調査 /レポート - 保険

Insurance 2020 & beyond:サイバー保険に関する展望(2015年12月16日)

サイバー保険の市場規模は、10年後に75億米ドルまで成長すると見込まれています。本レポートでは、どのようにすればクライアントに価値を提供し続けるサイバー保険を提供することができるかなどを探ります。

FS Viewpoint:顧客中心主義のイノベーション(2015年11月10日)

本稿は、PwC米国の金融サービスプラクティスより発行された報告書に、プライスウォーターハウスクーパース株式会社の知見を加えたものです。本稿は2部構成とし、それぞれ異なる視点から顧客ロイヤルティーを高めていく上での施策について考察しています。

日本の保険会社はデジタル化への備えはできているか?(2015年11月10日)

本書は、日本の保険会社が、スマートフォンやInternet of Things(IoT)の普及といったデジタル化のトレンドに対していかに備えるべきかを、海外の先進事例などを参考に考察したものです。

Insurance 2020 & beyond:必要性が再び改革を生み出す(2015年10月06日)

PwCは、保険業界の将来の見解を提示したInsurance2020から5年経った現在において、当初の予測に対して現在までに生じてきた事象を振り返り、そして次の5年間とその先に生じる主要な動向を検討した報告書を出版しました。

Insurance 2020:デジタル化の加速‐デジタルフロントランナーになるための近道(2015年03月23日)

本報告書は、PwCのInsurance 2020シリーズの最新版です。本報告書はグローバル編と日本編の2部構成とし、それぞれ異なる視点からデジタル技術にかかわるメガトレンドについて考察します。

Smarter incentives:‐報酬規制の変化を強みに変える‐(2015年01月21日)

報酬規制を順守しつつ、自社の報酬制度を必要な人材を惹き付け、引き留め、組織や社員のベクトルを一つに合わせるための企業基盤として、より機能させるためのポイントやアプローチを紹介します。

ERM/ORSAサーベイ報告書‐ORSA導入を見据えた各社の取り組み状況(2014年07月30日)

日本の保険会社に対するERM/ORSAの取り組み状況に関する調査から、リスク選好方針などについて対応を進めている一方で、内部モデルの検証やERMに関する内部監査の整備で、準備段階の会社も多いことが判明しました。

Point of view: Insurance contract accounting: The path forward(2013年12月19日)

FASBおよびIASBは、2008年より保険契約の会計について合同で審議をしています。単一の会計基準への道には課題も多く存在します。この報告書では、両審議会の現状の概要をまとめるとともに、PwCの見解を掲載しています。

保険会計の未来を切り開く‐最新の公開草案「保険契約」に対するPwCによる回答の要約‐(2013年11月29日)

本書は、保険会社において、より首尾一貫した、そして比較可能な報告を考案し、投資家に保険事業の価値を示す、保険契約に関する新しい基準書について論じるものです。

インシュアランス・バナナ・スキン 2013‐保険業界が直面するリスクにかかわるCSFIサーベイ(2013年07月31日)

インシュアランス・バナナ・スキン 2013は、隔年調査であり、保険業界が直面しているリスクを特定するもので、54カ国、660名に及ぶ保険業における実務家と規制当局、オブザーバーからの回答に基づいています。

Bringing together IFRS and Solvency II~IFRSとソルベンシーⅡのプロジェクトを同時に進行させる(2013年01月30日)

本報告書は、保険契約に関する新しいIFRSフェーズⅡの適用に向けて、ソルベンシーⅡへの投資をIFRS目的で最大限に活用することを含め、貴社のビジネスにおいていかに効率的に準備を進めるかを検討しています。

The enormity of uniformity:保険会社は、どのようにしてグローバルな規則と動向を、現地のコンプライアンスに組み込むのか(2013年01月28日)

本報告書は、保険会社がどのようにグローバルな規則と動向を現地のコンプライアンスに組み込むかについて、5つの重点分野に関して検討しています。

ソルベンシーⅡ 第二の柱-リスク管理における運営上の課題

第二の柱は、リスク管理をビジネスモデルの中心に据える事を要請しています。本書は組織構造の観点から、ソルベンシーⅡ規制への対応が迫られている保険会社へのツールボックスとなることを目的として作成しました。

Cutting through the regulatory knot~世界各国における新規制の動向および保険戦略への影響~(2012年07月18日)

最新の規制動向を方向づける根底にある動き、それらの背景にある考え方、戦略や業務への影響を検討することによって、保険会社が規制の詳細を把握する一助となるよう作成されたレポートです。

ソルベンシーⅡ報告要件(2012年05月31日)

本レポートでは、提案の概要および重要な提案事項、不確定分野等について紹介しています。また、付録として定量的報告用テンプレートの詳細を説明したリストを掲載しています。

米国ORSA対応へ向けた準備(2012年05月31日)

本レポートでは、マニュアルの主な特徴および今後のORSA対応にあたり保険会社に及ぼすであろう影響について考察されています。

FATCA規則案により保険会社はどのような影響を受けるか?(2012年02月02日)

2012年2月8日、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)に関する規則案が公表され、保険業界への導入に関する具体的なガイダンスが提供されました。保険業界への影響が大きい主な項目の概要およびPwCの見解を掲載しています。

Insurance 2020(2012年01月18日)

保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

Seeing the wood for the trees(2011年11月15日)

本レポートでは、保険会社が内部向けおよび外部向けの財務報告を見直し、一貫性のある戦略を開示することが、どのように投資家からの信頼回復に役立つかについて記載しています。

ソルベンシーⅡは、どこへ向かうのか(2011年08月17日)

本レポートでは、欧州議会の提案のうち、主要論点について明瞭かつ簡潔に説明するとともに、欧州理事会の提案との比較、さらに今後の動向や保険業界への影響について解説しています。

モデル構築に期待される成果(2011年07月25日)

保険会社は、今、財務モデルへ投資することによって、ソルベンシーⅡ導入後に経営上およびビジネス上の利益がもたらされることを期待しています。本報告書では、保険会社がどの程度準備を進めてきているかについて記述しています。

インシュアランス・バナナ・スキン 2011- 保険業界が直面するリスクにかかわるCSFIサーベイ(2011年6月16日)

PwCがCSFIと共同で保険業従事者を対象に実施した、直面するリスクの特定とその優先順位についての調査結果をまとめた報告書です。規制が1位で、ほかには自己資本、マクロ経済の動向、運用成績、自然災害などが上位につけています。

ソルベンシーⅡ‐最新の草案で完全適用の1年延期を示唆(2011年06月15日)

Omnibus Ⅱの最新草案では、ソルベンシーⅡの全要件の適用が、当初予想されていた時期より1年遅い、2014年1月1日まで延期されることが示されています。本レポートは、この最新草案の内容を速報でお伝えするものです。

QIS5の示唆するもの(2011年03月16日)

2011年3月14日、欧州保険・年金監督機構(以下EIOPA)よりソルベンシーⅡに関する第5回定量的影響度調査(QIS5)の結果が公表されました。

ソルベンシーⅡ- Omnibus Ⅱ(草案)の要約(2011年01月19日)

2011年1月19日、Omnibus Ⅱ Directiveの草案(暫定版)が発表されました。この草案が適用された場合、ソルベンシーⅡ指令は一部修正されることとなります。本レポートでは、このOmnibus Ⅱが提案する主要ポイントを紹介します。

自己資本とリスク管理 - 米国保険会社に対するソルベンシーⅡの影響について(2011年01月10日)

ソルベンシーⅡの直接的影響を受けない会社を含め、すべての保険会社がソルベンシーⅡを意識した新たな規制の枠組みに着目するようになってきています。本レポートでは、米国保険会社に対するソルベンシーⅡの影響について紹介しています。

A Practical Guide to IFRS 8(日本語版)(2010年07月10日)

投資判断やポートフォリオの入れ替えなどの経営判断・管理を個別の投資不動産ごとに行なっている場合も多く、このような多様性および特殊性を有する不動産ファンドにセグメント開示を適用するに当たり、検討すべき課題についてQ&A形式でまとめています。

保険業界における全社的リスクマネジメント(ERM)- グローバル調査のサマリー(2008年10月20日)

PwCが世界の先進的な保険会社53社に対し実施した「グローバルERM調査2008」の調査結果(サマリー)です。