化学 - Chemicals

 

業界が抱える課題

化学業界では、中国を中心とするアジア市場の需要が増加する一方、特に石油化学分野では、これら需要地における大規模な生産設備の新増設が実行・計画されており、需給バランスが大きく崩れることが予想されています。また、国内化学メーカーが強みを持つ、(電子分野など)加工度が高く、付加価値を付けやすい先端分野におきましても、製品ライフサイクルの短命化や新興国の技術的なキャッチアップが目覚しく、その優位性を持続することは非常に難しくなっています。さらには世界的な環境意識の高まりを受け、厳しい環境規制を課せられるに留まらず、化学企業の海外進出自体を敬遠される例も出ています。このようなリスクが顕在化しつつある一方で、代替エネルギー関連ビジネスなど、新たな事業チャンスの萌芽も現れています。
このような事業環境において、多くの化学会社は既存製品の見直しに留まらず、代替エネルギー領域など新たな事業機会を視野に入れた世界的な事業展開と同時に、高度な環境規制対応を図る必要があります。

PwC Japanのソリューション

PwCの化学チームは、世界を代表する国内外の化学企業にプロフェッショナルサービスを提供しています。豊富な実績と全世界1,300余名の化学産業に特化したエキスパートが、日本企業のグローバル化を支援します。

監査およびアシュアランス

  • グループ企業の効率的な連結監査および内部統制監査
  • IFRS導入アドバイザリーサービス
  • 決算早期化サービス
  • 内部監査
  • 不正調査

ディールアドバイザリー

  • グローバルレベルでの業界再編に伴うM&A
  • M&A後の経営統合
  • グループ内再編
  • 事業再生
 

税務

  • 海外事業が稼得した利益に対する租税戦略(国際持株再編、移転価格、オフショア再投資の手法など)

サステナビリティ

  • 情報開示方策
  • REACH・廃棄物・土壌汚染の規制対応
  • 事業戦略(CO2固定・回収技術、石油代替製品、水処理・農業・土壌洗浄の環境ビジネス)
  • 環境デューデリジェンス
 
Consult us
 
仲澤 孝宏
パートナー
監査およびアシュアランス
 
山岡 久之
パートナー
アドバイザリー(ディールズ)
 
椎名 茂
パートナー
アドバイザリー(コンサルティング)
 
五代 英紀
ディレクター
監査およびアシュアランス
 

お問い合わせ