リスクマネジメント新時代~市場の現実を直視したリスク管理の再考~(Risk in Review 2012)

Risk in Review 2012 リスクマネジメント新時代 ~市場の現実を直視したリスク管理の再考~
Risk in Review 2012
リスクマネジメント新時代
~市場の現実を直視した
リスク管理の再考~
[日本語]
[PDF 2,092KB]

Risk in review 2012[英語]

2011年、急激な変化が起こり、複雑で予測不可能なリスクの高い市場が形成されました。この新時代のリスクに対応するために、企業はリスクマネジメント手法を構築する必要があります。新市場に対応するためには、伝統的なリスク管理のみでは対応しきれないことが予想されます。今後どのようにリスクマネジメント(リスク管理)を行う必要があるのでしょうか。

今回のレポートでは、2011年におけるグローバルなリスクの状況を分析し、それが2012年を経てどのようになるかを検討していきます。このレポートの第1セクションでは、2011年のリスク管理者たちによる回答の集計結果を説明し、金融危機やその後の不況がどのようにグローバル市場やリスクの考え方を変化させていったのかを検討します。

第2セクションでは、企業に存在する全社的な戦略や地域的なリスクについて経営者やさまざまな業種のリスク専門家へのインタビューを実施した結果について検討します。 最後のセクションでは、来年以降の外的変化への対応の取り組みについて企業のリスクマネジメント手法やツールについて検討をします。

 
 ページトップへ