建設 - Engineering & construction

 

業界が抱える課題

東京オリンピックが開催される2020年までは、国内建設市場は安定的に推移すると見込まれていますが、その後は国内市場の縮小が懸念されており、国内新設市場の縮小と維持・補修・リニューアル市場の拡大という市場構造の変化も想定されています。一方で、海外建設市場に目を転じると、アジアを含めた新興国市場の建設需要は今後も拡大が続くものと想定されています。
こうした今後の事業環境が想定される中、日本の建設会社は、国内建設市場の量と質の変化にいかに対応していくのか、どこに注力していくのか、海外市場をいかに攻略していくのかなどの事業方針や事業戦略上の課題に直面しており、また事業戦略の遂行に必要な人材をいかに確保していくのかなどの経営資源上の課題も抱えている状況にあります。

PwC Japanのサービス

 
Consult us
 
川村 健
川村 健
パートナー
ディールズ
 
鈴木 保晴
鈴木 保晴
パートナー
ディールズ
 
倉地 美成
倉地 美成
ディレクター
ディールズ
 
佐藤 稔
佐藤 稔
ディレクター
ディールズ