未来を育てるふくらむ未来

未来を育てるふくらむ未来

森林・製紙・包装業界(FPP:Forest, Paper and Packing)は、ビジョン2050において重要とされる9の領域の一つで、エネルギーと電力、建築物、運輸、素材の原燃料を提供する重要な役割を担う産業です。
インターネット、eメール、電子書籍リーダーは、FPP業界、紙製品の需要を脅かしています。一方で、木質バイオマスからのバイオ燃料は、2010年の780億米ドル市場から、2020年には2,470億米ドル市場に成長すると予想されています。FPP業界は、20年先の将来に向けて、木質資源の需要を増加させる、紙の特殊用途、グリーンビルディング資材、バイオケミカル製品、バイオ燃料など新素材の研究開発と新しい用途市場開拓に投資し、これらの取り組みをスピードアップさせています。再生可能エネルギー、効率的な資源利用、廃棄物削減の外圧が、新たなバリューチェーンを生み出し、化学、繊維、エネルギー、セメントなどと、業界を超えたパートナーシップを促進させるでしょう。
本分析レポートでは、技術や木質資源の競争、バリューチェーンの発展が、どのようにFPP企業、業界の可能性を再定義するかを考察します。

 
 ページトップへ