官公庁・公的機関-調査/レポート

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐
市場としてのアフリカを日本企業はどのように理解すべきでしょうか。将来の人口増や中間層拡大、インフラの課題など、日本企業が関心の高い分野を中心に、成長を続けるサブサハラ・アフリカ市場を俯瞰します。

(2014年09月)

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐
オーストラリア政府における、公共部門の生産性向上のための新しいアプローチを、実際の事例とともにPwCがご紹介致します。

(2014年05月)

レジリエントシティへの挑戦
災害に強くしなやかなインフラの構築に向けて
2011年以降、PwCは、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)との緊密な協力の下、過去の災害データを分析し、災害に対する備えと対応における長期的な官民協力の枠組みを提供し、企業や政府はどう自然災害に備えるべきかについて、共通のテーマを見出そうと取り組んできました。

(2013年10月)

Making it happen 地方自治体が成果目標を達成するためのロードマップ
PwCが世界の都市を対象に実施したグローバル調査より、64都市の回答に注目し、現代における都市のリーダーが成果目標を達成するために取るべきアクションを、PwCの見解として述べています。

(2012年06月)

When in Rome 英国贈収賄防止法の高等教育機関への影響
英国贈収賄防止法がどのように高等教育機関に影響を及ぼすかについて事例を挙げて解説しており、企業のビジネスにも共通して当てはまる多くの教訓や、対応策が含まれます。

(2012年06月)

Paving the Way: Maximizing the value of Private Finance in Infrastructure(ワールド・エコノミック・フォーラム・レポート - インフラ整備への民間資金活用の価値を最大化する)
本レポートは、インフラ整備にあたっての民間資金を活用するにあたっての現在の機会と課題について取り上げています。

(2010年)

Cities of Opportunity -世界の都市力比較
PwCは、米国 Partnership for New York Cityと共同で「Cities of Opportunity - 世界の都市力比較」を発表しました。本レポートでは、世界の産業・金融・文化の中心となる主要21都市について、都市を活性化する主要素(都市力)を、2009年に収集したデータをもとに10の領域・58の指数を用いて分析し、それぞれランキングを公表しています。

(2010年)

社会資本 維持も民間活用
官公庁・公的機関の前グループリーダー(パートナー) 野田由美子による論文。「日本経済新聞」2006年9月1日版「経済教室」に掲載。

(2006年)

市場化テストで官の能力向上を-官民競争で国民に利益 [PDF 2,208KB]
市場化テストで官の能力向上を-官民競争で国民に利益

(2006年)

PFI事業のプロセスと効果的な進め方 第1回~第12回 [PDF 15,082KB]
PPP・インフラ政府部門アジア太平洋地区代表 野田 由美子がPFI NEWSに寄稿した記事を紹介します。

(2006年)

 ページトップへ