRS関連サービス - Oracle EBSでのシステム対応支援サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、IFRSの影響分析結果を踏まえて、IFRS対応以外の経営課題・システム課題に対応するためのロードマップ案を描き、対応の実現までをトータルで支援します。

IFRS関連サービス - SAPでのシステム対応支援サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、SAPを既に導入している企業をはじめ、これから新規導入やグループ会社展開を検討している企業を対象に、IFRS対応に伴うSAP改修・導入を支援します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 今、何をすべきか
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、国内外の金融機関への豊富なIFRS対応支援の実績と金融業界への深い知見と洞察力により、日本の金融機関に最適な影響分析サービスを提供し、IFRSの動向を見据えた柔軟かつ実現可能性の高いIFRS導入計画を提案します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 豊富な事例が生んだIFRS対応方法論
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、国内外の数多くの金融機関へのIFRS対応事例を基とした方法論-例えば、金融機関におけるIFRS仕訳の要件定義のテンプレート-を活用し、金融機関ごとに異なる内外の環境を踏まえた柔軟なIFRS導入支援サービスを提供します。

Stay informed Informにようこそ
Informは、IFRSに関する専門的な情報を提供するウェブサイト(一部会員制)で、実務で必要となる情報を総合的に提供しています。ニュース、PwCによる最新トピックスの解説資料やIFRS基準書全文など、IFRSに関連する情報に24時間いつでもアクセスすることが可能です。

業種:

金融サービス

あらた監査法人 金融サービスのご案内
あらた監査法人の金融グループでは、監査・証明業務を中心として、企業再生支援、海外進出支援、リスク管理支援、規制対応・内部監査支援など、幅広いサービスを提供します。

PwC Japan金融サービスのご案内
PwC Japanは、金融機関の成長戦略を支援するとともに、コンプライアンスやリスク管理などの経営課題への対処を支援するために、監査、アドバイザリー、税務の専門家が相互に連携してサービスを提供します。

金融機関を支える経営管理ソリューション
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、金融機関の取り組みを支援すべく、会計やリスク、経営管理に関する多数の経験や実績を基に、情報システムを支える幅広いサービスを提供します。

不動産投資スキームに関する税務コンサルティングサービス
不動産流動化・証券化に関する数多くの案件に対し、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースはアドバイスを提供しています。匿名組合や特定目的会社の組成等、投資スキームに応じたストラクチャーの提案を始め、その運営に関するきめ細かいサービスの提供が可能です。

ファンドに関する税務コンサルティング サービス
プライベート エクイティ ファンド等のファンドの新規設立や既存ファンドによる新規の投資に対し、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは税務面でサポートします。

金融機関に対する税務コンサルティングサービス
私たちは最先端の金融ストラクチャリングに日々接しているプロフェッショナルスタッフを有し、国内外のPwCにおけるファイナンシャル サービス チームと緊密に連携し、付加価値の高いコンサルティングサービスを提供しています。

銀行・証券

金融市場におけるインデックス/ベンチマーク検証サービス
LIBORなどの不正操作事案に発生を受けて、インデックスやベンチマークの重要性および脆弱性が浮き彫りになりました。この結果、規制当局および関係当局によって詳細な管理・統制要件が規定されており、インデックスおよびベンチマーク自主規制は間もなく終焉を迎えようとしています。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 今、何をすべきか
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、国内外の金融機関への豊富なIFRS対応支援の実績と金融業界への深い知見と洞察力により、日本の金融機関に最適な影響分析サービスを提供し、IFRSの動向を見据えた柔軟かつ実現可能性の高いIFRS導入計画を提案します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 豊富な事例が生んだIFRS対応方法論
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、国内外の数多くの金融機関へのIFRS対応事例を基とした方法論-例えば、金融機関におけるIFRS仕訳の要件定義のテンプレート-を活用し、金融機関ごとに異なる内外の環境を踏まえた柔軟なIFRS導入支援サービスを提供します。

資産運用

ファンドのバーゼル規制対応
あらた監査法人(PwC)では、ファンドの実務およびバーゼル規制に精通した経験豊富なプロフェッショナルが多数所属しており、バーゼル規制関連のニーズに対して幅広いサービスを提供します。

資産運用インダストリーへのプロフェッショナルサービス
あらた監査法人の資産運用セクターのプロフェッショナルは、国内および外資の資産運用会社、信託銀行、投資信託などのファンドの監査・アドバイザリー業務の経験を豊富に有しています。資産運用ビジネスに精通し、求められる高いコンプライアンスを深く理解したプロフェッショナルが、クライアントの直面するリスクや課題に適切なソリューションを提供します。

不動産運用業のSSAE16/86号検証サービス
SSAE16検証業務は、不動産の物件売買、テナントのリーシング、残高管理を含む不動産運用業務にも対象が広がりつつあります。あらた監査法人は、不動産運用業に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

不動産運用インダストリーへのプロフェッショナルサービス
あらた監査法人(PwC)の資産運用セクターのプロフェッショナルは、国内および外資の資産運用業、信託銀行、証券会社、投資信託などのファンドの監査・アドバイザリー業務の経験を有しております。資産運用ビジネスに精通しており、求められる高いコンプライアンスを深く理解したプロフェッショナルが、クライアントが抱えているリスクや課題が財務諸表に及ぼす影響を適切に把握することを支援します。

GIPS基準準拠検証サービス
グローバル投資パフォーマンス基準(GIPS基準)は、投資パフォーマンスの公正な表示と完全な開示を確保するために定められた投資パフォーマンス提示のための倫理的な基準です。あらた監査法人(PwC)は、資産運用業界およびGIPS基準に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

年金資産の運用管理にかかわるアドバイザリーサービス
あらた監査法人には、年金資産を含んだ資産運用に関する監査、内部統制・会計アドバイザリーおよび金融資産の評価などに関する経験豊富なプロフェッショナルが所属しており、年金資産の運用管理に対して多様なサービスを提供しています。

プライベートエクイティ・バイアウトファンドのSSAE16/86号検証サービス
SSAE16(保証業務基準第16号)は、業務の委託を受けた受託会社が、当該受託業務に関する内部統制の整備および運用の状況について監査法人など外部の第三者のチェックを受け、委託会社に対して報告を行う、米国における基準です。あらた監査法人は、豊富な知識と経験を有するプロフェッショナルを擁し、プライベートエクイティファンドの監査を専門的に行っています。

SSAE16/86号検証サービス
SSA E16(旧SA S70)は、従来、年金の運用を受託する投資顧問会社や投資信託財産の受託者である信託銀行の業務を対象とするケースが多数でしたが、事務受任やプライシングなどのさまざまなアウトソース業務にも対象が広がりつつあります。あらた監査法人(PwC)は、資産運用業に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

インフラファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス
インフラファンド組成には、継続的な投資案件の創出、投資対象の適切な評価、投資家からの資金導入のための最適なスキーム立案など課題、論点が多岐にわたります。PwCのさまざまな分野の専門知識をもったプロフェッショナルが、インフラファンドの組成に関する多様な課題を解決するために、ワンストップで統合的なサービスを提供します。

再生可能エネルギーファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が、2012年7月1日より施行され、本制度によって太陽光、風力、水力、地熱およびバイオマスなどの各分野における買取価格および期間が決定されたことにより、事業採算性評価の基礎となるキャッシュフロー予測の前提がより明確なものとなりました。PwCではさまざまな分野のチームがあり、再生可能エネルギーファンドの組成に関して多様なアドバイスを提供します。

保険

保険業界へのプロフェッショナルサービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、長年にわたり蓄積された保険業界に関する知識やノウハウを活かし、あらゆる局面で保険業界を支援します。

エネルギー

電力システム改革 シナリオプランニング
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力システム改革において、起こりうる可能性のある複数のシナリオを作成、検討した上で戦略を策定し、意思決定の質を高める「シナリオプランニング」という手法を取り、支援します。

英国電力市場改革と発送電分離
PwCは、英国電力公社の民営化以来、英国政府を支援してきました。世界で最初に電力市場改革を実施したPwC英国の事例を基に改革のロードマップを明らかにし、将来における電力市場への参加者が備えるべき要件を読み解きます。

PwC Japan 再生可能エネルギーソリューション
固定価格買取制度により発展が期待される再生可能エネルギービジネスについて、PwC Japanが提供するトータルサービス(会計・監査・税務・ファンド・プロジェクトマネジメントなど)をご案内します。

再生可能エネルギー事業 セカンダリーマーケット支援サービス
発電事業の売却をお考えの発電事業者の方ならびに発電事業取得を希望する投資家に向けて、事業性分析・事業価値の評価ならびに売却価格妥当性の検証など、セカンダリーマーケットに関するサービスをワンストップで提供します。

ジョイントベンチャー監査支援~エネルギー・資源業界
あらた監査法人は、海外プロジェクトを含むエネルギー・資源業界のジョイントベンチャー監査について、PwCのグローバルネットワークを活用し、計画立案から実施まで支援することが可能です。

テクノロジー

サイバー犯罪への耐性強化サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社のサイバー犯罪への耐性強化サービスは、情報セキュリティに関する戦略・計画立案から体制・ルール整備、インテグレーション、教育・監査まで、サイバー犯罪に対応するための総合的なサービスを提供します。

事業継続管理支援サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社のBCM支援サービスは、戦略的なリスクマネジメントの観点から、業務中断リスクの洗い出し、BIA(事業影響度分析)、ITディザスターリカバリー、業務復旧戦略立案、BCP(事業継続計画)策定、インシデントレスポンスなど、企業やサプライチェーン、公共機関、地域社会などにおけるBCMを幅広く支援するものです。

ITディザスターリカバリー支援サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の事業継続性を確保するため、自然災害やシステム障害など、不測の事態における情報システムの対応計画および手順の策定、データセンター選定・移転/バックアップセンター構築など、情報システムの信頼性を高める施策の検討をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

BusinessDrivenSOAの適合性診断サービス
SOAとは、一般的にシステムアーキテクチャとして認識されています。プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、BPMの活動を通して、ビジネスプロセスの可視化および最適化を行い、ビジネスに適したシステム基盤をSOAにて実現することで、ビジネスとITのより密な融合を実現します。

エンタープライズサーチ(企業内情報検索プラットフォーム)活用によるビジネスイノベーションの実現
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、ビジネス・IT両方の視点から、エンタープライズサーチを効果的に活用した、戦略的な情報活用によるビジネスイノベーションの実現を支援します。

アイデンティティ&アクセス管理
長期的な経営戦略と整合性が確保され、ビジネス環境の変化に柔軟かつ迅速に対応できる基盤の構築と、それらを支えるアイデンティティ&アクセス管理の実現をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

インフラストラクチャー

英国電力市場改革と発送電分離
PwCは、英国電力公社の民営化以来、英国政府を支援してきました。世界で最初に電力市場改革を実施したPwC英国の事例を基に改革のロードマップを明らかにし、将来における電力市場への参加者が備えるべき要件を読み解きます。

電力システム改革 シナリオプランニング
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力システム改革において、起こりうる可能性のある複数のシナリオを作成、検討した上で戦略を策定し、意思決定の質を高める「シナリオプランニング」という手法を取り、支援します。

IFRIC12号「サービス譲与契約」について
公共インフラ事業関連プロジェクトを実施または計画している場合には、IFRS適用前からその影響を理解し準備する必要があります。あらた監査法人では、計画段階より事業計画への影響分析における会計アドバイスを行うとともに、最終的な財務諸表作成や財務報告体制整備まで支援します。

官公庁・公的機関

政府系/官民ファンドの組成に向けたアドバイザリーサービス
あらた監査法人などで構成されるPwC Japanでは、今後、ますます重要性が増すと考えられる政府系/官民ファンドに対し、ファンドスキームの検討、ガバナンス・組織体制の整備をはじめ、各種アドバイザリーサービスを提供しています。

公的機関へのプロフェッショナルサービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は戦略策定・行財政改革・事業再生・地域再生・官民連携・ITソリューションなどさまざまな角度から政府・公的機関の活動を支援します。

ヘルスケア

病院経営の総合支援-成果の実現に向けて
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、医療機関を対象に提供している「病院経営支援サービス」に3つの新メニューを導入し、現役医師との連携のもと、医療機関の経営改善を総合的に支援します。

PwC Japan

PwC Japan Profile[PDF 593KB]
PwC Japanは、あらた監査法人、京都監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース、およびそれらの関連会社の総称です。各法人はPwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファーム、またはその指定子会社であり、それぞれ独立した別法人として業務を行っています。

PwC Japan Profile

あらた監査法人

あらた監査法人 法人案内[PDF 998KB]
あらた監査法人は、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務を、わが国の市場環境に適した形で提供しています。
さらに、国際財務報告基準(IFRS)の導入、財務報告にかかわる内部統制、また株式公開に関する助言など、幅広い分野でクライントを支援しています。

あらた監査法人 法人案内

プライスウォーターハウスクーパース株式会社

プライスウォーターハウスクーパース株式会社 法人案内
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、ディールアドバイザリーとコンサルティングサービスを提供する国内最大規模のコンサルティングファームです。
M&Aや事業再生・再編の専門家であるディールアドバイザリー部門と経営戦略の策定から実行まで総合的に取り組むコンサルティング部門が連携し、クライアントにとって最適なソリューションを提供しています。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社 法人案内

税理士法人プライスウォーターハウスクーパース

税理士法人プライスウォーターハウスクーパース法人案内[PDF 5,098KB]
税理士法人プライスウォーターハウスクーパースは、PwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファームです。公認会計士、税理士等約500人を有する日本最大級のタックスアドバイザーとして、法人・個人の申告をはじめ、金融・不動産関連、移転価格、M&A、事業再編、国際税務、連結納税制度等、幅広い分野において税務コンサルティングを提供しています。

税理士法人プライスウォーターハウスクーパース法人案内

 

PwC Japanの各法人は、主に以下のサービスを提供しています。PwC Japanの各法人はPwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファーム、またはその指定子会社であり、それぞれ独立した別法人として業務を行っています。

 ページトップへ