パンフレット

View this page in: English

※ここに掲載されている情報は掲載時のものです。

監査およびアシュアランス

データアナリティクスサービス

競争の激化、不確実性の高まる環境の下、リスクを能動的に捉え事業機会の獲得することが期待されています。PwCあらた有限責任監査法人は、意思決定を高度化するため最新のテクノロジーを適用するサービスを提供しています。

ケイマン籍ファンドの監査サービス

日本の機関投資家や投資信託にとって、Cayman Island Unit Trustをはじめとするケイマン籍ファンドは重要な投資対象として位置付けられており、その重要度はますます増しています。ケイマン籍ファンドの多くは外国監査法人によって監査がなされてきましたが、PwCあらた有限責任監査法人はPwCのグローバルネットワークと連携しながら、ケイマン籍ファンドに対する監査サービスを提供しています。

戦略的リスクレジリエンス

想定外のリスクや環境変化に柔軟に対応できるよう、リスクレジリエンスの強化に注目が集まってきています。PwCあらた監査法人では、幅広い知見と課題解決力を用いて、効率的かつ効果的にレジリエンス強化を支援します。

Jリート関連サービス

Jリート市場は、近年、新規銘柄の上場が相次いでいます。PwCあらた監査法人を含むPwC Japanは、Jリートの上場に対して豊富な経験を有しており、種々のサービスの提供が可能です。

海外税務リスク管理ツール‐Tax Operations Manager

PwCは海外展開を加速させる日系企業が日本本社において効率的かつタイムリーな税務上の課題・リスク分析を可能にし、海外税務リスク管理体制強化するためにマイクロソフトテクノロジーを組み合わせて支援します。

IT資産管理(ITAM)態勢構築支援サービス

PwCあらた有限責任監査法人は、IT資産の可視化を実現し、組織の経営戦略に合致するようにIT関連支出、人的資源、リスクおよびIT資産を管理・運用し、グローバルのネットワークを活用し海外展開している企業のIT資産管理を支援するサービスを提供します。

PwCあらた有限責任監査法人 金融サービスのご案内

PwCあらた有限責任監査法人の金融グループでは、監査・証明業務を中心として、企業再生支援、海外進出支援、リスク管理支援、規制対応・内部監査支援など、幅広いサービスを提供します。

不動産運用業のSSAE16/86号検証サービス

SSAE16検証業務は、不動産の物件売買、テナントのリーシング、残高管理を含む不動産運用業務にも対象が広がりつつあります。PwCあらた有限責任監査法人は、不動産運用業に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

不動産運用インダストリーへのプロフェッショナルサービス

PwCあらた有限責任監査法人(PwC)の資産運用セクターのプロフェッショナルは、国内および外資の資産運用業、信託銀行、証券会社、投資信託などのファンドの監査・アドバイザリー業務の経験を有しております。資産運用ビジネスに精通しており、求められる高いコンプライアンスを深く理解したプロフェッショナルが、クライアントが抱えているリスクや課題が財務諸表に及ぼす影響を適切に把握することを支援します。

株式上場支援

株式上場(IPO)にあたっては、経営管理体制整備、会計制度・監査受入態勢の整備、資本政策、税務対策などのさまざまな課題に同時並行的に対応することが求められます。PwCあらた有限責任監査法人などで構成されるPwC Japanは、経験豊かなプロフェッショナルが緊密に連携し、株式上場におけるさまざまな課題への対応を多面的に支援します。

クロスボーダーM&Aにかかる会計アドバイザリーサービス

PwC JapanはM&Aサービスに特化した経験豊富なプロフェッショナルを擁しており、M&A取引実行前段階から取引実行後段階まで、すべての場面において会計アドバイスを行います。また、各国の基準に精通したバイリンガルプロフェッショナルがPwCのグローバルネットワークを通じて現地チームと協働し、監査人とは異なる立場から会計アドバイスを行い、問題解決を支援します。

IFRIC12号「サービス譲与契約」について

公共インフラ事業関連プロジェクトを実施または計画している場合には、IFRS適用前からその影響を理解し準備する必要があります。PwCあらた有限責任監査法人では、計画段階より事業計画への影響分析における会計アドバイスを行うとともに、最終的な財務諸表作成や財務報告体制整備まで支援します。

リース会計システム導入支援

PwCあらた有限責任監査法人は、IFRS改訂への会計システム対応について、リース会計に関する課題識別と対応策を講じる支援、ウェブベースのアプリケーション導入に際しての有用なアドバイスなど、重要なステップの実施に際して、有用なアドバイスを提供します。

税務会計と報告の仕組み構築支援

PwCあらた有限責任監査法人は、統合会計システム“GlobalTaxCenter(GTC)”の導入を通じて、税務会計と税務リスク管理の改善に向けた支援を行います。GTCの導入を通じて、全社的に税務情報を収集し、計算、管理する自動化された税務管理体制の構築を支援します。

投資に関する社内ルール作成支援

PwCあらた有限責任監査法人では、ビジネス意思決定への活用も視野に入れ、まずは会計マニュアルの1つとして、数値基準だけでなく実態に即した減損処理の要否判定ルールの作成を支援します。

韓国株式市場への上場支援サービス

PwC JapanはPwC香港と緊密に連携をとりながら、韓国株式市場への上場に当たっての課題の把握に関する支援や申請書類の作成、また、財務諸表監査や税務に関する支援など、PwCのグローバルネットワークにより、上場に向けた課題をさまざまな面から支援します。

香港株式市場への上場支援サービス

PwC JapanはPwC香港と緊密に連携をとりながら、香港株式市場への上場に当たっての課題の把握に関する支援や申請書類の作成、また、財務諸表監査や税務に関する支援など、PwCのグローバルネットワークにより、上場に向けた課題をさまざまな面から支援します。

連結の範囲検討支援

PwCあらた有限責任監査法人では、日本基準やIFRSの規定に照らした判断のみならず、PwCのグローバルネットワークを通じて得られる海外でのIFRS適用先行事例を活用して、連結決算に含めるべき子会社やSPE(特別目的事業体)の判定を支援します。

台湾株式市場への上場支援サービス

PwC JapanはPwC台湾と緊密に連携をとりながら、上場に当たっての課題の把握に関する支援や申請書類の作成、また、財務諸表監査や税務に関する支援など、PwCのグローバルネットワークにより、上場に向けた課題をさまざまな面から支援します。

連結財務諸表の作成支援

PwCあらた有限責任監査法人では、連結財務諸表作成の事前準備から連結決算業務と開示資料作成までの一連の連結財務諸表作成を支援します。また、一時的な支援だけでなく、抜本的な解決に向けて、社内へのノウハウ移行と定着を行うほかに、会計システムソリューションの提供も可能です。

シンガポール株式市場への上場支援サービス

PwC JapanはPwCシンガポールと緊密に連携をとりながら、シンガポール株式市場への上場に当たっての課題の把握に関する支援や申請書類の作成、また、財務諸表監査や税務に関する支援など、PwCのグローバルネットワークにより、上場に向けた課題をさまざまな面から支援します。

決算期統一・決算早期化支援

PwC Japanでは、経理部門の業務プロセスに限らず、決算にかかわる他部門も含めた財務報告プロセス全体を見直して、問題点の根本的改善策を策定するとともに、検証を通じて確実な連結決算早期化達成を支援します。

グループ会計マニュアル作成支援

PwCあらた有限責任監査法人では、日本基準のみならず、PwCのグローバルネットワークを通じて得られる米国基準、IFRSに準拠した監査および会計アドバイスサービスの幅広い知識と経験をもとに、会計マニュアルの作成ならびに財務諸表作成・経営管理体制の構築を支援します。

プライベートエクイティ・バイアウトファンドのSSAE16/86号検証サービス

SSAE16(保証業務基準第16号)は、業務の委託を受けた受託会社が、当該受託業務に関する内部統制の整備および運用の状況について監査法人など外部の第三者のチェックを受け、委託会社に対して報告を行う、米国における基準です。PwCあらた有限責任監査法人は、豊富な知識と経験を有するプロフェッショナルを擁し、プライベートエクイティファンドの監査を専門的に行っています。

GIPS基準準拠検証サービス

グローバル投資パフォーマンス基準(GIPS基準)は、投資パフォーマンスの公正な表示と完全な開示を確保するために定められた投資パフォーマンス提示のための倫理的な基準です。PwCあらた有限責任監査法人(PwC)は、資産運用業界およびGIPS基準に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

SSAE16/86号検証サービス

SSA E16(旧SA S70)は、従来、年金の運用を受託する投資顧問会社や投資信託財産の受託者である信託銀行の業務を対象とするケースが多数でしたが、事務受任やプライシングなどのさまざまなアウトソース業務にも対象が広がりつつあります。PwCあらた有限責任監査法人(PwC)は、資産運用業に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 豊富な事例が生んだIFRS対応方法論

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の数多くの金融機関へのIFRS対応事例を基とした方法論-例えば、金融機関におけるIFRS仕訳の要件定義のテンプレート-を活用し、金融機関ごとに異なる内外の環境を踏まえた柔軟なIFRS導入支援サービスを提供します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 今、何をすべきか

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の金融機関への豊富なIFRS対応支援の実績と金融業界への深い知見と洞察力により、日本の金融機関に最適な影響分析サービスを提供し、IFRSの動向を見据えた柔軟かつ実現可能性の高いIFRS導入計画を提案します。

iGRC 内部統制・リスク管理・コンプライアンスにおける統合管理態勢の構築支援

企業における内部統制・リスク管理・コンプライアンスは、管理における業務負担や複雑性の終わりなき増大傾向に対応すべく、業務プロセスの改善と一体となった内部統制・リスク管理・コンプライアンスの統合管理が求められています。PwCあらた有限責任監査法人では、クライアント企業のGRCにおける統合管理体制の構築を支援します。

ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス

データアナリティクスサービス

競争の激化、不確実性の高まる環境の下、リスクを能動的に捉え事業機会の獲得することが期待されています。PwCあらた有限責任監査法人は、意思決定を高度化するため最新のテクノロジーを適用するサービスを提供しています。

海外税務リスク管理ツール‐Tax Operations Manager

PwCは海外展開を加速させる日系企業が日本本社において効率的かつタイムリーな税務上の課題・リスク分析を可能にし、海外税務リスク管理体制強化するためにマイクロソフトテクノロジーを組み合わせて支援します。

IT資産管理(ITAM)態勢構築支援サービス

PwCあらた有限責任監査法人は、IT資産の可視化を実現し、組織の経営戦略に合致するようにIT関連支出、人的資源、リスクおよびIT資産を管理・運用し、グローバルのネットワークを活用し海外展開している企業のIT資産管理を支援するサービスを提供します。

iGRC 内部統制・リスク管理・コンプライアンスにおける統合管理態勢の構築支援

企業における内部統制・リスク管理・コンプライアンスは、管理における業務負担や複雑性の終わりなき増大傾向に対応すべく、業務プロセスの改善と一体となった内部統制・リスク管理・コンプライアンスの統合管理が求められています。PwCあらた有限責任監査法人では、クライアント企業のGRCにおける統合管理体制の構築を支援します。

戦略的リスクレジリエンス

戦略的リスクレジリエンス

想定外のリスクや環境変化に柔軟に対応できるよう、リスクレジリエンスの強化に注目が集まってきています。PwCあらた監査法人では、幅広い知見と課題解決力を用いて、効率的かつ効果的にレジリエンス強化を支援します。

コンサルティング

ストラテジー

Strategy&

Strategy&は、PwCコンサルティング合同会社のストラテジーコンサルティングを担うチームとして、企業の皆様の実践的な戦略策定と実行を支援し、グローバル規模での成長を実現します。

Presence to profitability 単なる存在としての企業活動から収益獲得への転換(2015年02月20日)

成長市場の多様化により多くの企業が戦略策定に多くの時間を費やす一方、複雑な市場構造が戦略実行を困難にしています。本稿では単なる存在としての企業活動から収益獲得への転換を目指すステップを取り上げます。

Growth Markets Centre 複雑な新市場で収益力ある成長を実現するために

Growth Markets Centre(GMC)は、PwC のグローバルな英知を結集し、複雑なGrowth Markets においてクライアント企業の成功を支援します。

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐(2014年05月29日)

オーストラリア政府における、公共部門の生産性向上のための新しいアプローチを、実際の事例とともにPwCがご紹介致します。

新市場における成長 ‐「どのように」取り組むかですべてが決まる‐(2013年12月17日)

グローバル先進企業が如何にグローバル化においてリスクを最小化し、新市場において長期的な成功の機会を最大化しているかという事例を紹介します。

新しい指導体制、成長への新しい課題 第18回中国共産党全国代表大会(2012年11月29日)

中国は一桁成長という新しい標準、中程度の成長期に向かっており、投資家も国内市場の成長と所得増加に注目すると同時に、グリーンプロジェクトと労働力集約型産業の中部、西部地域への移動に関心が集まっています。

Future of Japan インタビュー集~10人のビジネスリーダーが語る成長への処方箋~(2012年11月27日)

PwCが、産官学の有職者へのインタビューのコメントをまとめた「Future of Japan~成長への処方箋~」に付随し、特に日本の国づくりに方向性を与える示唆をいただいた方々のコメントをより詳細に伝える目的で発行した10人のビジネスリーダーへのインタビュー集です。

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)(2012年11月05日)

本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

Future of Japan 〜成長への処方箋〜(2012年09月01日)

複雑化する今日のグローバルな事業環境において、自社の舵取りをするため、企業経営者は組織変革の推進にこれまで以上にリーダーシップを発揮しなければならない。

ファーマ2020シリーズ:岐路に立つ医薬品業界(2012年06月04日)

ファーマ2020シリーズでは、現在の医薬品企業の課題や問題点を調査・分析、2020年にいたる業界の動向や今後想定される課題について論じられています。

Insurance 2020(2012年01月18日)

保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

Asia-Pacific Pharma Newsletter(2011年12月05日)

アジア太平洋各国のPwCの医薬およびライフサイエンスの専門家が、各国の新規規制、薬価および保険償還に関連する問題、税務・会計上の話題、コンプライアンス、およびM&Aに関連するニュース等について論じています。

Seeing the wood for the trees(2011年11月15日)

本レポートでは、保険会社が内部向けおよび外部向けの財務報告を見直し、一貫性のある戦略を開示することが、どのように投資家からの信頼回復に役立つかについて記載しています。

中国における外資系銀行(2011年調査)(2011年11月07日)

PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

2050年における銀行業界の展望(2011年10月12日)

PwC 英国が作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。

変化が速まる中でいかに対応していくか 銀行証券業界のサマリー 「PwC第14回世界CEO意識調査」における主要産業に関する調査結果[PDF 411KB](2011年07月01日)

本レポートは、PwCの「第14回世界CEO意識調査」の中から銀行・証券業界について経営者69人の回答結果を別途まとめました。業界全体の共通認識は、世界経済金融情勢の急変化に対する組織的対応の必要性であることが明らかになりました。

2030年までに中国が米国を抜き国際貿易で上位を占める(2011年04月01日)

国際貿易の今後に関するPwCの最新の報告書において、2030年までに中国が米国を抜き、国際貿易における上位を占めるとされています。

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表(2011年01月26日)

日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2010-2014(2010年03月01日)

PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象にした年次調査報告書です。本報告書では、消費者のデジタルプラットフォームの受け入れは予想を超える速さで進み、企業はデジタルバリューチェーンでの新たな役割を模索していると説明しています。

Improving America's Health V: A survey of the working relationship between the life sciences industry and FDA(2010年02月28日)

本調査はPwCの医薬・ライフサイエンス研究開発アドバイザリーチームとカリフォルニア州南部の550社をメンバーとする世界最大級のライフサイエンス関連の団体であるBIOCOMの共同作業により実施されました。

Biotech reinvented: Where do you go from here?(2010年02月20日)

バイオテクノロジー企業と医薬品企業はより高い価値を創造するために協力していく必要があります。各国政府は医療費削減に取り組む一方で、新薬創出はより困難になってきています。

Global pharma looks to India: Prospects for growth(2010年02月10日)

インドの医薬品企業はある分野においてはグローバル医薬品企業の競合となりますが、一方他の分野では提携相手ともなり得ます。本レポートではインドの医薬品業界の5つの特徴を中心に論じています。

ファーマ2020:バーチャルR&D 岐路に立つ医薬品業界(2010年02月01日)

研究開発の生産性を高めるドライバーの今後の展望を示すとともに、医療費支払者、医療サービス提供者、患者に対してより大きなベネフィットを提供し、同時に関係する各者に利益をもたらすような革新的な製品の開発を行うアプローチを紹介しています。

第12回経営者意識調査(Global CEO Survey)をダボス会議で発表(2009年11月10日)

金融危機の拡大を反映し、今後の事業見通しに対する経営者の自信は急落、景気回復は今後3年間で緩やかなものになると予測していることが明らかになりました。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2009-2013(2009年07月20日)

PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&Mのビジネスモデルは、より直接的に消費者に結びつくと指摘するとともに、デジタル化への取り組みが各セグメントのパフォーマンスの差を生み出すと述べています。

ファーマ 2020:ビジョン 岐路に立つ医薬品業界(2009年06月30日)

現在の医薬品業界のビジネスモデルが、経済的な視点からは持続不可能であり、また日常業務の観点からはグローバル市場で必要とされている画期的な治療法を提供するための行動を迅速に実行できていないと指摘しています。

The World in 2050: Beyond the BRICs (2050年の世界ーBRICsを超えて)(2008年12月10日)

2025年までに先進国を追い越す中国、新興諸国で最も急速な経済成長を遂げるベトナム、世界の上位に入るインド、ブラジルなどに焦点をあてています。

アジアにおける製薬アウトソーシングの変化の原動力:目標を再調整していますか?(2008年09月30日)

アジアにおける製薬アウトソーシングの劇的な変化と発展に着目した報告書です。

オペレーションズ

サプライチェーンデザインサービス

PwCは、多くの企業が重要かつ困難な課題を抱えるサプライチェーンにおいて、戦略的なデザイン(戦略策定や実データを使ったシミュレーションなど)から、改革の実行、定着化までを一貫して支援します。

間接材購買コスト削減 powered by Ariba®

PwCコンサルティング合同会社は、成功報酬型コスト削減とSAPの「Ariba Commerce Cloud」導入支援を組み合わせたサービスで、間接材購買コスト改革を志向する企業を支援します。

直接材調達コスト管理テンプレート

PwCコンサルティング合同会社は、統合的なPDCAによる調達コスト低減進捗の見える化、調達統制強化を実現する「直接材調達コスト管理テンプレート」により、調達改革を支援します。

PwC ソーシャル・インサイト・プラットフォーム

FacebookやTwitterなど、ソーシャルメディアの利用者数は急速に拡大しており、その情報をいかにビジネスに活かすかが重要になってきています。PwCコンサルティング合同会社は、B2C企業がソーシャルメディア上の市場の声をいち早く経営・事業運営に反映するための意思決定を支援します。

ファイナンス&アカウンティング

経営管理・財務会計サービス

PwCは、CFOのTrusted Partnerとして、CFOが直面するあらゆる課題に対し、グローバル先進事例や最新のIT技術を組み合わせた総合的なソリューションにより、効率的に解決へと導きます。

トレジャリー部門の業務変革支援 - 企業成長に貢献する財務への変革

財務部門の役割の再定義、グローバルでの財務組織の在り方、財務管理システムの選定とグローバル展開など、財務部門が企業成長に貢献する戦略的組織へと変革するための活動を支援します。

Transform for EPM 新たな時代の業績評価マネジメントによる企業価値向上

経営環境の変化が激しい現代において競争優位性を保ち続けるためには、業績評価マネジメントの仕組みも継続的にアップデートする必要があります。PwCは、企業の業績評価マネジメントの今の姿とあるべき姿とのギャップを埋め、経営者に優れた洞察を与え、タイムリーな意思決定を支援する経営管理の仕組みへと変革します。

リスク管理ソリューション

リスク管理ソリューションは、事業収益と表裏一体となっている事業リスクを定量的に評価し、予算管理や投資管理、事業評価といった従来の経営管理の枠組みにリスクの考え方を取り入れることにより、事業収益の獲得、ひいては戦略目標実現に資する経営管理の高度化を支援するものです。

IFRS対応ソリューション 効率的かつ効果的なIFRSの導入

PwC JapanのIFRS導入サービスは、コンサルティング部門、アシュアランス部門が会計・業務・システムの対応まで一貫したソリューションをワンストップで提供します。また、PwCグローバルネットワークも活用した、効率的かつ効果的なIFRS導入を支援します。

IFRS対応パック Microsoft Dynamics AXソリューション

PwCは、企業の建設的なIFRS対応を実現するために、Microsoft Dynamics AXとPwC独自の豊富なソリューションを活用し、効率的なIFRS対応を支援します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 豊富な事例が生んだIFRS対応方法論

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の数多くの金融機関へのIFRS対応事例を基とした方法論-例えば、金融機関におけるIFRS仕訳の要件定義のテンプレート-を活用し、金融機関ごとに異なる内外の環境を踏まえた柔軟なIFRS導入支援サービスを提供します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 今、何をすべきか

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の金融機関への豊富なIFRS対応支援の実績と金融業界への深い知見と洞察力により、日本の金融機関に最適な影響分析サービスを提供し、IFRSの動向を見据えた柔軟かつ実現可能性の高いIFRS導入計画を提案します。

経理業務プロセス全体の標準化・効率化

PwCコンサルティング合同会社は、グループ会社まで含めた経理業務プロセスの標準化・効率化に関する課題を、業務プロセス、情報システム、人・組織などさまざまな観点から網羅的に抽出・整理し、実効性の高い解決案を提案するとともに、実現までの取り組みを一貫して支援します。

グローバルシェアードサービス構築支援

グローバルでの低コストオペレーションの実現、海外子会社に対するガバナンスとコンプライアンスの強化の手段として、グローバルシェアードサービスが注目されています。PwCは、先進欧米企業における多数の支援実績やノウハウをもとにした、グローバル統一のシェアードサービスとアウトソーシング方法論を用いて、シェアードサービス構築およびアウトソーシングの実現性評価、設計、構築、導入から稼働後の継続的改善までを一貫して支援します。

ビジネスインテリジェンス構築

PwCコンサルティング合同会社は業務とシステム両面から、あるべきビジネスインテリジェンス(BI)の構想策定、ツール選定、導入、定着化まで一貫したサービスを提供します。スピーディーな要件整理や業務設計だけでなく、部門間調整、トータルコスト削減など、経験に裏付けされたプロジェクトマネジメントにより、BIの構築を支援します。

予算管理改革支援

市場の変化が激しい現代において、予算編成期間の短縮や予算統制の短サイクル化を推進し、変化の兆候をいち早く読み取り、先手を打てる経営を実現する必要があると考えます。国内外の豊富な実績に基づき、予算管理の制度設計からシステム導入、運用定着まで、クライアントの予算管理改革をご支援します。

会計システムの再構築

PwCコンサルティング合同会社は、会計システムの再構築を、経営・業務改革の実現とグループ経営管理の高度化のチャンスと捉え、ベンダーから独立した中立的な立場を生かしたソフトウエアの評価、構想から設計・開発、導入、定着化まで一貫した、PwCグローバルネットワークを生かしたサービスを提供します。

コストマネジメント再構築

価格競争の激化にともなう生産拠点のグローバル化、製品ライフサイクルの短縮化、といった経営環境の変化のもと、コストマネジメント(原価計算・原価管理)の重要性が増してきています。PwCコンサルティング合同会社は、クライアントの経営環境・事業戦略を踏まえ、コスト競争力強化に直結するコストマネジメントの再構築を支援します。

人事・チェンジマネジメント

グローバル・マネジメント・サーベイ

PwCコンサルティング合同会社が提供するグローバル・マネジメント・サーベイは、欧米系多国籍企業が実施している全世界従業員調査を可能にするWebベースの経営状況診断ツールです。

グローバル・ピープル・サーベイ

PwCコンサルティング合同会社が提供するグローバル・ピープル・サーベイは、欧米系多国籍企業が実施している全世界従業員調査を可能にするWebベースの調査です。調査は58の質問項目から構成され、通常の満足度調査に加えてバランススコアカード(BSC)のフレームワークで、従業員の所属する拠点の経営課題を従業員の視点から可視化します。

テクノロジー

事業継続管理支援サービス

プライスウォーターハウスクーパース株式会社のBCM支援サービスは、戦略的なリスクマネジメントの観点から、業務中断リスクの洗い出し、BIA(事業影響度分析)、ITディザスターリカバリー、業務復旧戦略立案、BCP(事業継続計画)策定、インシデントレスポンスなど、企業やサプライチェーン、公共機関、地域社会などにおけるBCMを幅広く支援するものです。

ITディザスターリカバリー支援サービス

PwCコンサルティング合同会社は、企業の事業継続性を確保するため、自然災害やシステム障害など、不測の事態における情報システムの対応計画および手順の策定、データセンター選定・移転/バックアップセンター構築など、情報システムの信頼性を高める施策の検討をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

BusinessDrivenSOAの適合性診断サービス

SOAとは、一般的にシステムアーキテクチャとして認識されています。PwCコンサルティング合同会社では、BPMの活動を通して、ビジネスプロセスの可視化および最適化を行い、ビジネスに適したシステム基盤をSOAにて実現することで、ビジネスとITのより密な融合を実現します。

エンタープライズサーチ活用によるビジネスイノベーションの実現

PwCコンサルティング合同会社では、ビジネス・IT両方の視点から、エンタープライズサーチを効果的に活用した、戦略的な情報活用によるビジネスイノベーションの実現を支援します。

アイデンティティ&アクセス管理

長期的な経営戦略と整合性が確保され、ビジネス環境の変化に柔軟かつ迅速に対応できる基盤の構築と、それらを支えるアイデンティティ&アクセス管理の実現をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

ビジネスアプリケーション

PwC - Google for Work 働き方の再発明

PwCのビジネスに関する知見と、 Google のクラウドベースの連携・生産性向上を実現する Google Apps を組み合わせ、「ワークスタイル変革」を志向する企業に対し、業務時間のスマート化を支援します。

海外税務リスク管理ツール‐Tax Operations Manager

PwCは海外展開を加速させる日系企業が日本本社において効率的かつタイムリーな税務上の課題・リスク分析を可能にし、海外税務リスク管理体制強化するためにマイクロソフトテクノロジーを組み合わせて支援します。

イノベーション

PwC - Google for Work 働き方の再発明

PwCのビジネスに関する知見と、 Google のクラウドベースの連携・生産性向上を実現する Google Apps を組み合わせ、「ワークスタイル変革」を志向する企業に対し、業務時間のスマート化を支援します。

グローバルイノベーションファクトリー イノベーション創出と活性化のためのコンサルティングサービス

グローバルイノベーションファクトリー(GIF)は、企業の新製品や新サービス、新たなビジネスモデルを生み出す「イノベーション」の創出・活性化を支援する専門組織です。

イノベーション創造支援ソリューション

イノベーションは企業の成長の源泉として、その重要性はますます高まっています。PwC Japanのイノベーション創造ソリューションは、革新的な新製品や新サービスの開発、新規事業創出において、イノベーション戦略立案、オペレーティングモデル構築、組織・人材などのケイパビリティ構築から、実行までを一貫して支援します。

ディールアドバイザリー

サプライチェーンデザインサービス

PwCは、多くの企業が重要かつ困難な課題を抱えるサプライチェーンにおいて、戦略的なデザイン(戦略策定や実データを使ったシミュレーションなど)から、改革の実行、定着化までを一貫して支援します。

ホスピタリティ&レジャー関連サービス

PwC Japanグループのホスピタリティ&レジャーサービスでは、不動産業界やホテル業界の経験者からなる専門チームがクライアントのニーズを的確に捉え、内外における豊富な支援実績、業界で培った高度な専門知識を生かして、実行性の高い解決策を提供することで、クライアントのビジネスの価値最大化を全方位的に支援します。

戦略的リスクレジリエンス

想定外のリスクや環境変化に柔軟に対応できるよう、リスクレジリエンスの強化に注目が集まってきています。PwCあらた監査法人では、幅広い知見と課題解決力を用いて、効率的かつ効果的にレジリエンス強化を支援します。

海外事業の再生のために グローバル・ビジネス・リカバリーサービス

過去10年以上にわたり、国内企業はもとより、数多くのグローバル企業の事業再生・業績改善を支援してきた実績・知見に加え、戦略思考、財務・数値面の専門性、PwCのグローバルネットワークの対応力を活用し、海外事業の再生を支援します。

海外M&Aの振り返り支援

PwCは、企業がこれまで行ってきた海外M&Aの振り返り支援を提供しています。海外の各子会社に対し、投資実行時と現在の期待ギャップ分析、課題の整理を行い、取り得るソリューションの検討を支援し、その後のソリューションの実現を企業と一体となって推進します。

事業分離の実行支援

PwCアドバイザリー合同会社では、会社分割や事業分離・事業売却(カーブアウト、スピンオフ)に伴う、分離対象の事業モデルの策定支援、TSA締結支援を含むスタンドアローンでの事業運営の不確定要素の低減を通じた、売却価値を意識したカーブアウトサービスを提供しています。

クロスボーダー M&Aサービス

PwCアドバイザリー合同会社では、M&Aサービスに特化した経験豊富なプロフェッショナルが、PwCグローバルネットワークを活用し、クライアント企業のクロスボーダーM&Aの迅速、かつ効果的な実施を支援します。

Taking Control ~買収後のリスクを速やかに解消していくためのコントロールの確立~

PwCアドバイザリー合同会社の方法論である「Taking Control」は、買収先企業に対するコントロール権を確立し、ポストM&Aを成功に導きます。

出口戦略最適化サービス

PwCコンサルティング合同会社の出口戦略最適化サービスは、多くの専門分野を包括するアプローチにより、株主価値の最大化と再投資のための早期資金化という目標を実現します。

フォレンジックサービス

PwCコンサルティング合同会社のフォレンジックサービスは、粉飾や横領をはじめとする会計不正、贈収賄禁止法・独占禁止法に関わる調査と管理体制の構築支援、米国訴訟におけるeディスカバリー(電子証拠開示)への対応をはじめとするフォレンジックテクノロジーに関するサービスを提供しています。

PPP(官民パートナーシップ)・インフラ

フォレンジックサービス

フォレンジックサービス

PwCコンサルティング合同会社のフォレンジックサービスは、粉飾や横領をはじめとする会計不正、贈収賄禁止法・独占禁止法に関わる調査と管理体制の構築支援、米国訴訟におけるeディスカバリー(電子証拠開示)への対応をはじめとするフォレンジックテクノロジーに関するサービスを提供しています。

税務

法人税

海外税務リスク管理ツール‐Tax Operations Manager

PwCは海外展開を加速させる日系企業が日本本社において効率的かつタイムリーな税務上の課題・リスク分析を可能にし、海外税務リスク管理体制強化するためにマイクロソフトテクノロジーを組み合わせて支援します。

連結納税 - 連結納税導入後の体制構築

当法人は、連結納税導入スケジュールの策定を始めとし、課題となるグループ間の情報収集プロセスおよび業務フローの構築、連結子法人の実務担当者への連結納税制度の研修、連結納税適用時の税額・税効果計算アドバイスなど、連結納税グループの状況に応じた体制作りを導入過程にわたりサポートいたします

連結納税 - 税効果会計への反映

当法人では、蓄積されたノウハウに基づき、連結納税にかかわる税効果会計について、クライアントグループの具体的な現状を踏まえた計算プロセスの確立・計算結果のレビュー等、テーラーメードの支援を行っています。

連結納税 - 連結加入・離脱ならびに組織再編

連結納税 - 連結加入・離脱ならびに組織再編</h1> <p>連結納税への加入・離脱ならびに組織再編を行う場合には、特有の課税関係の検討が必要となります。当法人では、経験豊富なプロフェッショナルスタッフがクライアントの立場からできるだけわかりやすくご説明し、クライアントが課税関係をきちんとご理解した上でこれらの取引を実行できるようにサポートいたします。

連結納税 - 税務調査支援

当法人は、連結納税グループへの税務調査に関する豊富な実務経験に基づき、税務調査への立会や指摘事項に関する税務アドバイス、税務コンプライアンスの構築アドバイス等、会社の状況に応じたサービスを提供いたします。

連結納税 - 連結納税導入のための検討

連結納税導入にあたっては、導入によるメリットとデメリットを総合的に勘案した上で意思決定を行う必要があります。当法人は、数多くの連結納税導入の意思決定をサポートしてきた経験に基づき、連結納税導入の意思決定に必要な効果的なアドバイスを提供いたします。

連結納税 - 連結確定申告書作成

連結確定申告書作成においては、連結納税特有の処理に留意しながら確定申告書を作成するとともに全体的な業務管理も重要となります。当法人では豊富な経験を有するプロフェッショナルスタッフが、連結確定申告書作成に関する一連の業務についてクライアントのご要望に応じたサポートサービスを提供いたします。

クロスボーダー消費税の相談サービス

私たちは、クロスボーダー取引に関する消費税の取り扱いについてアドバイスを行っています。

組織再編に伴う各種別表および届出書の作成

企業が組織再編を行った場合には、組織再編特有の別表の作成や届出書の提出が必要となるケースがあります。私たちは、このようなケースに対応するため、必要とされる情報収集から別表の作成および届出書の提出に関するあらゆる支援サービスを提供しています。

税務調査対応(国内・海外)、税務争訟支援

取引のグローバル化・複雑化に伴い、税法の運用解釈が一層困難を極めつつある状況において、タックスヘイブン税制や移転価格税制等の国際課税の分野を始めとした、大型案件に係る税務当局の課税処分に対し、司法判断を仰ぎ、納税者が勝訴する事案が報告されています。当法人では、国税当局経験者を含む税務訴訟支援チームにおいて、過去の大型税務訴訟の関与事例も踏まえた、納税者の調査対応、更に不服申立て、税務訴訟の支援サービスを行っています。

国税照会・ルーリング、意見書作成

企業活動の国際化・複雑化に伴い、租税法令解釈・運用が以前にも増して難解さを増す中で、個別の取引を実行に移す前に、潜在的な税務リスクについて認知し、将来の税務調査への防御を事前に備えておくことはますます重要となっています。当法人では国税当局経験者をアドバイザーとするチームにおいて、個々の案件ベースでの国税への照会、意見書の作成のサービスの提供を行っています。

輸入消費税等のリカバリー相談サービス

保税地域からの外国貨物の引き取りにつき課される輸入消費税について、仕入税額控除を行うことができるのは(限定申告等の場合を除き)輸入申告書上の輸入者のみですので、輸入者=輸入貨物の所有者であれば通常は問題ないのですが、実務上は、そうではない場合も多いため、消費税の取り扱いでトラブルが発生しがちです。

国際取引にかかる間接税コンサルティングサービス

私たち間接税サービスチームでは、間接税に関する総合的なアドバイスを行っています。各国の税収が間接税に移行しつつある中、企業における間接税マネジメントの重要性が増してきています。 間接税サービスチームでは、世界各国の間接税サービスチームと連携をとりながら、国際取引にかかる間接税マネジメントに関するサポートを行います。

企業グループ再編時の消費税関連サービス

企業グループにおいて再編を行う場合、そのプランニングによっては、消費税の計算に多額の差異を生じる場合があります。特に、簡易課税の適用が可能である点等が看過されがちです。 適切なプランニングにより、再編に伴う企業のキャッシュフローを改善することも可能になります。

外国税額控除に関わる別表作成

外国税額控除の計算は複雑であり、適用にあたってはさまざまな別表を作成する必要があります。私たちは、必要とされる情報収集から控除額の計算および別表作成について、外国税額控除に関する豊富な経験に基づくサービスを提供いたします。。

税務コンプライアンスプロセスの変革支援

当法人の税務会計サービスは、法人の規模に関係なく、適正な財務報告および効果的な税務統制を皆様が確立できるように支援を行っています。

各種税務申告書および届け出書作成

国内・国際税務に関する最新の税制を網羅的に踏まえた上で、法人税・所得税・消費税・事業所税・固定資産税等の各種税務申告書および各種届出書(租税条約に関する届出書を含む)の作成にかかわるサービスを提供しています。

税務調査立会・支援

企業間取引の複雑化・多様化に伴い、税務調査の範囲も広がりを見せています。私たちは、こうした動向に留意しつつ、税務調査に係るあらゆる支援サービスを提供しています。

海外税務リスク・ヘルスチェック

日系企業による海外展開に伴い、海外での税務リスクが相対的に増大しています。また、現在議論されているBEPS(Base Erosion and Profit Shifting:税源浸食と利益移転)プロジェクトにより、今後、世界各国における税務コンプライアンスの強化が予想されます。さらに、社会的責任(CSR)としての税金への注目度の高まりや、株主資本利益率(ROE)など資本効率を重視した経営の重要性の議論なども受け、今後、日系企業においては、「税」を経営課題として捉え、税務リスクと税務コストのバランスを取りながら適切に管理することがこれまで以上に重要となります。そして、これを実行するための体制である税務コーポレートガバナンスを整備・強化していくことが必須となります。

海外税務リスク管理ツール

当法人では、税務ガバナンスの強化に資するものとして、必要となる税務情報の増大や人材不足が課題となる中で、国内外の税務リスク管理を効率的・効果的に行うことを可能とするITシステムの導入支援サービスを提供しています

インド投資ガイド2013年(2014年01月28日)

インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識と経験に基づき、典型的な課題(外国投資規制、資金拠出形態、外国為替管理規制、直接税、個人所得税、間接税、M&A、移転価格税制)にかかわる専門家によって編集されています。

ストックオプション制度の導入

ストックオプションを、従業員または役員に対してインセンティブとして付与する事例が増加しています。金銭によって報酬を支払った場合と比べると、ストックオプション制度を導入することによりメリットを享受できます。

インド投資ガイド-投資規制と税制2012年度(2013年02月13日)

インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識に基づき、インドの投資家が最初に直面する課題への取り組みに経験をもった専門家によって編集され、税制、税務優遇制度、外貨規制、および外国直接投資政策を中心に構成されています。

Paying Taxes‐企業の税務コンプライアンス負担 国際比較 (2011)(2011年09月01日)

本調査報告書は、世界各国の租税にかかる行政手続きの違いが、企業の税務コンプライアンスの負担に対してどのような影響を及ぼすかについて考察しています。

連結納税の導入支援から申告書作成サポートまで

連結納税導入から導入後の体制構築、税務調査支援に至るまで、当法人は、数多くの企業をサポートしてきた経験に基づき、企業の皆様に必要とされる効果的なアドバイスを提供いたします。

法人税務

国内外における税法改正が税務コンプライアンスに与える影響をその都度把握し、適切な税務申告業務を行っています。

連結納税

連結納税制度と税効果会計

PwC税理士法人では、蓄積されたノウハウに基づき、連結納税にかかわる税効果会計について、企業グループの具体的な現状を踏まえた計算プロセスの確立・計算結果のレビュー等、テーラーメードの支援を行っております。

連結納税制度導入サポート

PwC税理士法人は、数々の企業グループの連結納税の導入をお手伝いしてまいりました。この経験に基づき、企業グループの具体的な連結納税の利用可能性や、連結納税制度を採用することのメリットについて、検討をサポートします。

移転価格コンサルティング

移転価格調査対応

移転価格調査対応について、PwC税理士法人は豊富な経験と実績を有しています。PwC税理士法人は、移転価格調査に立ち会い、税務当局との折衝を行います。

移転価格リスク評価・ドキュメンテーション(文書化)の作成

PwC税理士法人は、移転価格リスクを評価・分析するとともに、移転価格ドキュメンテーションの作成(文書化)を支援します。国外関連取引について、取引当事者の機能・リスクを分析し、所在国の市場環境等を考慮した上で、適切な移転価格算定方法に基づく独立企業間価格を算定します。

移転価格調査による課税後対応

PwC税理士法人は、移転価格税制による課税(更正)を受けた場合の対応策としての相互協議の申立てや異議申立て・審査請求等のいずれが適正かについて、アドバイスを提供します。

事前確認制度(APA)

事前確認制度(APA)の必要性を検討した上で、PwC税理士法人は、効果的な事前確認制度(APA)取得のためのアドバイスを提供いたします。

移転価格文書作成支援サービス

PwC税理士法人は海外事業展開を行う日本企業の移転価格課税リスクに備えるための移転価格文書整備を支援します。

中国ビジネス支援

中国子会社の財務リスクマネジメント

中国子会社、特に中国合併企業の場合の財務・会計のリスク管理は重要です。財務調査が必要とされた場合、PwC税理士法人の中国の会計・税務プロフェッショナルは、調査の検討をサポートいたします。

中国子会社への支援費(本社費)回収

中国子会社への支援費(本社費)は、適切に請求していますか?

中国のPE課税リスクへの対応

中国ではPE(Permanent Establishment;恒久的施設)課税リスクが高まっています。PE課税リスクの事前分析と適切・迅速な対応が不可欠です。PwC税理士法人は、業務スキーム策定から日本の税務処理までサポートいたします。

金融ビジネス

金融機関に対する税務コンサルティングサービス

PwC税理士法人は最先端の金融ストラクチャリングに日々接しているプロフェッショナルスタッフを有し、国内外のPwCにおけるファイナンシャル サービス チームと緊密に連携し、付加価値の高いコンサルティングサービスを提供しています。

不動産投資スキームに関する税務コンサルティングサービス

不動産流動化・証券化に関する数多くの案件に対し、PwC税理士法人はアドバイスを提供しています。匿名組合や特定目的会社の組成等、投資スキームに応じたストラクチャーの提案を始め、その運営に関するきめ細かいサービスの提供が可能です。

ファンドに関する税務コンサルティング サービス

プライベート エクイティ ファンド等のファンドの新規設立や既存ファンドによる新規の投資に対し、PwC税理士法人は税務面でサポートします。

トランザクション/M&A・組織再編

グループ内再編にかかわる組織再編税制アドバイザリーサービス

組織再編税制等に関する税務当局による否認は、取締役の責任問題につながる可能性があります。

クロスボーダー投資および買収に係るM&A税務アドバイザリーサービス

本邦税制だけでなく海外税制も考慮した税務効率的なクロスボーダー投資ストラクチャーを構築できていますか?

国内買収および経営統合に係るM&A税務アドバイザリーサービス

日本国内における買収や経営統合においても、本邦税制だけではなく海外子会社所在地国における税務問題も考慮していますか?

事業再生

再生企業のM&A

PwC税理士法人では、数々の事業再生手法を税務面から熟知した経験豊富な再生税務のプロフェッショナルが税務コストの最適化を図り、再生企業のM&Aの成功を税務面からサポートします。

事業再生支援

事業再生を行う企業にとって、実効性のある再建計画を早期に立案し、適切なタイミングで実行に移すことは、最重要課題です。PwC税理士法人では、経験豊富な再生税務のプロフェッショナルは、企業の再建計画の成功を税務面からサポートします。

消費税

関税マネジメント

関税は製造・仕入原価の一部となりその直接的な把握と検討が十分に行われていない場合があります。適切なリスクマネジメントの観点から関税コストを分析する必要があります。

税関事後調査サポート

輸入申告価格へ加算すべき要素の事前把握や、売買取引価格以外に加算要素がある場合、輸入事後調査への適切な対応が重要です。PwCの関税専門チームは、事案に応じてサポートいたします。

企業グループ再編時の消費税関連サービス

企業グループにおける再編では、消費税の計算に多額の差異を生じる場合があります。特に、簡易課税の適用が可能である点等が看過されがちであるため、適切なプランニングが必要です。

輸入消費税等のリカバリー相談サービス

輸入消費税は保税地域からの外国貨物の引取りにつき課されます。誰が仕入税額控除を行うことができるのかを正しく理解しないと、消費税の取り扱いでトラブルが発生しがちです。PwC税理士法人の消費税に精通したプロフェッショナルにご相談ください。

輸出管理サポート

PwC税理士法人では、企業における輸出管理体制の構築、輸出管理社内規程(CP)の制定および届出から輸出許可取得のための書類整備および交渉サポートに至るまで、輸出管理に係る包括的なサービスの提供をしています。

プライベート ウェルス サービス

オーナー企業向け総合支援サービス

オーナー企業の皆様が抱える多様な税務問題に対して、PwC税理士法人のノウハウ、人材、そして国際的なネットワークで対応します。

事業承継総合診断サービス

貴社の課題を総合的かつ迅速に洗い出し、解決にむけた方向性を示します。

事業継承総合支援サービス

事業承継では、単に企業オーナーが保有する株式の移転にかかわる相続税だけが問題となるわけでなく、会社経営に影響を及ぼすさまざまな問題が存在します。PwC税理士法人は、それらの問題を総合的に解決するためのサポートを行います。

富裕層向け資産税サービス

財産の運用や移転等に伴う資産税に関する諸問題に対応します。

個人所得税

ビザ イミグレーション サービス

国際的な人事異動や外国人の雇用において、適正な就労許可を取得するための事務負担は、思いのほか煩雑です。

海外長期出張者にかかる個人所得税支援

長期出張者が派遣先国で所得税を課される場合、日本での税務についても考慮が必要な点をご存知ですか?

来日外国人の個人所得税支援

税務と国際間の人員派遣の人事施策をワンストップでサポートします。

グローバルモビリティ総合支援プログラム

日本から多数の国に派遣されている駐在員のビザ対応と税務問題を一手にお引き受けします。

グローバル化支援/新興国展開戦略支援

サプライチェーンデザインサービス

PwCは、多くの企業が重要かつ困難な課題を抱えるサプライチェーンにおいて、戦略的なデザイン(戦略策定や実データを使ったシミュレーションなど)から、改革の実行、定着化までを一貫して支援します。

ホスピタリティ&レジャー関連サービス

PwC Japanグループのホスピタリティ&レジャーサービスでは、不動産業界やホテル業界の経験者からなる専門チームがクライアントのニーズを的確に捉え、内外における豊富な支援実績、業界で培った高度な専門知識を生かして、実行性の高い解決策を提供することで、クライアントのビジネスの価値最大化を全方位的に支援します。

戦略的リスクレジリエンス

想定外のリスクや環境変化に柔軟に対応できるよう、リスクレジリエンスの強化に注目が集まってきています。PwCあらた監査法人では、幅広い知見と課題解決力を用いて、効率的かつ効果的にレジリエンス強化を支援します。

海外事業の再生のために グローバル・ビジネス・リカバリーサービス

過去10年以上にわたり、国内企業はもとより、数多くのグローバル企業の事業再生・業績改善を支援してきた実績・知見に加え、戦略思考、財務・数値面の専門性、PwCのグローバルネットワークの対応力を活用し、海外事業の再生を支援します。

グローバル化支援サービス

PwCの持つグローバルネットワークを通じて、海外事業展開におけるさまざまなシーンでクライアントの要望に沿った幅広いサービスを提供しています。

新興国展開戦略支援サービス

PwCコンサルティング合同会社は、日本企業の新興国における事業展開を強力に支援するため、「新興国展開戦略支援室」を設置しています。

事業分離の実行支援

PwCアドバイザリー合同会社では、会社分割や事業分離・事業売却(カーブアウト、スピンオフ)に伴う、分離対象の事業モデルの策定支援、TSA締結支援を含むスタンドアローンでの事業運営の不確定要素の低減を通じた、売却価値を意識したカーブアウトサービスを提供しています。

クロスボーダー M&Aサービス

PwCアドバイザリー合同会社では、M&Aサービスに特化した経験豊富なプロフェッショナルが、PwCグローバルネットワークを活用し、クライアント企業のクロスボーダーM&Aの迅速、かつ効果的な実施を支援します。

BoPインクルーシブ・ビジネス支援

BoP層をバリューチェーンに組み込むことで、社会課題の解決と経済的利益を両立する BoPインクルーシブビジネスへの参画が相次いでいます。PwC Japanは各国のPwCと、各国政府、国際機関、研究機関等とのネットワークを活用し、BoPインクルーシブビジネスに必要なサービスを提供します。

サステナビリティ

Navigating the SDGs:SDGsビジネスガイド 国連のグローバル目標に関与するためには(2017年6月12日)

PwCのSDGsビジネスガイドでは17のグローバル目標それぞれについて、なぜ企業にとって重要なのか?企業に何ができるのか?を解説しています。このガイドにより多くの日本企業がSDGsの達成に大きく貢献することを期待しています。

財務報告が全てではない ‐ 投資家が語るESG投資の趨勢(2016年11月4日)

PwCがIIRCと共同して実施した機関投資家に対するインタビューであり、投資意思決定に際して検討すべき要因が従来の財務情報からESG情報に広がりを見せていることが読み取れます。

新たなレンズを通してビジネスを考える CEOはサステナビリティをどう捉えているか(2016年7月29日)

PwC が実施した第19回世界CEO 意識調査の結果は、企業のサステナビリティ(持続可能性)に関する問題について、企業のCEOがどのように考え、そしてそれをコアビジネスに組み入れようとしているか示しています。

新しいトリプルA経営への道筋 サステナビリティ+レジリエンスが生み出す企業の成功法則(2016年7月8日)

従来のCSRを超えた戦略性の高い社会・環境問題へ対応、つまり「コーポレートサステナビリティ」と、柔軟な適応力を発揮するための「組織的なレジリエンス」を高める3つの原則、新しいトリプルAが求められています。

サステナブル投資の主流化:投資家の見解を探る(2016年4月28日)

責任投資原則を背景に、環境、社会、ガバナンス(ESG)に含まれるサステナビリティの問題が、投資家の戦略や慣行に与える影響を調査した結果、投資判断への影響力やそれが今後強まる可能性が明らかになっています。

ビジネスと持続可能な開発目標(SDGs)‐SDGs実現に向けて企業に何が求められているか(2016年4月15日)

PwCは持続可能な目標(SDGs)の実現において企業がどの程度の準備を進めているか、また、市民が企業に何を期待しているかについて、世界15カ国の企業986社および2015名の市民を対象に調査を実施しました。

統合報告の導入ガイド(2015年11月11日)

統合報告をどのように導入するか。PwCがグローバルで開発したロードマップを基に、統合報告書の作成・活用に挑戦される全ての人々に、実践的なガイダンスを紹介します。

低炭素化動向指標LCEI(Low Carbon Economy Index)2015レポート(2015年10月29日)

PwCでは毎年、G20の経済の低炭素化動向の指標であるLow Carbon Economy Index(LCEI)の調査分析を行っており、その最新レポートを2015年10月に公表しました。

持続可能なサプライチェーン:価値の最大化に向けて(2015年09月29日)

APICSとPwCは企業の経営層が持続可能なサプライチェーンの構築に向け、どのように優先順位を見極めているか調査を行いました。本調査では、持続可能性に向けた取り組みの成功要因を探ります。

Power & Renewables Deals 2015~2015年の展望と2014年のレビュー~(2015年08月12日)

PwCは、電力および再生可能エネルギーセクターにおけるM&Aの動向をとりまとめた報告書を毎年発行しています。2015年版では、2014年の電力および再生可能エネルギーセクターのディールは主に米国に集中したものの、2015年は全世界的にバランスがとれたものになるとみられています。

ファンドニュース(56)イギリスにおけるメガソーラーファンドの動向(2015年05月29日)

「インフラファンド市場の開設に伴う有価証券上場規程等の一部改正について」が東京証券取引所より、2015年4月に公表されました。ここで対象となっているインフラファンドに類似したファンドがロンドン証券取引所に上場されています。これらのファンドの状況を紹介します。

ビジネスに影響を及ぼす"水"リスク(2015年05月01日)

ビジネス上のリスクのうち水は重要な課題の一つであり社会的にも優先度が高い懸案事項となっています。PwCの最新のレポートでは水リスクへの対応や水を分かち合うための方法について述べています。

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点(2014年11月10日)

PwCはダボス会議で発表した第17回CEO意識調査をもとに、世界のCEOがCorporate Sustainability(企業のサステナビリティ)をどのように捉えているかをまとめました。CEOがサステナビリティとその課題についてどう考え、それが企業の事業経営にとって何を意味するのかについて考察しています。

炭素予算の破綻 低炭素経済指標2013(2014年05月30日)

PwCが2013年に調査した第5回目の「低炭素経済指標」の結果、世界の気温上昇を2100年時点で平均2度以下に抑えるためには世界全体のGDP当たり炭素排出量を毎年6%削減する必要があることがわかりました。

Power & Renewables Deals ‐2014年の展望と2013年のレビュー‐(2014年04月17日)

本報告書は、電力・ガス・再生可能エネルギーセクターのM&Aをとりまとめたシリーズの2013年版です。本報告書では世界のエネルギーM&A市場を概観しつつ、プレイヤーの動向や地域毎の状況について整理しています。

PwC Japanサステナビリティサービス

PwC Japanのサステナビリティサービスは、各国における先進的な取り組みを行っているクライアントニーズへの対応はもちろん、国際的なサステナビリティトレンドあるいはガイドラインに対応した最新情報に基づく適確なサービスを提供しています。

PwC Japan 再生可能エネルギーソリューション

固定価格買取制度により発展が期待される再生可能エネルギービジネスについて、PwC Japanが提供するトータルサービス(会計・監査・税務・ファンド・プロジェクトマネジメントなど)をご案内します。

再生可能エネルギー事業 セカンダリーマーケット支援サービス

発電事業の売却をお考えの発電事業者の方ならびに発電事業取得を希望する投資家に向けて、事業性分析・事業価値の評価ならびに売却価格妥当性の検証など、セカンダリーマーケットに関するサービスをワンストップで提供します。

GRIガイドラインG4の概要(第2回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-(2013年07月24日)

2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える後編です。G4の中で最もボリュームがあり具体的な内容を示している標準開示の概要および統合報告との関係を含めた今後の企業報告の方向性などについてまとめています。

GRIガイドラインG4の概要(第1回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-(2013年07月09日)

2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える前編です。G4の全体的な構成と基本的な考え方について、ガイドラインから読み取れる主要な事項についてまとめています。

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー(2013年07月22日)

PwCは世界の電力や再生可能エネルギーセクターのM&A市場の動向を毎年報告しています。本レポートはその2012年版であり、2012年のM&A市場を概観するとともに、2013年の展望について述べています。

10Minutes サプライチェーンの柔軟性(2013年06月26日)

ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果(2013年06月24日)

PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

米国における財務報告上の持続可能性情報開示-Sustainability Accounting Standards Board(SASB)の動向-(2013年05月17日)

米国の非営利の民間団体SASBが財務報告上の持続可能性情報の開示に関する基準策定の動きを活発化させています。理事会メンバーには元SEC委員も加わっていることから、今後の動向が注目されます。

持続可能な社会構築に向けた統合報告の役割 -統合報告フレームワークのプロトタイプ-(2013年04月10日)

まもなくIIRCにより統合報告フレームワークの最終版が公表される予定です。この公開を前に、本稿ではプロトタイプの枠組みや要点を概観、統合報告の内容の再確認や、社会的意義について検討します。

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『2013年エネルギー・金属市場に関連する政治リスク』(2013年01月25日)

PwC Japanでは、ストラテジックパートナーであるEurasia Group との共同マーケティング活動の一環として「2013年エネルギー・金属市場に関連する政治リスク」と題したレポートを発行しました。

Renewables Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~(2013年01月11日)

PwCは、再生可能エネルギーM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは2011年から2012年初頭の再生可能エネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

Power Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~エネルギーM&A市場はいまだ回復途上。経済情勢が市場再成長の鍵に。(2012年12月30日)

PwCは電力事業のM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは、2011年から2012年初頭のエネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」(2012年12月27日)

PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~(2012年12月10日)

「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

再生可能エネルギーファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス

再生可能エネルギーの固定価格買取制度が、2012年7月1日より施行され、本制度によって太陽光、風力、水力、地熱およびバイオマスなどの各分野における買取価格および期間が決定されたことにより、事業採算性評価の基礎となるキャッシュフロー予測の前提がより明確なものとなりました。PwCではさまざまな分野のチームがあり、再生可能エネルギーファンドの組成に関して多様なアドバイスを提供します。

インフラファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス

インフラファンド組成には、継続的な投資案件の創出、投資対象の適切な評価、投資家からの資金導入のための最適なスキーム立案など課題、論点が多岐にわたります。PwCのさまざまな分野の専門知識をもったプロフェッショナルが、インフラファンドの組成に関する多様な課題を解決するために、ワンストップで統合的なサービスを提供します。

技術だけでは不十分である(2012年09月13日)

クリーンテクノロジー市場でのデューデリジェンスを成功させるために、技術だけでなくオペレーションも含めた包括的な評価を実施する必要性を説き、3つの主要項目を網羅すべきであると述べています。

BoPインクルーシブ・ビジネス支援

BoP層をバリューチェーンに組み込むことで、社会課題の解決と経済的利益を両立する BoPインクルーシブビジネスへの参画が相次いでいます。PwC Japanは各国のPwCと、各国政府、国際機関、研究機関等とのネットワークを活用し、BoPインクルーシブビジネスに必要なサービスを提供します。

持続可能なマテリアル - Minerals and metals scarcity in manufacturing -(2011年12月15日)

PwCでは、天然鉱物資源の枯渇(コンフリクト・ミネラル:Conflict Mineral)に関し企業経営層を対象に調査、天然鉱物資源の不足の重要性や影響度について、地域別、セクター別の特徴を明らかにしています。

コーポレートレスポンシビリティから生みだされる企業価値(2011年12月16日)

東日本大震災を契機として、企業の社会的責任の果たし方・開示の仕方が見直されています。本レポートは、米国での最新動向を起点に、企業価値向上に貢献する、企業の社会的責任に関する情報開示のあり方を考察します。

GHGプロトコル「スコープ3」「プロダクト」スタンダード公表される(2011年10月28日)

温室効果ガス(GHG:Greenhouse Gases)の算定・開示の基準の開発とその利用促進を進めているGHGプロトコルイニシアチブより、「スコープ3スタンダード」および「プロダクトスタンダード」が公表されました。

10Minutes アフリカ投資について(2011年09月05日)

アフリカは今や投資に対してリスク調整後リターンが最も高い新興経済ですが、中国、韓国に比べ日本は当市場の獲得競争に出遅れています。成功するには、投資家は長期的視点を持ってアフリカの成長に参画する必要があります。

PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響(2011年08月31日)

PwC Japanは、東日本大震災が日本や世界の産業界に与えた影響や原因を分析し、自動車、エネルギー、原子力発電、家電・半導体、製造、小売、食品飲料、医薬品、金融、保険の業界別にレポートにしました。

事業継続性とサプライチェーンリスク(2011年08月30日)

本報告書では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により分断されたサプライチェーンについて触れ、企業のサプライチェーンリスクを見直しするための方向性の提言を行っています。

東日本大震災とその後 BCPは適切に機能したのだろうか?(2011年08月30日)

本報告書では2011年3月11日に発生した東日本大震災を起因として、これからの震災対応を考えるビジネスリーダーに対し、震災後の危機管理、事業継続管理(BCM)を提言しています。

政府エネルギー政策の中間整理の内容と課題(2011年08月05日)

政府の国家戦略室に設置された「エネルギー・環境会議」は、今後のエネルギー政策の基本戦略検討に関しての中間的な報告である「『革新的エネルギー・環境戦略』策定に向けた中間的な整理」をとりまとめました。

紛争鉱物(サプライチェーンを把握する)(2011年07月13日)

米国金融規制改革法(ドッドフランク法)において紛争鉱物の使用に関する開示義務が盛り込まれ、最終規則は2011年8月~12月に公表予定です。本レポートは、規則案の概要および求められる対応を簡潔にまとめています。

政府による新たなエネルギー政策の検討(2011年07月11日)

政府は、現状のエネルギーシステムに関する課題を踏まえた上で今後の広範なスパンを対象とした戦略を策定するため、首相官邸主導で国家戦略室が携わる政策の1つである革新的エネルギー・環境戦略分野を検討する「エネルギー・環境会議」を発足しました。

The sustainability yearbook 2011(2011年04月05日)

PwCとSAM Groupは、共同レポートとしては7回目となる「Sustainability yearbook 2011」を発表しました。企業の持続可能性に関する活動の概観をまとめています。

Carbon Disclosure Project(CDP):Japan 500 Report[日本語](2010年10月20日)

2010年10月、カーボンディスクロージャープロジェクト(CDP)の日本報告会が開催され、国内大規模企業500社に対するアンケート結果「CDP Japan 500 Report」が発表されました。

Big Picture ~サステナビリティの未来を考える(2010年10月10日)

PwCは、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」を発行しました。

ビジネスのための生態系と生物多様性の経済学(TEEB)(2010年09月30日)

国連の研究調査「ビジネスのための生態系と生物多様性の経済学」によると、評価方法や分析方法がより良くなれば、世界の自然資本に関する大規模なビジネスやその影響の調査が一層促進される、と報告しています。

Vision 2050‐主要セクターにおけるサステナビリティ関連の事業機会の増加規模を試算(2010年08月20日)

2050年に現在より持続可能な将来ビジョンが実現した場合、主要セクターにおいて関連の事業機会がどの程度増加するかの試算を目的としたものです。

生物多様性に関する最近の動向について(2009年10月26日)

来年の2010年は国連によって定められた「国際生物多様性年」であり、愛知・名古屋における生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)開催が近づいています。本稿では、最近の生物多様性に関する動きをご紹介します。

オーストラリアの排出量取引制度 産業支援の内容(2009年10月26日)

オーストラリア政府は、前政権からヨーロッパ以外で初めてとなる排出量取引制度導入を表明し、制度の整備を進めており、これが成立すると規制の対象となる業種では大きな影響が予想されます。本稿では、支援策を含めたオーストラリアの排出量取引制度の概要と、制度の影響についてご紹介します。

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」 最終回 事例からみる解決策と今後の課題(2009年04月02日)

CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について第4回目となる本稿では、企業数社へのヒアリング結果および弊社グループが開催したセミナーのアンケート結果から浮かび上がった課題をご紹介しつつ、マテリアリティ判断を実施する際の留意点やポイントを考えてみます。

日本におけるCSR調達の状況(2009年03月24日)

人権や労働環境など社会面も含めた、サプライチェーン全体のCSR の取り組み(「CSR 調達」)について、注目され初めてから現在までに日本企業はどのように対応しているのか解説していきます。

連載「AA1000」第3回 AA1000セミナー開催報告(2009年02月28日)

第3回目となるAA1000に関する連載である本稿では、あらた監査法人と株式会社あらたサステナビリティ認証機構が主催したセミナー「ステークホルダーから信頼されるCSR報告書を目指して~AA1000改訂とマテリアリティ評価に関する欧州・日本の実務動向~」の結果について報告します。

強化される環境規制‐2009年に必要な対応のポイント(2009年02月17日)

2009年に改正が予定されており、企業対応が必要となる省エネ法、化学物質管理、土壌汚染防止などの環境規制・法令について、簡単にご紹介いたします。

連載「CSR 報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」 第3回 海外企業の状況分析と事例(2009年01月20日)

CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について、第3回目となる本稿ではAA1000AS採用事例など海外におけるマテリアリティの導入状況の紹介と国内企業との比較をしていきます。

連載「AA1000」第2回 AA1000APSの詳細(2009年01月14日)

AA1000についての連載2回目となる本稿では、AA1000APS(2008)にて定義されている「包括性」の根本原則、「重要性」および「対応性」の2原則についてご紹介いたします。

連載「AA1000」第1回 AA1000AS改訂の概要(2009年01月09日)

サステナビリティレポーティングに対する保証基準であるAA1000 Assurance Standard(以下、AA1000AS)が、本年10月24日に改定されました。今回から3回にわたり、AA1000AS改訂の概要および今後の動向をご紹介いたします。

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」第2回 国内企業の状況分析と事例(2008年12月26日)

CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況に関する第2回目の連載となる本稿では、国内企業による2008年発行のCSR報告書で重要性(マテリアリティ)をどのように導入しているかの事例について詳しく見ていきます。

排出量取引の国内統合市場の試行的実施に向けて(2008年11月20日)

2008年10月21日、政府は先に閣議決定された「低炭素社会づくり行動計画」を受け、温室効果ガスの国内排出量取引制度の試行的実施(以下「試行実施」)を行うことを発表しました。市場メカニズムを活用し、技術開発や削減努力を誘導する方法を活用する必要があるとの観点に立って実施されます。

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」第1回 2008年発行報告書の全般的な動向(2008年11月20日)

CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について、4回にわたり連載で説明いたします。本稿では、改訂されたGRIのサステナビリティ・レポーティング・ガイドライン「G3」を中心に解説いたします。

連載「廃棄物」 第2回リサイクル関連法に関する最近の動き(2008年08月12日)

廃棄物に関する昨今の動向について、第1回に引き続き、食品リサイクル法、建設リサイクル法、自動車リサイクル法について最近の動きを整理し説明いたします。

古紙配合率の偽装問題を受けて ~取引先・関係者はどこまで求めるべきか、製紙会社はどこまで対応すべきか~(2008年04月11日)

古紙配合率偽装問題が大きな問題となりました。この問題が投げかけたものについて、リサイクル商品に関する制度的な限界があるのか、また「環境配慮製品」の信頼回復に向けて、海外における取り組みやさまざまな森林認証制度などについて解説します。

連載「廃棄物」 第1回 リサイクル関連法に関する最近の動き(2008年03月25日)

「資源の有効な利用の促進に関する法律(資源有効利用促進法)」をはじめとするリサイクル関連法案の完全施行から約5年が経過しています。本レポートでは、各リサイクル関連法案の再検討作業において注目した点と問題点について整理します。

連載「SA8000規格」第4回 SA8000規格(SA8000ガイダンスドキュメント):1.児童労(2007年05月24日)

SA8000を策定したSAIからSA8000 のガイダンスドキュメントが発行されており、規格要求事項の解釈、および監査時の留意事項などが解説されています。本連載では、規格要求事項とその解釈について掲載していきます。

バイオエタノールを中心としたバイオ燃料の動向(2007年05月11日)

バイオ燃料は地球温暖化問題意識の高まりや原油価格高騰を背景に近年世界的に需要が増加している一方、農作物の価格に与える影響など今後食糧問題の新たな要因となる可能性が指摘されています。本稿ではバイオエタノールを中心としたバイオ燃料に関する動向を簡単に説明します。

温室効果ガス排出量の絶対量での削減が求められる経済活動(2007年02月28日)

温室効果ガス排出量の絶対量での削減が求められる経済活動について、ステークホルダーの関心、諸外国の動向事例の紹介をしながら解説します。

連載「SA8000規格」 第3回 SA8000規格の内容について(2007年02月06日)

SA8000規格について、その目的と対象範囲、要求事項、SA8000への取り組みのオプションを解説します。

連載「SA8000規格」第2回 SA8000の概況~サプライチェーンの労働・人権に関するマネジメント~(2007年01月09日)

SAI (Social Accountability International)が1997年に策定した国際規格SA8000に関し、その特徴、企業にとりSA8000に取組む利点について解説します。

排出事業者の責務を認識し、廃棄物管理のリスク低減を(2006年12月27日)

廃棄物管理に関する動向に関し、有害性の低い廃棄物でも注意が必要な事項、潜在リスクのある安易な処理委託、廃棄物管理の現状把握とリスク削減について解説します。

ステークホルダー・エンゲージメントに向けて~2006年発行のCSR報告書に見る日本企業の関心~(2006年12月07日)

今年は1,000社を超える企業が環境報告書を発行・公表するのではないかと予測されています。2006年に発行された日本各社発行のCSR報告書を通して見える、報告書の名称・内容の変化やステークホルダー・エンゲージメント、これからの課題などについて解説します。

連載「SA8000規格」第1回 サプライチェーンにおける倫理・社会性への関心の高まり(2006年11月15日)

サプライチェーンのCSRマネジメントについて、SA8000を中心に4回に分けて説明していきます。

アスベスト(石綿)に関する環境関連法の改正(2006年11月09日)

「アスベスト問題に係る総合対策」により大気汚染防止法、廃棄物処理法の環境関連法と建築基準法等が改正され、この8月、10月にかけて施行されています。

温室効果ガスの算定方法は算定目的にあわせて(2006年06月19日)

温対法 算定・報告・公表制度が施行は企業への影響も大きい。ただし温室効果ガス(GHG)の「算定の目的」は多くあり、算定目的に合った方法の選択が必要であり、その対応のためエネルギー使用量等の基礎的な活動量データ管理が重要となる。

ゼロエミッションの質向上と不法投棄リスクの軽減(2006年04月18日)

多くの企業では、「排出事業者は廃掃法を遵守していればよい」との考えのもと委託処理業者まかせであることがほとんどですが、そのリスク軽減およびゼロエミッションの質向上を解説します。

「ステークホルダーの特定」について考える(2006年03月31日)

企業の社会的責任(CSR)への関心が高まるにつれて、ステークホルダー・エンゲージメントへの関心も高まっています。本稿ではステークホルダーの特定の方法、解決すべき課題からステークホルダーの抽出方法について解説します。

AA1000SES‐世界最初のステークホルダー・エンゲージメントに関する基準‐(2006年01月16日)

組織、企業、保証提供者等幅広い利用者を対象とした世界最初のステークホルダーに関する包括的な基準であるA1000SESの具体的な要求事項およびクライテリアを解説します。

AA1000SES‐世界最初のステークホルダー・エンゲージメントに関する基準‐~AA1000SESの目的と対象~(2006年01月12日)

組織、企業、保証提供者等幅広い利用者を対象とした世界最初のステークホルダーに関する包括的な基準であるA1000SESの構成、目的と対象、The Stakeholder Engagement Manual について解説します。

ISAE3000の発効と日本への影響(2005年09月22日)

欧州連合(EU)の上場企業は国際財務報告基準(IFRS)に準拠して財務諸表を作成し、会計監査は国際監査基準(ISA)に準拠して行われるようになりました。EUのサステナビリティ報告書の保証への影響があるISAE3000改訂や日本の動向を解説します。

WWFゴールドスタンダード‐ハイクオリティーな炭素クレジットのためのベンチマーク(2004年06月24日)

京都議定書で定められたCDMのルールはUNFCCCのCDM理事会で具体化されてきていますが、WWF(世界自然保護基金)ではより質の高いCDM/JI事業を実現するために独自の基準であるゴールドスタンダード(GS)を推進しています。

AA1000 Assurance Standard‐世界最初のサステナビリティ報告に関する保証基準(2004年05月12日)

“AA1000 Assurance Standard”とはイギリスのNGOであるAccountAbilityが2003年3月に公表したもので、世界最初のサステナビリティ報告に関する保証基準といわれており、その作成にはPwCも主要メンバーとして参加しました。

アナリティクス

データアナリティクスサービス

競争の激化、不確実性の高まる環境の下、リスクを能動的に捉え事業機会の獲得することが期待されています。PwCあらた有限責任監査法人は、意思決定を高度化するため最新のテクノロジーを適用するサービスを提供しています。

電力システム改革支援

電力システム改革ソリューション

PwCは、英国をはじめとした世界50カ国以上の電力市場改革の取り組みと規制などに関する知見、その発展の経緯や背景の知見を活用し、電力自由化市場で勝ち抜くためのアドバイザリーサービスを提供します。

英国電力市場改革と発送電分離

PwCは、英国電力公社の民営化以来、英国政府を支援してきました。世界で最初に電力市場改革を実施したPwC英国の事例を基に改革のロードマップを明らかにし、将来における電力市場への参加者が備えるべき要件を読み解きます。

再生可能エネルギー

PwC Japan 再生可能エネルギーソリューション

固定価格買取制度により発展が期待される再生可能エネルギービジネスについて、PwC Japanが提供するトータルサービス(会計・監査・税務・ファンド・プロジェクトマネジメントなど)をご案内します。

再生可能エネルギー事業 セカンダリーマーケット支援サービス

発電事業の売却をお考えの発電事業者の方ならびに発電事業取得を希望する投資家に向けて、事業性分析・事業価値の評価ならびに売却価格妥当性の検証など、セカンダリーマーケットに関するサービスをワンストップで提供します。

再生可能エネルギーファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス

再生可能エネルギーの固定価格買取制度が、2012年7月1日より施行され、本制度によって太陽光、風力、水力、地熱およびバイオマスなどの各分野における買取価格および期間が決定されたことにより、事業採算性評価の基礎となるキャッシュフロー予測の前提がより明確なものとなりました。PwCではさまざまな分野のチームがあり、再生可能エネルギーファンドの組成に関して多様なアドバイスを提供します。

インフラファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス

インフラファンド組成には、継続的な投資案件の創出、投資対象の適切な評価、投資家からの資金導入のための最適なスキーム立案など課題、論点が多岐にわたります。PwCのさまざまな分野の専門知識をもったプロフェッショナルが、インフラファンドの組成に関する多様な課題を解決するために、ワンストップで統合的なサービスを提供します。

IFRS

経営管理・財務会計サービス

PwCは、CFOのTrusted Partnerとして、CFOが直面するあらゆる課題に対し、グローバル先進事例や最新のIT技術を組み合わせた総合的なソリューションにより、効率的に解決へと導きます。

地域医療システム構築に向けたコンサルティングサービス

高齢化、医療費適正化などヘルスケア業界の世界共通課題に対し、グローバルで最新の解決策を共有しつつ、地域の要望を汲み事情に応じたサービスを提供しています。

ホスピタリティ&レジャー関連サービス

PwC Japanグループのホスピタリティ&レジャーサービスでは、不動産業界やホテル業界の経験者からなる専門チームがクライアントのニーズを的確に捉え、内外における豊富な支援実績、業界で培った高度な専門知識を生かして、実行性の高い解決策を提供することで、クライアントのビジネスの価値最大化を全方位的に支援します。

トレジャリー部門の業務変革支援 - 企業成長に貢献する財務への変革

財務部門の役割の再定義、グローバルでの財務組織の在り方、財務管理システムの選定とグローバル展開など、財務部門が企業成長に貢献する戦略的組織へと変革するための活動を支援します。

Jリート関連サービス

Jリート市場は、近年、新規銘柄の上場が相次いでいます。PwCあらた監査法人を含むPwC Japanは、Jリートの上場に対して豊富な経験を有しており、種々のサービスの提供が可能です。

電力システム改革ソリューション

PwCは、英国をはじめとした世界50カ国以上の電力市場改革の取り組みと規制などに関する知見、その発展の経緯や背景の知見を活用し、電力自由化市場で勝ち抜くためのアドバイザリーサービスを提供します。

Transform for EPM 新たな時代の業績評価マネジメントによる企業価値向上

経営環境の変化が激しい現代において競争優位性を保ち続けるためには、業績評価マネジメントの仕組みも継続的にアップデートする必要があります。PwCは、企業の業績評価マネジメントの今の姿とあるべき姿とのギャップを埋め、経営者に優れた洞察を与え、タイムリーな意思決定を支援する経営管理の仕組みへと変革します。

リスク管理ソリューション

リスク管理ソリューションは、事業収益と表裏一体となっている事業リスクを定量的に評価し、予算管理や投資管理、事業評価といった従来の経営管理の枠組みにリスクの考え方を取り入れることにより、事業収益の獲得、ひいては戦略目標実現に資する経営管理の高度化を支援するものです。

IFRS対応ソリューション 効率的かつ効果的なIFRSの導入

PwC JapanのIFRS導入サービスは、コンサルティング部門、アシュアランス部門が会計・業務・システムの対応まで一貫したソリューションをワンストップで提供します。また、PwCグローバルネットワークも活用した、効率的かつ効果的なIFRS導入を支援します。

IFRS対応パック Microsoft Dynamics AXソリューション

PwCは、企業の建設的なIFRS対応を実現するために、Microsoft Dynamics AXとPwC独自の豊富なソリューションを活用し、効率的なIFRS対応を支援します。

ファンドのバーゼル規制対応

PwC Japanでは、ファンドの実務およびバーゼル規制に精通した経験豊富なプロフェッショナルが多数所属しており、バーゼル規制関連のニーズに対して幅広いサービスを提供します。

PwCあらた有限責任監査法人 金融サービスのご案内

PwCあらた有限責任監査法人の金融グループでは、監査・証明業務を中心として、企業再生支援、海外進出支援、リスク管理支援、規制対応・内部監査支援など、幅広いサービスを提供します。

資産運用インダストリーへのプロフェッショナルサービス

PwC Japanの資産運用セクターのプロフェッショナルは、国内および外資の資産運用会社、信託銀行、投資信託などのファンドの監査・アドバイザリー業務の経験を豊富に有しています。資産運用ビジネスに精通し、求められる高いコンプライアンスを深く理解したプロフェッショナルが、クライアントの直面するリスクや課題に適切なソリューションを提供します。

不動産運用業のSSAE16/86号検証サービス

SSAE16検証業務は、不動産の物件売買、テナントのリーシング、残高管理を含む不動産運用業務にも対象が広がりつつあります。PwCあらた有限責任監査法人は、不動産運用業に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

不動産運用インダストリーへのプロフェッショナルサービス

PwCあらた有限責任監査法人(PwC)の資産運用セクターのプロフェッショナルは、国内および外資の資産運用業、信託銀行、証券会社、投資信託などのファンドの監査・アドバイザリー業務の経験を有しております。資産運用ビジネスに精通しており、求められる高いコンプライアンスを深く理解したプロフェッショナルが、クライアントが抱えているリスクや課題が財務諸表に及ぼす影響を適切に把握することを支援します。

英国電力市場改革と発送電分離

PwCは、英国電力公社の民営化以来、英国政府を支援してきました。世界で最初に電力市場改革を実施したPwC英国の事例を基に改革のロードマップを明らかにし、将来における電力市場への参加者が備えるべき要件を読み解きます。

PwC Japan 再生可能エネルギーソリューション

固定価格買取制度により発展が期待される再生可能エネルギービジネスについて、PwC Japanが提供するトータルサービス(会計・監査・税務・ファンド・プロジェクトマネジメントなど)をご案内します。

再生可能エネルギー事業 セカンダリーマーケット支援サービス

発電事業の売却をお考えの発電事業者の方ならびに発電事業取得を希望する投資家に向けて、事業性分析・事業価値の評価ならびに売却価格妥当性の検証など、セカンダリーマーケットに関するサービスをワンストップで提供します。

公的機関へのプロフェッショナルサービス

戦略策定・行財政改革・事業再生・地域再生・官民連携・ITソリューションなどさまざまな角度から政府・公的機関の活動を支援します。

プライベートエクイティ・バイアウトファンドのSSAE16/86号検証サービス

SSAE16(保証業務基準第16号)は、業務の委託を受けた受託会社が、当該受託業務に関する内部統制の整備および運用の状況について監査法人など外部の第三者のチェックを受け、委託会社に対して報告を行う、米国における基準です。PwCあらた有限責任監査法人は、豊富な知識と経験を有するプロフェッショナルを擁し、プライベートエクイティファンドの監査を専門的に行っています。

年金資産の運用管理にかかわるアドバイザリーサービス

PwCあらた有限責任監査法人には、年金資産を含んだ資産運用に関する監査、内部統制・会計アドバイザリーおよび金融資産の評価などに関する経験豊富なプロフェッショナルが所属しており、年金資産の運用管理に対して多様なサービスを提供しています。

GIPS基準準拠検証サービス

グローバル投資パフォーマンス基準(GIPS基準)は、投資パフォーマンスの公正な表示と完全な開示を確保するために定められた投資パフォーマンス提示のための倫理的な基準です。PwCあらた有限責任監査法人(PwC)は、資産運用業界およびGIPS基準に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

SSAE16/86号検証サービス

SSA E16(旧SA S70)は、従来、年金の運用を受託する投資顧問会社や投資信託財産の受託者である信託銀行の業務を対象とするケースが多数でしたが、事務受任やプライシングなどのさまざまなアウトソース業務にも対象が広がりつつあります。PwCあらた有限責任監査法人(PwC)は、資産運用業に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 豊富な事例が生んだIFRS対応方法論

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の数多くの金融機関へのIFRS対応事例を基とした方法論-例えば、金融機関におけるIFRS仕訳の要件定義のテンプレート-を活用し、金融機関ごとに異なる内外の環境を踏まえた柔軟なIFRS導入支援サービスを提供します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 今、何をすべきか

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の金融機関への豊富なIFRS対応支援の実績と金融業界への深い知見と洞察力により、日本の金融機関に最適な影響分析サービスを提供し、IFRSの動向を見据えた柔軟かつ実現可能性の高いIFRS導入計画を提案します。

保険業界へのプロフェッショナルサービス

PwCコンサルティング合同会社は、長年にわたり蓄積された保険業界に関する知識やノウハウを活かし、あらゆる局面で保険業界を支援します。

PwC Japan金融サービスのご案内

PwC Japanは、金融機関の成長戦略を支援するとともに、コンプライアンスやリスク管理などの経営課題への対処を支援するために、監査、アドバイザリー、税務の専門家が相互に連携してサービスを提供します。

再生可能エネルギーファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス

再生可能エネルギーの固定価格買取制度が、2012年7月1日より施行され、本制度によって太陽光、風力、水力、地熱およびバイオマスなどの各分野における買取価格および期間が決定されたことにより、事業採算性評価の基礎となるキャッシュフロー予測の前提がより明確なものとなりました。PwCではさまざまな分野のチームがあり、再生可能エネルギーファンドの組成に関して多様なアドバイスを提供します。

インフラファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス

インフラファンド組成には、継続的な投資案件の創出、投資対象の適切な評価、投資家からの資金導入のための最適なスキーム立案など課題、論点が多岐にわたります。PwCのさまざまな分野の専門知識をもったプロフェッショナルが、インフラファンドの組成に関する多様な課題を解決するために、ワンストップで統合的なサービスを提供します。

病院経営の総合支援-成果の実現に向けて

PwCコンサルティング合同会社は、医療機関を対象に提供している「病院経営支援サービス」に3つの新メニューを導入し、現役医師との連携のもと、医療機関の経営改善を総合的に支援します。

金融機関を支える経営管理ソリューション

PwCコンサルティング合同会社は、金融機関の取り組みを支援すべく、会計やリスク、経営管理に関する多数の経験や実績を基に、情報システムを支える幅広いサービスを提供します。

事業継続管理支援サービス

プライスウォーターハウスクーパース株式会社のBCM支援サービスは、戦略的なリスクマネジメントの観点から、業務中断リスクの洗い出し、BIA(事業影響度分析)、ITディザスターリカバリー、業務復旧戦略立案、BCP(事業継続計画)策定、インシデントレスポンスなど、企業やサプライチェーン、公共機関、地域社会などにおけるBCMを幅広く支援するものです。

ITディザスターリカバリー支援サービス

PwCコンサルティング合同会社は、企業の事業継続性を確保するため、自然災害やシステム障害など、不測の事態における情報システムの対応計画および手順の策定、データセンター選定・移転/バックアップセンター構築など、情報システムの信頼性を高める施策の検討をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

BusinessDrivenSOAの適合性診断サービス

SOAとは、一般的にシステムアーキテクチャとして認識されています。PwCコンサルティング合同会社では、BPMの活動を通して、ビジネスプロセスの可視化および最適化を行い、ビジネスに適したシステム基盤をSOAにて実現することで、ビジネスとITのより密な融合を実現します。

エンタープライズサーチ活用によるビジネスイノベーションの実現

PwCコンサルティング合同会社では、ビジネス・IT両方の視点から、エンタープライズサーチを効果的に活用した、戦略的な情報活用によるビジネスイノベーションの実現を支援します。

アイデンティティ&アクセス管理

長期的な経営戦略と整合性が確保され、ビジネス環境の変化に柔軟かつ迅速に対応できる基盤の構築と、それらを支えるアイデンティティ&アクセス管理の実現をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

経理業務プロセス全体の標準化・効率化

PwCコンサルティング合同会社は、グループ会社まで含めた経理業務プロセスの標準化・効率化に関する課題を、業務プロセス、情報システム、人・組織などさまざまな観点から網羅的に抽出・整理し、実効性の高い解決案を提案するとともに、実現までの取り組みを一貫して支援します。

グローバルシェアードサービス構築支援

グローバルでの低コストオペレーションの実現、海外子会社に対するガバナンスとコンプライアンスの強化の手段として、グローバルシェアードサービスが注目されています。PwCは、先進欧米企業における多数の支援実績やノウハウをもとにした、グローバル統一のシェアードサービスとアウトソーシング方法論を用いて、シェアードサービス構築およびアウトソーシングの実現性評価、設計、構築、導入から稼働後の継続的改善までを一貫して支援します。

ビジネスインテリジェンス構築

PwCコンサルティング合同会社は業務とシステム両面から、あるべきビジネスインテリジェンス(BI)の構想策定、ツール選定、導入、定着化まで一貫したサービスを提供します。スピーディーな要件整理や業務設計だけでなく、部門間調整、トータルコスト削減など、経験に裏付けされたプロジェクトマネジメントにより、BIの構築を支援します。

予算管理改革支援

市場の変化が激しい現代において、予算編成期間の短縮や予算統制の短サイクル化を推進し、変化の兆候をいち早く読み取り、先手を打てる経営を実現する必要があると考えます。国内外の豊富な実績に基づき、予算管理の制度設計からシステム導入、運用定着まで、クライアントの予算管理改革をご支援します。

会計システムの再構築

PwCコンサルティング合同会社は、会計システムの再構築を、経営・業務改革の実現とグループ経営管理の高度化のチャンスと捉え、ベンダーから独立した中立的な立場を生かしたソフトウエアの評価、構想から設計・開発、導入、定着化まで一貫した、PwCグローバルネットワークを生かしたサービスを提供します。

コストマネジメント再構築

価格競争の激化にともなう生産拠点のグローバル化、製品ライフサイクルの短縮化、といった経営環境の変化のもと、コストマネジメント(原価計算・原価管理)の重要性が増してきています。PwCコンサルティング合同会社は、クライアントの経営環境・事業戦略を踏まえ、コスト競争力強化に直結するコストマネジメントの再構築を支援します。

金融サービス

PwCあらた有限責任監査法人 金融サービスのご案内

PwCあらた有限責任監査法人の金融グループでは、監査・証明業務を中心として、企業再生支援、海外進出支援、リスク管理支援、規制対応・内部監査支援など、幅広いサービスを提供します。

PwC Japan金融サービスのご案内

PwC Japanは、金融機関の成長戦略を支援するとともに、コンプライアンスやリスク管理などの経営課題への対処を支援するために、監査、アドバイザリー、税務の専門家が相互に連携してサービスを提供します。

金融機関を支える経営管理ソリューション

PwCコンサルティング合同会社は、金融機関の取り組みを支援すべく、会計やリスク、経営管理に関する多数の経験や実績を基に、情報システムを支える幅広いサービスを提供します。

銀行・証券

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 豊富な事例が生んだIFRS対応方法論

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の数多くの金融機関へのIFRS対応事例を基とした方法論-例えば、金融機関におけるIFRS仕訳の要件定義のテンプレート-を活用し、金融機関ごとに異なる内外の環境を踏まえた柔軟なIFRS導入支援サービスを提供します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 今、何をすべきか

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の金融機関への豊富なIFRS対応支援の実績と金融業界への深い知見と洞察力により、日本の金融機関に最適な影響分析サービスを提供し、IFRSの動向を見据えた柔軟かつ実現可能性の高いIFRS導入計画を提案します。

資産運用

経営管理・財務会計サービス

PwCは、CFOのTrusted Partnerとして、CFOが直面するあらゆる課題に対し、グローバル先進事例や最新のIT技術を組み合わせた総合的なソリューションにより、効率的に解決へと導きます。

データアナリティクスサービス

競争の激化、不確実性の高まる環境の下、リスクを能動的に捉え事業機会の獲得することが期待されています。PwCあらた有限責任監査法人は、意思決定を高度化するため最新のテクノロジーを適用するサービスを提供しています。

PwC - Google for Work 働き方の再発明

PwCのビジネスに関する知見と、 Google のクラウドベースの連携・生産性向上を実現する Google Apps を組み合わせ、「ワークスタイル変革」を志向する企業に対し、業務時間のスマート化を支援します。

サプライチェーンデザインサービス

PwCは、多くの企業が重要かつ困難な課題を抱えるサプライチェーンにおいて、戦略的なデザイン(戦略策定や実データを使ったシミュレーションなど)から、改革の実行、定着化までを一貫して支援します。

Strategy&

Strategy&は、PwCコンサルティング合同会社のストラテジーコンサルティングを担うチームとして、企業の皆様の実践的な戦略策定と実行を支援し、グローバル規模での成長を実現します。

トレジャリー部門の業務変革支援 - 企業成長に貢献する財務への変革

財務部門の役割の再定義、グローバルでの財務組織の在り方、財務管理システムの選定とグローバル展開など、財務部門が企業成長に貢献する戦略的組織へと変革するための活動を支援します。

Jリート関連サービス

Jリート市場は、近年、新規銘柄の上場が相次いでいます。PwCあらた監査法人を含むPwC Japanは、Jリートの上場に対して豊富な経験を有しており、種々のサービスの提供が可能です。

海外税務リスク管理ツール‐Tax Operations Manager

PwCは海外展開を加速させる日系企業が日本本社において効率的かつタイムリーな税務上の課題・リスク分析を可能にし、海外税務リスク管理体制強化するためにマイクロソフトテクノロジーを組み合わせて支援します。

グローバルイノベーションファクトリー イノベーション創出と活性化のためのコンサルティングサービス

グローバルイノベーションファクトリー(GIF)は、企業の新製品や新サービス、新たなビジネスモデルを生み出す「イノベーション」の創出・活性化を支援する専門組織です。

間接材購買コスト削減 powered by Ariba®

PwCコンサルティング合同会社は、成功報酬型コスト削減とSAPの「Ariba Commerce Cloud」導入支援を組み合わせたサービスで、間接材購買コスト改革を志向する企業を支援します。

イノベーション創造支援ソリューション

イノベーションは企業の成長の源泉として、その重要性はますます高まっています。PwC Japanのイノベーション創造ソリューションは、革新的な新製品や新サービスの開発、新規事業創出において、イノベーション戦略立案、オペレーティングモデル構築、組織・人材などのケイパビリティ構築から、実行までを一貫して支援します。

電力システム改革ソリューション

PwCは、英国をはじめとした世界50カ国以上の電力市場改革の取り組みと規制などに関する知見、その発展の経緯や背景の知見を活用し、電力自由化市場で勝ち抜くためのアドバイザリーサービスを提供します。

Transform for EPM 新たな時代の業績評価マネジメントによる企業価値向上

経営環境の変化が激しい現代において競争優位性を保ち続けるためには、業績評価マネジメントの仕組みも継続的にアップデートする必要があります。PwCは、企業の業績評価マネジメントの今の姿とあるべき姿とのギャップを埋め、経営者に優れた洞察を与え、タイムリーな意思決定を支援する経営管理の仕組みへと変革します。

リスク管理ソリューション

リスク管理ソリューションは、事業収益と表裏一体となっている事業リスクを定量的に評価し、予算管理や投資管理、事業評価といった従来の経営管理の枠組みにリスクの考え方を取り入れることにより、事業収益の獲得、ひいては戦略目標実現に資する経営管理の高度化を支援するものです。

IFRS対応ソリューション 効率的かつ効果的なIFRSの導入

PwC JapanのIFRS導入サービスは、コンサルティング部門、アシュアランス部門が会計・業務・システムの対応まで一貫したソリューションをワンストップで提供します。また、PwCグローバルネットワークも活用した、効率的かつ効果的なIFRS導入を支援します。

Growth Markets Centre 複雑な新市場で収益力ある成長を実現するために

Growth Markets Centre(GMC)は、PwC のグローバルな英知を結集し、複雑なGrowth Markets においてクライアント企業の成功を支援します。

IFRS対応パック Microsoft Dynamics AXソリューション

PwCは、企業の建設的なIFRS対応を実現するために、Microsoft Dynamics AXとPwC独自の豊富なソリューションを活用し、効率的なIFRS対応を支援します。

ファンドのバーゼル規制対応

PwC Japanでは、ファンドの実務およびバーゼル規制に精通した経験豊富なプロフェッショナルが多数所属しており、バーゼル規制関連のニーズに対して幅広いサービスを提供します。

資産運用インダストリーへのプロフェッショナルサービス

PwC Japanの資産運用セクターのプロフェッショナルは、国内および外資の資産運用会社、信託銀行、投資信託などのファンドの監査・アドバイザリー業務の経験を豊富に有しています。資産運用ビジネスに精通し、求められる高いコンプライアンスを深く理解したプロフェッショナルが、クライアントの直面するリスクや課題に適切なソリューションを提供します。

不動産運用業のSSAE16/86号検証サービス

SSAE16検証業務は、不動産の物件売買、テナントのリーシング、残高管理を含む不動産運用業務にも対象が広がりつつあります。PwCあらた有限責任監査法人は、不動産運用業に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

不動産運用インダストリーへのプロフェッショナルサービス

PwCあらた有限責任監査法人(PwC)の資産運用セクターのプロフェッショナルは、国内および外資の資産運用業、信託銀行、証券会社、投資信託などのファンドの監査・アドバイザリー業務の経験を有しております。資産運用ビジネスに精通しており、求められる高いコンプライアンスを深く理解したプロフェッショナルが、クライアントが抱えているリスクや課題が財務諸表に及ぼす影響を適切に把握することを支援します。

英国電力市場改革と発送電分離

PwCは、英国電力公社の民営化以来、英国政府を支援してきました。世界で最初に電力市場改革を実施したPwC英国の事例を基に改革のロードマップを明らかにし、将来における電力市場への参加者が備えるべき要件を読み解きます。

PwC Japan 再生可能エネルギーソリューション

固定価格買取制度により発展が期待される再生可能エネルギービジネスについて、PwC Japanが提供するトータルサービス(会計・監査・税務・ファンド・プロジェクトマネジメントなど)をご案内します。

再生可能エネルギー事業 セカンダリーマーケット支援サービス

発電事業の売却をお考えの発電事業者の方ならびに発電事業取得を希望する投資家に向けて、事業性分析・事業価値の評価ならびに売却価格妥当性の検証など、セカンダリーマーケットに関するサービスをワンストップで提供します。

直接材調達コスト管理テンプレート

PwCコンサルティング合同会社は、統合的なPDCAによる調達コスト低減進捗の見える化、調達統制強化を実現する「直接材調達コスト管理テンプレート」により、調達改革を支援します。

グローバル・マネジメント・サーベイ

PwCコンサルティング合同会社が提供するグローバル・マネジメント・サーベイは、欧米系多国籍企業が実施している全世界従業員調査を可能にするWebベースの経営状況診断ツールです。

年金資産の運用管理にかかわるアドバイザリーサービス

PwCあらた有限責任監査法人には、年金資産を含んだ資産運用に関する監査、内部統制・会計アドバイザリーおよび金融資産の評価などに関する経験豊富なプロフェッショナルが所属しており、年金資産の運用管理に対して多様なサービスを提供しています。

プライベートエクイティ・バイアウトファンドのSSAE16/86号検証サービス

SSAE16(保証業務基準第16号)は、業務の委託を受けた受託会社が、当該受託業務に関する内部統制の整備および運用の状況について監査法人など外部の第三者のチェックを受け、委託会社に対して報告を行う、米国における基準です。PwCあらた有限責任監査法人は、豊富な知識と経験を有するプロフェッショナルを擁し、プライベートエクイティファンドの監査を専門的に行っています。

GIPS基準準拠検証サービス

グローバル投資パフォーマンス基準(GIPS基準)は、投資パフォーマンスの公正な表示と完全な開示を確保するために定められた投資パフォーマンス提示のための倫理的な基準です。PwCあらた有限責任監査法人(PwC)は、資産運用業界およびGIPS基準に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

SSAE16/86号検証サービス

SSA E16(旧SA S70)は、従来、年金の運用を受託する投資顧問会社や投資信託財産の受託者である信託銀行の業務を対象とするケースが多数でしたが、事務受任やプライシングなどのさまざまなアウトソース業務にも対象が広がりつつあります。PwCあらた有限責任監査法人(PwC)は、資産運用業に精通したプロフェッショナルによる効率的な検証サービスを提供します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 豊富な事例が生んだIFRS対応方法論

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の数多くの金融機関へのIFRS対応事例を基とした方法論-例えば、金融機関におけるIFRS仕訳の要件定義のテンプレート-を活用し、金融機関ごとに異なる内外の環境を踏まえた柔軟なIFRS導入支援サービスを提供します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 今、何をすべきか

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の金融機関への豊富なIFRS対応支援の実績と金融業界への深い知見と洞察力により、日本の金融機関に最適な影響分析サービスを提供し、IFRSの動向を見据えた柔軟かつ実現可能性の高いIFRS導入計画を提案します。

再生可能エネルギーファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス

再生可能エネルギーの固定価格買取制度が、2012年7月1日より施行され、本制度によって太陽光、風力、水力、地熱およびバイオマスなどの各分野における買取価格および期間が決定されたことにより、事業採算性評価の基礎となるキャッシュフロー予測の前提がより明確なものとなりました。PwCではさまざまな分野のチームがあり、再生可能エネルギーファンドの組成に関して多様なアドバイスを提供します。

インフラファンドにかかわるアドバイザリーサービスおよび保証サービス

インフラファンド組成には、継続的な投資案件の創出、投資対象の適切な評価、投資家からの資金導入のための最適なスキーム立案など課題、論点が多岐にわたります。PwCのさまざまな分野の専門知識をもったプロフェッショナルが、インフラファンドの組成に関する多様な課題を解決するために、ワンストップで統合的なサービスを提供します。

PwC ソーシャル・インサイト・プラットフォーム

FacebookやTwitterなど、ソーシャルメディアの利用者数は急速に拡大しており、その情報をいかにビジネスに活かすかが重要になってきています。PwCコンサルティング合同会社は、B2C企業がソーシャルメディア上の市場の声をいち早く経営・事業運営に反映するための意思決定を支援します。

事業継続管理支援サービス

プライスウォーターハウスクーパース株式会社のBCM支援サービスは、戦略的なリスクマネジメントの観点から、業務中断リスクの洗い出し、BIA(事業影響度分析)、ITディザスターリカバリー、業務復旧戦略立案、BCP(事業継続計画)策定、インシデントレスポンスなど、企業やサプライチェーン、公共機関、地域社会などにおけるBCMを幅広く支援するものです。

ITディザスターリカバリー支援サービス

PwCコンサルティング合同会社は、企業の事業継続性を確保するため、自然災害やシステム障害など、不測の事態における情報システムの対応計画および手順の策定、データセンター選定・移転/バックアップセンター構築など、情報システムの信頼性を高める施策の検討をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

BusinessDrivenSOAの適合性診断サービス

SOAとは、一般的にシステムアーキテクチャとして認識されています。PwCコンサルティング合同会社では、BPMの活動を通して、ビジネスプロセスの可視化および最適化を行い、ビジネスに適したシステム基盤をSOAにて実現することで、ビジネスとITのより密な融合を実現します。

グローバル・ピープル・サーベイ

PwCコンサルティング合同会社が提供するグローバル・ピープル・サーベイは、欧米系多国籍企業が実施している全世界従業員調査を可能にするWebベースの調査です。調査は58の質問項目から構成され、通常の満足度調査に加えてバランススコアカード(BSC)のフレームワークで、従業員の所属する拠点の経営課題を従業員の視点から可視化します。

エンタープライズサーチ活用によるビジネスイノベーションの実現

PwCコンサルティング合同会社では、ビジネス・IT両方の視点から、エンタープライズサーチを効果的に活用した、戦略的な情報活用によるビジネスイノベーションの実現を支援します。

アイデンティティ&アクセス管理

長期的な経営戦略と整合性が確保され、ビジネス環境の変化に柔軟かつ迅速に対応できる基盤の構築と、それらを支えるアイデンティティ&アクセス管理の実現をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

経理業務プロセス全体の標準化・効率化

PwCコンサルティング合同会社は、グループ会社まで含めた経理業務プロセスの標準化・効率化に関する課題を、業務プロセス、情報システム、人・組織などさまざまな観点から網羅的に抽出・整理し、実効性の高い解決案を提案するとともに、実現までの取り組みを一貫して支援します。

グローバルシェアードサービス構築支援

グローバルでの低コストオペレーションの実現、海外子会社に対するガバナンスとコンプライアンスの強化の手段として、グローバルシェアードサービスが注目されています。PwCは、先進欧米企業における多数の支援実績やノウハウをもとにした、グローバル統一のシェアードサービスとアウトソーシング方法論を用いて、シェアードサービス構築およびアウトソーシングの実現性評価、設計、構築、導入から稼働後の継続的改善までを一貫して支援します。

ビジネスインテリジェンス構築

PwCコンサルティング合同会社は業務とシステム両面から、あるべきビジネスインテリジェンス(BI)の構想策定、ツール選定、導入、定着化まで一貫したサービスを提供します。スピーディーな要件整理や業務設計だけでなく、部門間調整、トータルコスト削減など、経験に裏付けされたプロジェクトマネジメントにより、BIの構築を支援します。

予算管理改革支援

市場の変化が激しい現代において、予算編成期間の短縮や予算統制の短サイクル化を推進し、変化の兆候をいち早く読み取り、先手を打てる経営を実現する必要があると考えます。国内外の豊富な実績に基づき、予算管理の制度設計からシステム導入、運用定着まで、クライアントの予算管理改革をご支援します。

会計システムの再構築

PwCコンサルティング合同会社は、会計システムの再構築を、経営・業務改革の実現とグループ経営管理の高度化のチャンスと捉え、ベンダーから独立した中立的な立場を生かしたソフトウエアの評価、構想から設計・開発、導入、定着化まで一貫した、PwCグローバルネットワークを生かしたサービスを提供します。

コストマネジメント再構築

価格競争の激化にともなう生産拠点のグローバル化、製品ライフサイクルの短縮化、といった経営環境の変化のもと、コストマネジメント(原価計算・原価管理)の重要性が増してきています。PwCコンサルティング合同会社は、クライアントの経営環境・事業戦略を踏まえ、コスト競争力強化に直結するコストマネジメントの再構築を支援します。

保険

保険業界へのプロフェッショナルサービス

PwCコンサルティング合同会社は、長年にわたり蓄積された保険業界に関する知識やノウハウを活かし、あらゆる局面で保険業界を支援します。

エネルギー

電力システム改革ソリューション

PwCは、英国をはじめとした世界50カ国以上の電力市場改革の取り組みと規制などに関する知見、その発展の経緯や背景の知見を活用し、電力自由化市場で勝ち抜くためのアドバイザリーサービスを提供します。

英国電力市場改革と発送電分離

PwCは、英国電力公社の民営化以来、英国政府を支援してきました。世界で最初に電力市場改革を実施したPwC英国の事例を基に改革のロードマップを明らかにし、将来における電力市場への参加者が備えるべき要件を読み解きます。

テクノロジー

事業継続管理支援サービス

プライスウォーターハウスクーパース株式会社のBCM支援サービスは、戦略的なリスクマネジメントの観点から、業務中断リスクの洗い出し、BIA(事業影響度分析)、ITディザスターリカバリー、業務復旧戦略立案、BCP(事業継続計画)策定、インシデントレスポンスなど、企業やサプライチェーン、公共機関、地域社会などにおけるBCMを幅広く支援するものです。

ITディザスターリカバリー支援サービス

PwCコンサルティング合同会社は、企業の事業継続性を確保するため、自然災害やシステム障害など、不測の事態における情報システムの対応計画および手順の策定、データセンター選定・移転/バックアップセンター構築など、情報システムの信頼性を高める施策の検討をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

BusinessDrivenSOAの適合性診断サービス

SOAとは、一般的にシステムアーキテクチャとして認識されています。PwCコンサルティング合同会社では、BPMの活動を通して、ビジネスプロセスの可視化および最適化を行い、ビジネスに適したシステム基盤をSOAにて実現することで、ビジネスとITのより密な融合を実現します。

エンタープライズサーチ活用によるビジネスイノベーションの実現

PwCコンサルティング合同会社では、ビジネス・IT両方の視点から、エンタープライズサーチを効果的に活用した、戦略的な情報活用によるビジネスイノベーションの実現を支援します。

アイデンティティ&アクセス管理

長期的な経営戦略と整合性が確保され、ビジネス環境の変化に柔軟かつ迅速に対応できる基盤の構築と、それらを支えるアイデンティティ&アクセス管理の実現をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

ホスピタリティ&レジャー

ホスピタリティ&レジャー関連サービス

PwC Japanグループのホスピタリティ&レジャーサービスでは、不動産業界やホテル業界の経験者からなる専門チームがクライアントのニーズを的確に捉え、内外における豊富な支援実績、業界で培った高度な専門知識を生かして、実行性の高い解決策を提供することで、クライアントのビジネスの価値最大化を全方位的に支援します。

都市・インフラストラクチャー

電力システム改革ソリューション

PwCは、英国をはじめとした世界50カ国以上の電力市場改革の取り組みと規制などに関する知見、その発展の経緯や背景の知見を活用し、電力自由化市場で勝ち抜くためのアドバイザリーサービスを提供します。

英国電力市場改革と発送電分離

PwCは、英国電力公社の民営化以来、英国政府を支援してきました。世界で最初に電力市場改革を実施したPwC英国の事例を基に改革のロードマップを明らかにし、将来における電力市場への参加者が備えるべき要件を読み解きます。

官公庁・公的機関

公的機関へのプロフェッショナルサービス

戦略策定・行財政改革・事業再生・地域再生・官民連携・ITソリューションなどさまざまな角度から政府・公的機関の活動を支援します。

ヘルスケア

地域医療システム構築に向けたコンサルティングサービス

高齢化、医療費適正化などヘルスケア業界の世界共通課題に対し、グローバルで最新の解決策を共有しつつ、地域の要望を汲み事情に応じたサービスを提供しています。

病院経営の総合支援-成果の実現に向けて

PwCコンサルティング合同会社は、医療機関を対象に提供している「病院経営支援サービス」に3つの新メニューを導入し、現役医師との連携のもと、医療機関の経営改善を総合的に支援します。

PwC Japan

PwC Japanグループ案内[PDF 2,288KB]

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立して事業を行い、相互に連携をとりながら、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、法務のサービスをクライアントに提供しています。

PwCあらた有限責任監査法人

PwCあらた有限責任監査法人 法人案内 [PDF 591KB]

PwCあらた有限責任監査法人は、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務を、わが国の市場環境に適した形で提供しています。 さらに、国際財務報告基準(IFRS)の導入、財務報告にかかわる内部統制、また株式公開に関する助言など、幅広い分野でクライントを支援しています。

PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社 法人案内 [PDF 1,784KB]

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

PwCアドバイザリー合同会社

PwCアドバイザリー合同会社 法人案内 [PDF 1,342KB]

PwCアドバイザリー合同会社は、M&A、事業再生・再編、インフラ関連の高い専門性をもって、変化する企業の成長戦略の実現を支援しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントがグローバル市場で競争優位性をより強固に確立できるよう、最適なサービスを提供します。

PwC税理士法人

PwC税理士法人法人案内[PDF 3,801KB]

PwC税理士法人は、PwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファームです。公認会計士、税理士等約590人を有する日本最大級のタックスアドバイザーとして、法人・個人の申告をはじめ、金融・不動産関連、移転価格、M&A、事業再編、国際税務、連結納税制度等、幅広い分野において税務コンサルティングを提供しています。