ヘルスケア業界の世界的な潮流について幅広くアドバイス

今後、世界的に慢性疾患患者が増大してゆくことが予想されます。各国とも国民医療費は増加傾向となり、政府はその支出の抑制施策に頭を悩ませています。一方、現場においては上質の医療・健康サービスを如何に効率的に、かつ低コストで提供するかが課題となっていきます。患者側のニーズ、医療・健康サービス提供者側のニーズ、保険者やサプライヤー・メーカー側のニーズはそれぞれ異なるとは言え、大きな潮流がどこに向かうのか見定めながら対応する必要があります。

 

ヘルスケア業界の世界的な潮流について幅広くアドバイス

 
  • 患者側のニーズ
     -慢性疾患の爆発的拡大
     -個別対応サービス需要の増大
  • 医療提供者側のニーズ
     -医師の業務簡素化ニーズの高まり
     -医療機関の経営革新意欲の高まり
  • 保険者側のニーズ
     -保険財政負担抑制圧力の高まり
     -保険会社による新たなサービス開発
  • サプライヤー・メーカー側のニーズ
     -既存サプライヤーによる技術革新
     -通信会社など新規参入者による技術革新

PwCでは、ヘルスケア業界の世界的な潮流を踏まえ、クライアントがお悩みの課題に適切にお応えいたします。

 
 ページトップへ