収益認識と自動車産業:新しい基準への移行
Revenue recognition and the automotive industry: Shifting into a new gear

収益認識と自動車産業:新しい基準への移行

公開草案「顧客との契約から生じる収益」(以下、「公開草案」)が2010年6月に公表されました。公開草案は履行義務を充足した時点で収益を認識するという、単一の、契約に基づく資産負債モデルを提案しています。

公開草案は収益認識の新しい考え方を提示するものであり、企業は収益認識プロセスへの取り組みを根本的に見直す必要があるかもしれません。

公開草案による変化は、財務報告のみならず、企業全般の機能(たとえば、ITシステム)、財務諸表の主要な指標、および契約(借入契約条項や顧客との契約など)へ影響を及ぼすでしょう。

 
 ページトップへ