調査/レポート-都市・インフラストラクチャー

経済成長が著しいアフリカで電力インフラ改革をPwCが支援
Confident, committed and connected - PwC Africa power & utilities statement of capabilities
PwCはアフリカの31カ国にオフィスを持ち、65年以上のビジネス経験を有しています。今後、アフリカにて電力関連ビジネスを展開する日本企業をさまざまなプロフェッショナルサービスにてご支援します。PwCのサービスをご説明する資料です。

(2014年06月)

オーストラリアの改革事例から読み解く日本の電力市場の将来
PwCオーストラリア法人のマーク・コーリンを招き、彼らが十数年にわたって取り組んできた電力市場改革の経験と、自由化された電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2014年06月)

ドイツの改革事例から読み解く日本の電力市場の将来
PwCドイツ法人のユーティリティ&レギュレーションのクラウス・ゲルデスとヤン-フレデリック・ツォクラーを招き、彼らが十数年にわたって取り組んできた電力市場改革の経験と、自由化された電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2014年06月)

今後の電力業界‐需要家主導へシフト
Utility of the future- A customer-led shift in the electricity sector
これまでの電力需要家は、公平で合理的な価格で電力サービスを受動的な立場で受け取ってきました。しかし、電力需要家の購買力はますます強くなり、期待する要望も増していく傾向にあります。本レポートは、電力業界が今後10年を見据えてどのように変革すべきかを説明しています。

(2014年05月)

Cities of Opportunity 世界の都市力比較 未来を築く
世界27都市の都市力を評価する「Cities of Opportunity」2012年報告書をインフラ視点で掘り下げ、経済・社会インフラ整備の成熟度や、需要に対する充足度の評価比較、将来的なインフラ成長の可能性について分析しています。

(2014年05月)

スマートメーターおよびスマートグリッドの最新グローバル動向
PwCスマートグリッドグローバルリーダーのプロジェクト経験をもとに、グローバルの事例を交えた、最新のスマートメーターやスマートグリッドの動向を説明した資料です。

(2014年02月)

レジリエントシティへの挑戦
災害に強くしなやかなインフラの構築に向けて
2011年以降、PwCは、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)との緊密な協力の下、過去の災害データを分析し、災害に対する備えと対応における長期的な官民協力の枠組みを提供し、企業や政府はどう自然災害に備えるべきかについて、共通のテーマを見出そうと取り組んできました。

(2013年10月)

英国の改革事例から読み解く日本の電力市場の将来~市場参加者が直面する課題とチャンス
PwC英国ユーティリティチームが20年余りにわたって取り組んできた英国電力市場改革の経験と、自由化された英国電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2013年10月)

電力小売市場調査
本調査は、電力の小売り全面自由化により、一般家庭における電力会社乗り換えに関する意識調査をしたものです。電力需要家の住環境、年齢、家族構成、世帯年収などの属性を背景として、電力料金低下率と電力会社乗換率に関する相関関係を明らかにしています。

(2013年10月)

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー
PwCは世界の電力や再生可能エネルギーセクターのM&A市場の動向を毎年報告しています。本レポートはその2012年版であり、2012年のM&A市場を概観するとともに、2013年の展望について述べています。

(2013年07月)

2050年の世界(World in 2050)-BRICsを超えて:その展望・課題・機会
2050年にかけて主要国のGDP予測を行ったシリーズ「World in 2050」の最新版であり、新興国経済が今後40年間にわたってG7よりもはるかに速いペースで成長すると結論しています。

(2013年02月)

「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」日本語版(抜粋)
PwCが米国Partnership for New York Cityと共同で発表した「Cities of Opportunity‐世界の都市力比較 2012」を抜粋和訳したものです。世界の主要27都市の都市力を分析し、傾向や特徴を把握することで、都市の成長や回復に貢献することを目的としています。

(2013年01月)

Renewables Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~
PwCは、再生可能エネルギーM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは2011年から2012年初頭の再生可能エネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

(2013年01月)

Power Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~エネルギーM&A市場はいまだ回復途上。経済情勢が市場再成長の鍵に。
PwCは電力事業のM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは、2011年から2012年初頭のエネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

(2012年12月)

Cities of Opportunity-世界の都市力比較 2012
東京の総合評価は、昨年から4ランク上昇し、27都市中10位となりました。交通・インフラは上位ですが、持続可能性・自然環境が下位、産業・生活コストは最下位となり、ビジネスや生活コストの改善がみられないことが伺えます。

(2012年10月)

戦略的なインフラ‐効果的かつ効率的なインフラにおけるプライオリティーと供給への一歩‐
World Economic ForumとPwCが共同作成した本レポートでは、政府が経済インフラ投資の優先順位を決定し、効果的にプロジェクトを推進し、経済発展を実現するためのフレームワークとケーススタディを提供しています

(2012年09月)

「Cities of Opportunity - 世界の都市力比較 2011」を発表
東京の総合評価は26都市中14位と全体の中位となりました。持続可能性、コストおよび人口構成の点においては下位クラス、自然災害のリスクでは最下位の結果になっています。

(2011年05月)

Paving the Way: Maximizing the value of Private Finance in Infrastructure(ワールド・エコノミック・フォーラム・レポート - インフラ整備への民間資金活用の価値を最大化する)
本レポートは、インフラ整備にあたっての民間資金を活用するにあたっての現在の機会と課題について取り上げています。

(2010年)

「Cities of Opportunity -世界の都市力比較」を発表
分析の結果、東京は交通・インフラでトップ、健康・治安、知的資本、テクノロジーの面でも高い水準にある反面、コストや居住適性の面で低いランクになっていることがわかりました。

(2010年)

Vision 2050-主要セクターにおけるサステナビリティ関連の事業機会の増加規模を試算
2050年に現在より持続可能な将来ビジョンが実現した場合、主要セクターにおいて関連の事業機会がどの程度増加するかの試算を目的としたものです。

(2010年)

 ページトップへ