調査/レポート - 資産運用

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 不動産の新しい動向 アジア太平洋(2017年1月16日)

本報告書は、投資家、デベロッパー、不動産会社のトップ、金融機関、仲介業者、コンサルタントなど、国際的に著名な不動産専門家の見解に基づき、アジア太平洋地域における不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の傾向について見通しを示しています。

アジア太平洋地域におけるファンドパスポート構想 全体像と各国ファンド業界の概況

アジア太平洋地域では、アジア地域ファンドパスポート(ARFP)、ASEAN CIS フレームワーク、中国・香港ファンド相互承認制度(MRF)といったファンドパスポート構想が実現しつつあります。

PwCのEmerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2016 不動産の新しい動向®アジア太平洋2016(2015年12月7日)

2016年に予想される最善の投資機会・開発機会は何か?本書は不動産業界のリーダー約350名に行ったインタビュー/アンケート調査を基づき、見込みの高い投資先や有望な部門・市場、および不動産に影響を与える資本市場の動向について予測し、読者の参考に供します。PwCとアーバンランド・インスティテュートの共同報告書であるEmerging Trends inReal Estate アジア太平洋版は刊行以来版を重ね、今回の第10版でも信頼度の高い、実際に即した専門的な洞察を提供します。

Asset Management 2020 and beyond: Transforming your business for a new global tax world(2015年12月02日)

「会社がどのように税務リスクを対処するのか」が、2020年に向けて競争上の差別化要因となります。新しいグローバルタックスの世界において、何が推進力となるのでしょうか。そして金融サービス業界においてより重要な分野となるであろうアセットマネジメント業界は、どのようにしてこれらの課題に対処していくのでしょうか。

Real Estate 2020 不動産の未来(要約版)(2015年03月03日)

PwCでは、2020年における不動産の未来の姿について、データ分析、ディスカッションなどのリサーチを行い、この度、「Real Estate 2020 (不動産の未来)」を作成しました。

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望(2014年12月08日)

本レポートは、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭等の世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2015 不動産の新しい動向®アジア太平洋2015(2015年12月)

2015年の本報告書は、日本を含むアジア太平洋地域における投資家、デベロッパー、不動産会社のトップ、金融機関、仲介業者、コンサルタントなど、385名を超える国際的に著名な不動産専門家の見解に基づいて作成しており、アジア太平洋地域における不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の動向に関する見通しを示しています。

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由(2014年11月18日)

本稿は、上場投資信託(ETF)の成長、選好される理由、グローバルにおける成長、アクティブETFの可能性、今後の成長の課題、資産運用会社のETFに対する戦略の必要性などについて解説しています。

Emerging Trends in Real Estate® 2014 グローバル版2014年の展望(2014年08月)

本報告書は世界の投資家の不動産市況の見通しについてまとめたもので、毎年実施しているEmerging Trends in Real Estate®調査について、今回、さらにとりまとめを行い、地域のセンチメントとグローバルな動向が概観できるものとしました。

Power & Renewables Deals ‐2014年の展望と2013年のレビュー‐(2014年04月17日)

本報告書は、電力・ガス・再生可能エネルギーセクターのM&Aをとりまとめたシリーズの2013年版です。本報告書では世界のエネルギーM&A市場を概観しつつ、プレイヤーの動向や地域毎の状況について整理しています。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2014 不動産の新しい動向®アジア太平洋2014(2014年01月)

本報告書は、アジア太平洋地域における不動産投資、不動産開発および金融市場の2014年の展望について、投資家、デベロッパー、不動産会社、金融機関、仲介業者、コンサルタントなどに行った聞き取りに基づき、不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の傾向について見通しを示しています。

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー(2013年07月22日)

PwCは世界の電力や再生可能エネルギーセクターのM&A市場の動向を毎年報告しています。本レポートはその2012年版であり、2012年のM&A市場を概観するとともに、2013年の展望について述べています。

インド投資ガイド-投資規制と税制2012年度(2013年02月13日)

インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識に基づき、インドの投資家が最初に直面する課題への取り組みに経験をもった専門家によって編集され、税制、税務優遇制度、外貨規制、および外国直接投資政策を中心に構成されています。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2013 不動産市況の新しい動向 アジア太平洋2013年(日本語版)

PwCとULI(非営利団体アーバンランド研究所)の共同により、不動産業界で影響力を持つ約400名のリーダーを対象にインタビューとアンケートを行った結果を基に作成された、アジア太平洋地域における2013年の不動産投資および不動産開発の展望に関するレポートです。

IFRS実務ガイド アセットマネージャーのためのIFRS10号(2012年10月01日)

この実務ガイドは、アセットマネージャーがIFRS第10号を適用するにあたって、実務的な考え方を、本人か代理人かの評価を中心に説明しています。また、基準の設例の分析やそのほかの考慮事項も紹介しています。

10Minutes アフリカ投資について(2011年09月05日)

アフリカは今や投資に対してリスク調整後リターンが最も高い新興経済ですが、中国、韓国に比べ日本は当市場の獲得競争に出遅れています。成功するには、投資家は長期的視点を持ってアフリカの成長に参画する必要があります。

IFRS 実務ガイド 原価モデルの固定資産会計

IFRSは、コンポーネントアプローチによる減価償却とされていますが、本資料では特に投資不動産にこのアプローチを適用する場合の実務的な論点について、Q&A方式を交えながら解説を行っています。

A practical guide to accounting for properties under construction(日本語版)(2011年01月19日)

建設中の不動産は、竣工した不動産に比べて、公正価値の算定が難しい場合があることや修正基準への移行にかかる留意事項などを説明しています。

将来の展望 2040年の主要産業地域はどこか?(2011年01月04日)

本レポートでは、2010年から2040年までの30年間を対象として、今後、どのような地域において、大規模の産業クラスターが形成され、世界はどのように変わるのかについて示しています。

A Practical Guide to IFRS 8(日本語版)(2010年07月10日)

投資判断やポートフォリオの入れ替えなどの経営判断・管理を個別の投資不動産ごとに行なっている場合も多く、このような多様性および特殊性を有する不動産ファンドにセグメント開示を適用するに当たり、検討すべき課題についてQ&A形式でまとめています。

The day after tomorrow for asset management 世界経済危機におけるプライスウォーターハウス・クーパースの展望(2009年10月01日)

2008年後半の未曾有の金融危機で、銀行システムの欠陥が明らかになった一方で、資産運用業界はより逆境に強いことなどが分りました。本報告書は「ディ・アフター・トゥモロー」の第二弾として、資産運用業界が現在および将来において直面する大きな課題を取り上げています。

類似点と相違点 - 投資ファンドに関わる国際財務報告基準(IFRS)とローカル会計基準の比較(2009年09月20日)

投資ファンドに重大な影響を与える可能性のあるIFRSの重要分野を取り上げ、主要な投資運用業で現在適用されている会計の枠組みと比較して、重要な類似点および相違点を要約しました。

オペレーショナルリスク:新たな課題 世界のヘッジファンドの規制、税金と販売(2008年11月30日)

リスク管理、資産運用プロセス、評価、規制や税金など、今後、ヘッジファンド戦略で焦点が当てられることが予想される事項について解説しています。

公正価値評価に対する現状の課題 PE業界における現状の公正価値測定手法とプラクティスの見直し(2008年11月20日)

オルタナティブ投資セクター全体、特にプライイベートエクイティにとって最も注目されているトピックの1つである公正価値測定手法に関するレポートです。

このペースについて行っていますか? IFRS不動産調査-2007年調査結果の詳細(2008年11月10日)

PwCが昨年実施した2006年度財務諸表サンプルについての調査で、不動産セクターには、企業の財務諸表の透明性と比較可能性を向上する何らかの方法がまだ残っているという見解を発表しました。

変動期における差別化の追及 グローバル・プライベート・エクイティ・レポート2008年(2008年11月01日)

PwC独自の経験および主要な業界プレーヤーとの会談を基に、プライベートエクイティの将来を左右すると考えられている機会と課題について取り上げ、解説しています。