運輸・物流 ― Transportation & Logistics

 

業界が抱える課題

現在、運輸・物流業界は、グローバルにおける競争激化、M&Aの活発化、規制緩和による新規参入などが進み、経営環境の変化に柔軟に対応した新たな成長戦略が求められています。
アジア・新興国への進出、積極的なM&A、グループ経営管理の実現を通じた更なるコスト削減、グローバル化に対応した人材育成など、私たちは、課題に直面する運輸・物流業界の企業を、総合的に支援します。

PwC Japanのサービス

運輸・物流業の復活は日本経済繁栄の基礎となります。業務の効率化とコストの低減を押し進めながら、顧客満足を高めて収益を増大させるためには、1.事業の選択と集中、2.グローバル戦略の見直し、3.多様化への対応(製品、技術、従業員、顧客)、4.コアスキルを生かした競争力向上、5.経営体質の強化、の5つの経営課題に取り組む必要があると私たちは考えています。私たちは、クライアントと共に考え実行していくスタイルを基本として、戦略立案から実行計画の策定、実行支援まで一貫したサービスを提供します。

 
Consult us
 
齊藤 剛
パートナー
監査およびアシュアランス
 
川村 健
パートナー
アドバイザリー(ディールズ)
 
鈴木 雅勝
パートナー
アドバイザリー(コンサルティング)
 
蒲池 茂
パートナー
税務
 
山田 祐介
パートナー
税務
 
大橋 佳之
社員
監査およびアシュアランス
 

お問い合わせ