資産運用 - Asset management

PwC Japanは、クライアントが抱える業界特有の多様な課題に対して専門チームを結成し、総合サービスを提供します。

 

資産運用業界の課題とPwC Japanが提供するソリューション


投資家への信頼性の高い財務報告
  • PwC Japanの資産運用チームでは、ファンドの監査等の保証業務を中心として、株式や債券等の伝統的な証券から不動産やプライベートエクイティ等のオルタナティブ投資まで、資産運用業界に精通したプロフェッショナルが業務を行います。
  • 投資信託(ファンド)、Jリート(不動産投資法人)、特定目的会社(TMK)、匿名組合(TK)、任意組合(NK)、投資事業有限責任組合、海外LPS等のSPCの各種ファンドスキームについて、法定監査および任意監査を行います。
  • 特に投資信託(ファンド)の法定監査では、業界をリードしています。
  • 資産運用会社(委託会社、投資顧問会社等)、信託銀行、証券会社等に対して、会計監査(金融商品取引法等による法定監査やその他の任意監査)、SSAE16(旧SAS70)、ISAE3402、日本基準86号(日本版SSAE16を含む)検証業務、内部統制の評価および構築支援業務、GIPS(グローバル投資パフォーマンス基準準拠の検証)、各種アドバイス業務など多岐にわたるサービスを提供しています。
  • PwCの海外ネットワークおよび業界団体との関係を十分に活用することにより、グローバルのベストプラクティスを紹介する等の付加価値の高いサービスを提供するだけでなく、業界の健全な発展に貢献しています。
収益性向上に向けた事業構造の転換、利益管理の充実
  • 業務効率向上支援
  • 受託業務の内部統制評価(SAS70、18号報告書関連業務)
  • チェンジ・マネジメント・サービス、組織再編に関する税務アドバイス
  • 部門別・商品別の管理会計体制構築支援
IFRS/US GAAPレポーティングへの対応
  • IFRSコンバージェンスに関する会計基準差異/業務プロセス/システムの影響度分析、導入支援、システム構築(構想策定)支援
国際化、高度化する投資スキームに関する会計・税務の複雑性
  • 投資信託会計処理アドバイス、会計に関する教育研修プログラムの提供
  • 投資スキーム選定時やファンド設立時の会計・税務コンサルティング、取引組成に関する会計・税務アドバイス、不動産などの投資対象資産に関するアドバイス
厳格化した法令や監督指針(FATCA、AMLなど)への対応
  • 規制関連アドバイザリー(経営判断の支援、厳格化した規制当局要件への対応支援) FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)対応、AML(アンチ・マネー・ローンダリング)対応支援
ガバナンス、リスク管理およびコンプライアンス強化
  • ガバナンス、リスク管理、コンプライアンスの適切性の検証、体制強化に関するアドバイス
  • 内部監査態勢構築や高度化支援
システム管理の複雑化および重要性の増大
  • システム構築・導入に関連するソリューションの提供、グループ内のIT機能の最適化支援
海外展開、規模の経済の追及を目指した事業再編
  • 海外ビジネス戦略策定・実行支援、市場調査・フィージビリティスタディ、M&A戦略策定支援、買収・提携対象企業の紹介・選定支援、ファイナンシャルアドバイザリー業務、M&A実行支援(ストラクチャリング、財務・ビジネス・税務に関するデューデリジェンス、企業・事業・資産の価値評価、ポストディールに関する会計・税務関連アドバイス)、M&A統合支援
  • 海外拠点に対するガバナンス強化支援、海外展開に伴う業務プロセス/システム統合支援、海外拠点からのデータ収集インフラ構築支援、グローバルベースの経営管理システムに関する構想策定支援および構築支援
 
 
 ページトップへ