調査/レポート-都市・インフラストラクチャー

Cities of Opportunity 7 ‐ 世界の都市力比較2016(2016年9月7日)

本報告書は2016年9月にPwC Globalが発表した「Cities of Opportunity 7」をPwC Japanで抜粋・翻訳し、一部の結果に対する分析を加えたものです。第7回となる今回の報告書では、30の都市に対して、都市を活性化する主要素(都市力)について10の領域・67の指標を用いて分析した結果を、ランキング形式で公表しています。

Cities of Opportunity 6‐世界の都市力比較2014(2014年09月25日)

本報告書は2014年5月にPwC Globalが発表した「Cities of Opportunity 6」をPwC Japanで抜粋・翻訳し、一部の結果に対する分析を加えたものです。第6回となる今回の報告書では、30の都市、10の領域、59の指標について評価を行っています。

It’s how you play the game‐都市の成長戦略とメガスポーツイベントの活用(2014年09月01日)

都市は最適なイベントを開催しインフラ開発を進めることで長期的な成長戦略を実現することができます。本レポートでは、都市/地域が招致すべきイベントの決定を支援するフレームワークと事例紹介を行っています。

Cities of Opportunity 世界の都市力比較 未来を築く(2014年05月13日)

世界27都市の都市力を評価する「Cities of Opportunity」2012年報告書をインフラ視点で掘り下げ、経済・社会インフラ整備の成熟度や、需要に対する充足度の評価比較、将来的なインフラ成長の可能性について分析しています。

レジリエントシティへの挑戦 災害に強くしなやかなインフラの構築に向けて(2013年10月28日)

2011年以降、PwCは、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)との緊密な協力の下、過去の災害データを分析し、災害に対する備えと対応における長期的な官民協力の枠組みを提供し、企業や政府はどう自然災害に備えるべきかについて、共通のテーマを見出そうと取り組んできました。

「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」日本語版(抜粋)(2013年01月13日)

PwCが米国Partnership for New York Cityと共同で発表した「Cities of Opportunity‐世界の都市力比較 2012」を抜粋和訳したものです。世界の主要27都市の都市力を分析し、傾向や特徴を把握することで、都市の成長や回復に貢献することを目的としています。