3週間で結果の出る病院経営改善支援サービス

短期集中で経営改善への処方箋を示します。

病院経営を取り巻く環境は、「公立病院改革ガイドライン」が適用される公的病院を例に挙げるまでもなく、かつてないほど厳しいものとなっています。病院経営の改善は、業務自体の複雑性や資格職中心の組織風土などから容易な作業ではなく、集患力の低下、診療単価の減少、諸費用の増加など、病院経営者の悩みは尽きません。

PwC Japanの提供する「3週間で結果の出る病院経営改善支援サービス」は、全国600以上の病院の実地調査の経験を持ち、多くの病院の経営改善に豊富な実績を持つ医師が参加するため、その地域の医療の特性を踏まえた、根本的な経営課題に対するオーダーメイドの改善策を約3週間の短期間で提案します。「予算に制約があり本格的なコンサルティングサービスを受けるのは難しい」、「本質的な改善のポイントのみ確認し、自ら実行する手がかりを得たい」「経営改善の必要度を確かめたい」などのニーズに的確にお応えするサービスです。

 

3週間で結果の出る病院経営改善支援サービス

 
 ページトップへ