リーダーからのメッセージ

View this page in: English

日本企業の海外展開を成功へ導く

Global Japanese Business Network リーダー
パートナー 森下 幸典

グローバル経済における日本企業の国際競争力を高めるために我々にできること

齊藤 剛
 

日本企業を取り巻くビジネス環境が大きく変わる一方で、世界経済はますますフラット化し、そのシンクロ性が高まっています。その上、国内市場の縮小やコスト高などさまざまな要因を背景に、日本企業は海外進出が加速しつつあります。

しかし、一方で海外に進出すれば必ず何らかの障害やギャップが生じるものであり、グローバル化を自分たちだけで推進できる人材を豊富に抱える企業はまだ少ないでしょう。われわれのような専門家のスキルや経験、ネットワークをうまく利用することで、皆様のビジネスにおける海外展開を成功に結びつけていただければと考えています。

われわれPwCの強みは、世界157カ国に223,000人以上のプロフェッショナルで構成する強力なグローバルネットワークを有していることです。このPwCのグローバルネットワークの中で、世界80カ国に日本企業の海外進出をサポートする強力な人材とJBN(Japanese Business Network)というネットワークチームを組織しており、国境を越えたクロスボーダーによるグローバル連携を強化しています。

一口に海外展開といっても、その目的や地域、戦略や具体的な手法はさまざまで各社により異なります。その中での最善を選ぶためには、確固たる海外進出戦略や展開する国や地域に精通した人材が不可欠となります。なおかつ、その国でビジネスを成功させるためには、法令や商習慣を熟知しているだけではなく、政財界をはじめとしたビジネスの人脈も不可欠です。

われわれのグローバル化支援は、単なる日本企業に向けた日本語によるサービス提供だけでなく、文化や商習慣の違いから生じるさまざまな問題の解決まで視野に入れたサービス体制です。日本人と現地の専門家が複合チームを作ったり、現地の商工会議所や経済団体とも連携し、法規制や各業界の最新動向をいち早く入手しながらお客様と一緒になって取り組んでまいります。

海外展開に求められるさまざまな課題を解決し、皆様のビジネスの成功をお手伝いするプロフェッショナルたちがグローバルで活躍している、それが当社の最大の強みです。グローバルネットワークの知識と経験を集約し、日本企業のさらなる国際競争力強化に貢献していきます。

ぜひ積極的に、PwCのグローバルネットワークを、ご活用いただければと思います。