自動車 - Automotive

 
Consult us
 
笹山 勝則
パートナー
監査およびアシュアランス
 
岩嶋 泰三
パートナー
アドバイザリー(ディールズ)
 
椎名 茂
パートナー
アドバイザリー(コンサルティング)
 
本木 昌裕
パートナー
アドバイザリー(コンサルティング)
 
飯村 鉄雄
パートナー
税務
 
髙橋 輝行
パートナー
税務
 

お問い合わせ  
 

Highlights

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版

PwCが行った、グローバルにおける自動車部品サプライヤーの2013年の業界動向(業績およびM&A動向)を調査・分析した最新レポートです。
将来的に統合が加速する分野の予測などの示唆を含みます。   詳細はこちら

Charging forward-電気自動車に関する調査報告2012年版-

電気自動車(EV)に関する本調査報告書は、EVを成功に導く主要な要因について評価することを目的とし、4つの重要分野(インフラ構築、価格設定、地理的要素、今後の見通し)に焦点を当てています。   詳細はこちら

混乱への対応  自動車産業界サマリー

PwCの「第16回世界CEO意識調査」における自動車産業界に関する調査結果で、世界32カ国、90人の自動車産業界のCEOへのインタビューを基に作成されています。本レポートでは、厳しい経済環境下で、多くのCEOが顧客の動向に注視し、顧客囲い込み戦略の見直しに取り組んでいることを明らかにしています。   詳細はこちら

収益認識と自動車産業:新しい基準への移行

公開草案「クライアントとの契約から生じる収益」(以下、公開草案)が2010年6月に公表されました。公開草案は履行義務を充足した時点で収益を認識するという、単一の、契約に基づく資産負債モデルを提案しています。公開草案は収益認識の新しい考え方を提示するものであり、企業は収益認識プロセスへの取り組みを根本的に見直す必要があるかもしれません。公開草案による変化は、財務報告のみならず、企業全般の機能(例えばITシステム)、財務諸表の主要な指標、および契約(たとえば、借入契約条項やクライアントとの契約)へ影響を及ぼすでしょう。   詳細はこちら