Paving the Way: Maximizing the value of Private Finance in Infrastructure(ワールド・エコノミック・フォーラム・レポート - インフラ整備への民間資金活用の価値を最大化する)

Paving the Way: Maximizing the value of Private Finance in Infrastructure(ワールド・エコノミック・フォーラム・レポート - インフラ整備への民間資金活用の価値を最大化する)
 

世界のインフラに費やす金額は年間で約3兆米ドルと推定されています。この規模の資金を調達するのは公的資金だけでは難しく、民間資金を活用することは不可欠です。本リポートは、インフラ整備にあたっての民間資金(エクイティとデットと双方)を活用するにあたっての現在の機会と課題について取り上げています。 本レポートはワールド・エコノミック・フォーラム(World Economic Forum:WEF)が発行したものですが、PwCのVictoria Dickinsonが筆頭執筆者を務めている関係から、WEFの許可を得てPwCのホームページにも掲載しています。

本レポートには下記に示す11のケーススタディが掲載されており、付録として「インフラファイナンスの基礎」がついています。最近なにかと話題となるインフラ輸出に関心の高い方の参考になるのではないかと存じます。

11のケーススタディ

  • ケーススタディ 1: Delhi International Airport Limited (Public Private Partnership for Critical Infrastructure)
  • ケーススタディ 2: The Cross City Tunnel (The Challenge of Long-Term Forecasting)
  • ケーススタディ 3: Lekki Toll Road Concession (Arranging Local Financing)
  • ケーススタディ 4: Ontario Highway 407 Toll Road (Best Practices in Dispute Resolution)
  • ケーススタディ 5: Port of Baltimore, Seagirt Marine Terminal (Long-Term Revenue Sharing Agreement)
  • ケーススタディ 6: Chicago Skyway (Long-Term Concession of a Real Toll Road)
  • ケーススタディ 7: Doraleh Container Terminal (Multilateral Support Building)
  • ケーススタディ 8: Port of Miami Tunnel (Public Private Partnership for a Technically Challenging Project)
  • ケーススタディ 9: Florida I-595 Road Project (Arranging Financing During an Economic Crisis)
  • ケーススタディ 10: The Canada Line (Combining Public and Private Finance)
  • ケーススタディ 11: BrisConnections (A Cautionary Tale of Retail Investment in Infrastructure)
 
 ページトップへ