調査/レポート - エンタテイメント&メディア

シェアリングエコノミー ‐ コンシューマーインテリジェンスシリーズ ‐(2016年2月26日)

個人・グループが遊休資産を共有し、利用者が必要なタイミングで利用する「シェアリングエコノミー(Sharing Economy)」が海外で急速に成長しています。本レポートでは、シェアリングエコノミーの概要、動向、収益機会、既存産業や自社ビジネスへの意味、日本市場への考察をまとめています。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2015-2019(2015年06月26日)

第16回目を迎えるPwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2015-2019」は、世界54カ国、エンタテイメントならびにメディア業界に関連する13セグメントの消費者支出、広告収入について、過去5年の実績および今後5年の予測数値を掲載するのみならず、グローバル全体、地域/国別、セグメント全体および各セグメントの動向のポイント、動向の鍵をにぎるホットトピックについてのインサイトを掲載する有料情報サイトです。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018(2014年06月26日)

第15回目を迎えるPwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018」は、世界54カ国、エンタテイメントならびにメディア業界に関連する13セグメントの消費者支出、広告収入について、過去5年の実績および今後5年の予測数値を掲載するのみならず、グローバル全体、地域/国別、セグメント全体および各セグメントの動向のポイント、動向の鍵をにぎるホットトピックについてのインサイトを掲載する有料情報サイトです。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2013-2017(2013年06月26日)

PwCの年次調査レポート「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2013-2017」は、消費者支出と広告支出に関するグローバルな分析を提供する包括的なオンライン情報源です。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2012-2016(2012年06月19日)

PwCによるエンタティメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&M業界は「デジタル時代への幕開け期の終焉」に近づいており、次なる課題はデジタル戦略の立案と実行への集中であると述べています。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2011-2015(2011年06月02日)

世界48カ国を対象に、エンタテイメント&メディア業界の13の主要セグメントについて、過去5年の実績と向こう5年間の予測数値を業界動向とともに発表しています。

将来の展望 2040年の主要産業地域はどこか?(2011年01月04日)

本レポートでは、2010年から2040年までの30年間を対象として、今後、どのような地域において、大規模の産業クラスターが形成され、世界はどのように変わるのかについて示しています。

2014年までの世界のカジノ市場の展望(2010年12月30日)

PwCはカジノおよびオンラインカジノ両業界のトレンドを調査したレポート「Playing to win」を発表しました。世界的に見て、西洋から東洋へのパワーシフトが起きていることが明らかになりました。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2010-2014(2010年03月01日)

PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象にした年次調査報告書です。本報告書では、消費者のデジタルプラットフォームの受け入れは予想を超える速さで進み、企業はデジタルバリューチェーンでの新たな役割を模索していると説明しています。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2009-2013(2009年07月20日)

PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&Mのビジネスモデルは、より直接的に消費者に結びつくと指摘するとともに、デジタル化への取り組みが各セグメントのパフォーマンスの差を生み出すと述べています。