調査 /レポート -金融サービス

インドにおける外資系銀行

PwCインドが作成した外資系銀行に関する調査レポートです。外資系銀行に対する最近の規制の動向、アンケート調査に基づいた外資系銀行のインド市場に対する見方、今後の課題などについてまとめています。(2014年03月)

FS Viewpoint‐新たな事業環境におけるコンプライアンスとオペレーショナルリスクの管理‐

本レポートでは、いわゆる「コンプライアンス疲れ」からの脱却も見据え、コンプライアンスとオペレーショナルリスク管理の融合や効率的な取り組みの考え方などについてまとめています。(2013年12月)

Regulatory update Insurance industry~最新保険規制のアップデート~

金融危機以後、相次ぎ導入される規制が、保険業界が直面する最大の課題となっており、単なる規制の遵守のみならず、規制に対して十分に準備・対応し、自らを変革していくことが市場機会を捉えるうえで重要であると考えられます。
本レポートは、刻々と変わる国内外の保険にかかわる規制の動向を短時間で得られることを目的として、情報をコンパクトにまとめてお伝えするものです。

Point of view: Insurance contract accounting: The path forward

FASBおよびIASBは、2008年より保険契約の会計について合同で審議をしています。単一の会計基準への道には課題も多く存在します。この報告書では、両審議会の現状の概要をまとめるとともに、PwCの見解を掲載しています。(2013年12月)

保険会計の未来を切り開く‐最新の公開草案「保険契約」に対するPwCによる回答の要約‐

本書は、保険会社において、より首尾一貫した、そして比較可能な報告を考案し、投資家に保険事業の価値を示す、保険契約に関する新しい基準書について論じるものです。(2013年11月)

インシュアランス・バナナ・スキン 2013‐保険業界が直面するリスクにかかわるCSFIサーベイ

インシュアランス・バナナ・スキン 2013は、隔年調査であり、保険業界が直面しているリスクを特定するもので、54カ国、660名に及ぶ保険業における実務家と規制当局、オブザーバーからの回答に基づいています。(2013年07月)

Indonesian Banking Survey 2013

PwCインドネシアが行った第4回のインドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。今後の成長見通し、リスク管理や規制面での対応、業務上の課題などについてアンケート結果を分析しています。(2013年5月)

Bringing together IFRS and Solvency II~IFRSとソルベンシーⅡのプロジェクトを同時に進行させる

本書は、保険契約に関する新しいIFRSフェーズⅡの適用に向けて、ソルベンシーⅡへの投資をIFRS目的で最大限に活用することを含め、貴社のビジネスにおいていかに効率的に準備を進めるかを検討しています。(2013年01月)

The enormity of uniformity:保険会社は、どのようにしてグローバルな規則と動向を、現地のコンプライアンスに組み込むのか

本書は、保険会社がどのようにグローバルな規則と動向を現地のコンプライアンスに組み込むかについて、5つの重点分野に関して検討しています。(2013年01月)

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2013
不動産市況の新しい動向 アジア太平洋2013年(日本語版)

ULIとPwCは、2013年も不動産市況調査であるエマージングトレンドを作成しました。本調査は継続的に行われているもので、定点観測として不動産投資にかかる有用な情報を多く盛り込んでいます。(2013年01月)

Capital markets in 2025 株式資本市場の未来

21世紀になって最初の約10年の間にクロスボーダーIPOが急増していますが、将来、世界をリードするのはどの市場なのでしょうか。本レポートはIPOの世界動向に着目しアンケート調査を基にこうした疑問について検討しています。(2012年11月)

中国における外資系銀行(2012年調査)

PwCが中国に拠点がある41の外資系銀行のマネジメントに行ったアンケート調査です。今後の事業の展望や課題について様々な角度から分析がなされています。(2012年07月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2012

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2012

PwCインドネシアが行った第3回のインドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。今後の成長見通し、リスク管理や規制面での対応、業務上の課題などについてアンケート結果を分析しています。(2012年2月)

 

もっと見る

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2012
PwCインドネシアが行った第3回のインドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。今後の成長見通し、リスク管理や規制面での対応、業務上の課題などについてアンケート結果を分析しています。(2012年2月)

 

プロジェクトブルー
景気の先行きが不透明な中で、金融機関の経営環境がどう変化していくのか、中長期的な視点を提供します。(2012年01月)

 

Basel III and Beyond - SIFIs バーゼルⅢ、そしてその先にあるもの~システム上重要な金融機関
2011年11月、金融安定理事会は、SIFIs(システム上重要な金融機関)の特定方法、具体的な金融機関名などについて公表しました。本レポートでは、公表内容を要約し、金融機関にとって意味するものについて説明しています。(2011年11月)

 

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwCが中国で活動する外資系銀行に対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。(2011年11月)

 

中国における銀行経営に関する調査報告書(2011年調査)
PwC中国が中国銀行業協会と共同で行った第3回「中国における銀行経営に関する報告書(Chinese Bankers Survey 2011)」です。中国の銀行がかかえる経営課題や今後の見通しについてアンケート調査に基づいた分析を行っています。(2011年10月)

 

2050年における銀行業界の展望
世界の経済成長の中心が先進国から新興国にシフトすることは、銀行業界にも大きな変化をもたらします。
PwC UKが作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。(2011年10月)

 

ドッドフランク法-成立2年目をむかえて
ドッドフランク法成立後2年目に入り、施行に向けて市場関係者が頻繁に採り上げる課題や問題点に焦点をあてて今後の展望を示しています。(2011年09月)

 

The Journal -Capital management in banking: the way forward-[English] [PDF 358KB]
The Journalでは、PwCがグローバルな視点から銀行・証券業界のチャンスや課題についての見解をご紹介しています。
今号では、バーゼルIIIが、銀行の収益性に多大な影響を及ぼしながらどのように銀行業界図を塗り替えるのか、どのように銀行のビジネスモデルの変革を迫るのか、また、どのように企業に膨大な業務プロセスとシステムの変更を求めるのかについて語られています。

 

IFRS最新動向 
IFRSに関する国内および国外の主要な動向を要約してお伝えします。PwC Japanでは約2,000名のIFRSサービス体制を有しており、金融クライアントのニーズに基づいた適切なチーム編成でサービスを提供しています。

 

A closer Look:ドッド・フランク・ウォールストリート改革および消費者保護法の影響[English] 
ドッド・フランク・ウォールストリート改革および消費者保護法(ドッド・フランク法)の各業界に対する影響についてPwC Globalが分析した英文レポートをご案内します。

 

変化が速まる中でいかに対応していくか 銀行証券業界のサマリー PwC「第14回世界CEO意識調査」における主要産業に関する調査結果 [PDF 411KB]
本レポートは、PwCの「第14回世界CEO意識調査」の中から銀行・証券業界について経営者69人の回答結果を別途まとめました。業界全体の共通認識は、世界経済金融情勢の急変化に対する組織的対応の必要性です。(2011年7月)

 

新しい自己資本比率規制(バーゼルⅢ)の枠組み:銀行による資本管理への影響 [PDF 1,140KB]
本レポートは、バーゼルⅢの概要を解説し、資本管理実務のレベルアップに向けたロードマップおよびPwCの提供サービスを紹介しています。(2010年)

 

Project Blue[英語] [PDF 170KB]
激変する銀行の経営環境に関してPwCが5つのシナリオを予測しました。この5つのシナリオについて、世界の銀行エグゼクティブに対して行った調査結果とその分析が報告されています。

 

米国金融改革に関するPwC USの見方
2009年6月17日に米国政府は、金融監督規制改革案を公表しました。「新しい基盤:金融監督及び規制の再構築」と題する88ページに及ぶこの改革案は、次の5項目を主要なテーマとして掲げています。

 

新しい活動場所:アジアの金融セクターにおけるM&Aの見通し
プライスウォーターハウスクーパースでは、2009年2月にEIU(The Economist Intelligence Unit<エコノミスト誌の子会社>)の協力を得て、「アジアの金融セクターにおけるM&Aの見通し」に関するオンライン・サーベイを実施しました。このほど、その結果を取りまとめた報告書ができましたので紹介します。