自動車-調査 /レポート

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版
PwCが行った、グローバルにおける自動車部品サプライヤーの2013年の業界動向(業績およびM&A動向)を調査・分析した最新レポートです。
将来的に統合が加速する分野の予測などの示唆を含みます。

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版

Charging forward-電気自動車に関する調査報告2012年版-
電気自動車(EV)に関する本調査報告書は、EVを成功に導く主要な要因について評価することを目的とし、4つの重要分野(インフラ構築、価格設定、地理的要素、今後の見通し)に焦点を当てています。

Charging forward-電気自動車に関する調査報告2012年版-

Charging forward-電気自動車に関する調査報告書2011年版-
本調査報告書は長期的なEVの成功のための決定的要因を調べるために実施されました。自動車産業に関係する様々なセクターの参加者からの回答が含まれており、主要な結果についてPwCの見解を加え報告しています。

Charging forward:電気自動車に関する調査報告書

中国における財務報告および内部統制の改善機会
本レポートでは、中国におけるCAS、C-SOXによる財務報告および内部統制の品質の向上方法、また、中国でビジネスを展開している自動車関連多国籍企業における主要な検討事項をまとめてあります。さらに、規制構成の変化にうまく対応することは、すべての関係者にとって組織的かつ協調した取り組みが必要であると述べています。

中国における財務報告および内部統制の改善機会

成長の再創造 自動車産業界サマリー
PwC第14回世界CEO意識調査における主要産業に関する調査結果
本レポートは、PwCの「第14回世界CEO意識調査」における自動車産業界に関する調査結果で、世界20カ国、50人の自動車産業界のCEOへのインタビューを基に作成されています。最高経営責任者(CEO)がどのように成長を成し遂げようとしているかについて調査しました。

成長の再創造 自動車産業界サマリー PwC第14回世界CEO意識調査における主要産業に関する調査結果

収益認識と自動車産業:新しい基準への移行
公開草案「顧客との契約から生じる収益」(以下、「公開草案」)が2010年6月に公表されました。公開草案は収益認識の新しい考え方を提示するものであり、企業は収益認識プロセスへの取り組みを根本的に見直す必要があるかもしれません。公開草案による変化は、財務報告のみならず、企業全般の機能、財務諸表の主要な指標、および契約へ影響を及ぼすでしょう。

収益認識と自動車産業:新しい基準への移行

Production capacity management: A taxing issue[英語] 
多国籍自動車企業は生産能力管理(低コストの国々の生産能力の拡大と需要を超えた過剰な生産能力の削減という組合せ)を通して彼らのサプライチェーンのコストの圧縮を試みています。しかし、グローバルベースでの課税所得とキャッシュフローの最適化という視点はともすれば見落とされがちです。

Production capacity management: A taxing issue[英語]

トラック業界、環境への挑戦
-The Truck Industry's Green Challenge
プライスウォーターハウスクーパースの自動車専門のアドバイザリーが、複数の視点でトラック産業を分析しました。

トラック業界、環境への挑戦-The Truck Industry's Green Challenge

 
 ページトップへ