PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響

View this page in: English
PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響

PwC Japanは、2011年3月11日に発生した東日本大震災が産業界に与えた影響について分析し、業界別にレポートにまとめました。自動車業界や家電・半導体業界などは、サプライチェーンの混乱により大きな影響を受けたにもかかわらず、想定以上の早い回復を見せています。一方、福島第一原子力発電所の事故などにより事業戦略の見直しを迫られている原子力発電業界やエネルギー業界、被災地域の地方銀行における不良債権処理費用が大幅に膨らんだ金融業界などは、未だ回復基調にない状況です。

PwC産業分析レポートは、震災により甚大な影響を受けた業界(自動車、エネルギー、原子力発電、家電・半導体、製造、小売、食品飲料、医薬品、金融、保険)の被害状況を明らかにするとともに、検討すべき課題やビジネスチャンスについても言及しています。

 
 ページトップへ