「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」
日本語版(抜粋)

本レポートは、2012年10月にPwCが米国Partnership for New York Cityと共同で発表しました年次レポート「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」※を抜粋し、翻訳したものです。

世界の産業・金融・文化の中心となる27都市について、都市を活性化する主要素(都市力)を分析することで、傾向や特徴を把握し、都市の成長や回復に貢献することを目的としています。

※2011年および2012年に収集したデータをもとに10の領域・60の変数を用いて分析し、それぞれランキングを公表しています。なお、英語版オリジナルレポートでは、各都市のセクター別雇用状況の分析および2025年の人口・雇用・生産性に関する予測も実施しています。

図1:世界の27都市の総合
ランキング(上位10都市)
1 ニューヨーク
2 ロンドン
3 トロント
4 パリ
5 ストックホルム
6 サンフランシスコ
7 シンガポール
8 香港
9 シカゴ
10 東京
図2:アジアの9都市の総合
ランキング
1 シンガポール
2 香港
3 東京
4 シドニー
5 ソウル
6 北京
7 クアラルンプール
8 上海
9 ムンバイ
東京の都市力評価
  • 総合評価は、昨年から4ランク上昇して27都市中10位。(図1)
  • アジアの都市の中では、シンガポール、香港に次ぐ3位。(図2)
  • 10の領域のうち、「交通・インフラ」は4位、「技術の成熟度」は6位と高い評価を獲得。一方、「産業・生活のコスト」は最下位に転落。
全27都市の概観
  • 全領域においてバランスのとれた評価を得たニューヨークが1位を獲得。続いて、ロンドンがニューヨークに僅差で2位(昨年6位)、パリが4位(昨年8位)となる。(図1)
  • ロンドンとパリが、昨年よりランクアップし上位となった背景のひとつとして、今年より新しく用いた「ゲートウェイ機能」の領域において、それぞれ1位、2位と高い評価を得ていることが挙げられる。
  • 昨年に引き続き、生活の質やサステナビリティにおいて評価が高いトロント、ストックホルム、サンフランシスコがそれぞれ3位、5位、6位と上位にランクイン。
  • 今年は、新興都市である北京と上海が、「経済的影響力」および「ゲートウェイ機能」の領域において、トップ5にランクイン。経済発展や人口増加に伴い、新たな事業ニーズや海外からの投資が増えていることなどが背景として考えられる。