調査/レポート - 医薬・ライフサイエンス

ファーマ2020:ビジョンから決断へ
今回のレポートでは企業が将来にわたり、より有利な条件でベネフィットを得ることのできる位置に2020年時点で就いているためにすべきこと、およびシニアマネジメントが行うべき重要な意思決定事項に焦点を絞り、議論を展開しています。

(2012年11月)

ファーマ2020:未来のサプライチェーン 岐路に立つ医薬品業界
医薬品業界は、これまで生産および流通の再編にはあまり注力してきませんでしたが、サプライチェーンは研究開発や営業・マーケティングと同様に重要なものです。PwCは、製薬会社が検討するに値する4つのサプライチェーンの選択肢を提示しています。

(2012年06月)

Diagnostics 2011:M&Aの急増、遺伝子診断の加速や早期診断がもたらす新たな展望 エグゼクティブサマリー
Diagnostics2011は、急成長中の体外診断薬分野に関するPwCのレビューで、この分野のディール件数増加、コンパニオン診断にかかわる製薬業界との提携拡大、早期発見検査の傾向について調査しました。

(2012年06月)

ファーマ2020シリーズ:岐路に立つ医薬品業界
ファーマ2020シリーズでは、現在の医薬品企業の課題や問題点を調査・分析、2020年にいたる業界の動向や今後想定される課題について論じられています。

(2012年06月)

Asia-Pacific Pharma Newsletter
アジア太平洋各国のPwCの医薬およびライフサイエンスの専門家が、各国の新規規制、薬価および保険償還に関連する問題、税務・会計上の話題、コンプライアンス、およびM&Aに関連するニュース等について論じています。

(2011年12月)

医療テクノロジーにおけるイノベーションスコアカード(Medical Technology Innovation Scorecard)
PwCによる本報告書は、変貌する医療テクノロジーイノベーションに関し調査、分析した結果をまとめたものです。調査結果として、イノベーション創出における先進国と新興国の格差が急速に縮小していることが明らかになりました。

(2011年11月)

将来の展望 2040年の主要産業地域はどこか?
本レポートでは、2010年から2040年までの30年間を対象として、今後、どのような地域において、大規模の産業クラスターが形成され、世界はどのように変わるのかについて示しています。

(2011年01月)

Improving America's Health V: A survey of the working relationship between the life sciences industry and FDA
本調査はPwCの医薬・ライフサイエンス研究開発アドバイザリーチームとカリフォルニア州南部の550社をメンバーとする世界最大級のライフサイエンス関連の団体であるBIOCOMの共同作業により実施されました。

(2010年02月)

Biotech reinvented: Where do you go from here?
バイオテクノロジー企業と医薬品企業はより高い価値を創造するために協力していく必要があります。各国政府は医療費削減に取り組む一方で、新薬創出はより困難になってきています。

(2010年02月)

Global pharma looks to India: Prospects for growth
インドの医薬品企業はある分野においてはグローバル医薬品企業の競合となりますが、一方他の分野では提携相手ともなり得ます。本レポートではインドの医薬品業界の5つの特徴を中心に論じています。

(2010年02月)

ファーマ2020:バーチャルR&D 岐路に立つ医薬品業界
研究開発の生産性を高めるドライバーの今後の展望を示すとともに、医療費支払者、医療サービス提供者、患者に対してより大きなベネフィットを提供し、同時に関係する各者に利益をもたらすような革新的な製品の開発を行うアプローチを紹介しています。

(2010年01月)

ファーマ 2020:ビジョン 岐路に立つ医薬品業界
現在の医薬品業界のビジネスモデルが、経済的な視点からは持続不可能であり、また日常業務の観点からはグローバル市場で必要とされている画期的な治療法を提供するための行動を迅速に実行できていないと指摘しています。

(2009年06月)

アジアにおける製薬アウトソーシングの変化の原動力:目標を再調整していますか?
アジアにおける製薬アウトソーシングの劇的な変化と発展に着目した報告書です。

(2008年09月)

 
 ページトップへ