内部監査全世界実態調査2012 Aligning Internal Audit ~あなたの会社の内部監査は正しいフロアで活動できていますか?~

内部監査全世界実態調査2012 Aligning Internal Audit ~あなたの会社の内部監査は正しいフロアで活動できていますか?~
内部監査全世界実態調査2012
Aligning Internal Audit
[日本語]
[PDF 3,004KB]

2012 State of the Internal Audit
Profession Study[英語]

今回で8回目になるPwCの内部監査全世界実態調査では、リスク管理の重要性の高まりと、内部監査の貢献への期待の増大に焦点を当てています。過去の調査においては、主に内部監査部門長(CAEs)を対象に調査を行いましたが、今回の調査では、他部門の責任者や、監査役、取締役にまで調査対象を拡大しました。

彼らは、内部監査に対して、今日の重要なリスクについての助言を求めており、またリスクに対処する役割を内部監査部門が担うことを期待しています。なお、ステークホルダー(利害関係者)の観点を今回のサーベイに反映させるため、870名の内部監査部門長に加えて660名以上の利害関係者を今回調査対象に含めました。さらに、100名近くの内部監査部門長と利害関係者に対しては、個別のインタビューも実施しました。今回の調査は、PwCにとっても外部の専門家としての意見を共有する初めての機会となりました。

本報告書では、利害関係者の期待の増大に対して最大の価値を提供するために、内部監査部門がリスク管理領域の諸課題に対して果たすべき役割にハイライトしています。

 
 ページトップへ