Diagnostics 2011:M&Aの急増、遺伝子診断の加速や早期診断がもたらす新たな展望 エグゼクティブサマリー

Diagnostics 2011:M&Aの急増、遺伝子診断の加速や早期診断がもたらす新たな展望
Diagnostics 2011:
M&Aの急増、 遺伝子診断の
加速や早期診断がもたらす
新たな展望
 [PDF 925KB]

英語フルレポート 

Diagnostics2011は、急成長中の体外診断薬(以下「IVD」という)分野に関するPwCのレビューで、この分野のディール件数増加や、コンパニオン診断にかかわる製薬業界との提携拡大、また新興分野である早期発見検査の傾向について調査しました。

本レポートの内容

  1. M&A活動の拡大、大きな評価額の創出
     M&Aの最新傾向
     2011年上半期のハイライト
     IVD分野におけるM&Aの今後の見通し
  2. IVD企業と製薬会社のコンパニオン診断関連の提携増加
     IVDを用いたコンパニオン診断の最近の動向
     コンパニオン診断の今後の見通し
  3. 早期診断による結果改善の新展望
  4. オーダーメイド医療の成長を支える新たな取り組み
  5. IVD分野の継続成長のためのステップ
 
 ページトップへ