ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)

近年のミャンマーにおける急激な経済、政治、社会的変革を無視することはできません。ミャンマーは急速に変化しており、欧米の経済組織からミャンマーへの外国投資の制限は緩和されつつあります。同時に重要なことは、ミャンマーは国家管理経済から自由経済に移行しつつあるという点です。これらの発展はミャンマーへの投資を模索している企業に多大なビジネス機会をもたらしますが、多くの課題もあります。

このミャンマー投資ガイドはミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダンスや留意事項にとどまらず、さまざまな情報を包括的に提供する目的で作成されています。また、ミャンマーへの国際制裁に関する近年の進展および成長見通しを含むミャンマーの経済や投資環境の詳細にも触れています。

ミャンマーの経済、政治面における魅力的な進展は、全世界から楽観的に考えられるかもしれませんが、実務上で考慮しなければならないことも多くあります。PwCでは外国為替、土地等の不動産の所有権や銀行システムだけでなく、税制、人事および雇用に関するさまざまな情報を提供しています。

 

※この投資ガイドは2012年11月2日に成立した新外国投資法の内容は反映されておりません。新外国投資法に関連する項目は新外国投資法の改正点や今後制定される施行細則をご確認いただきますようお願いいたします。また、投資ガイドの記載情報は一般参考情報であり、各情報につき総合的な分析はされておりません。個別事情につき何らかの判断をされる場合は、専門家にご相談いただくことをお勧めいたします。