ツール・テンプレート

PwC Japanが提供するIFRS関連ツール・テンプレートをご紹介します。

Phase1

会計基準差異分析シート
IFRSと日本基準の差異を項目ごとに洗い出し、それらに対する企業における確認事項を示したもの。IFRSを適用した場合の影響度や重要課題の把握を、効率的かつ網羅的に行うための分析シートです。

IFRS子会社質問書
IFRSプロジェクトの初期段階において、子会社等に現状会計処理等を調査する際に用いる質問書です。概要調査にて必要な項目を網羅しており、グローバルの子会社を含んだ調査を効率的に実施できます。

Phase2

論点メモテンプレート
IFRSコンバージョンにあたり典型的に直面する会計上の論点について、その解決から結論に至るプロセスを文書化したフォームです。
作業指示書となるワークプログラムテンプレートを併用することで、漏れのない、効率的な検討が可能です。

Phase3

会計マニュアルテンプレート
会計マニュアルの整備は、社内でのIFRSの定着化において重要なポイントとなります。IFRS、PwCのマニュアル・オブ・アカウンティング(MoA)、海外のIFRS適用会社の会計マニュアルを基に、企業にて実際に利用する会計マニュアルのベースとなるテンプレートを目標として作成しています。当テンプレートを各企業のニーズに合わせカスタマイズして使用することにより、効率的な会計マニュアルの整備が可能となります。

Overall

プロジェクト管理テンプレート
複数の検討テーマ間の整合性を取りながら、包括的にプロジェクトの推進を管理するテンプレートです。さまざまなテーマにおける豊富なコンサルティング経験に基づき、効果的・効率的なプロジェクトの進行をサポートします。

そのほか、財務諸表のひな型を例示しIFRS基準による開示および表示の規定を説明するIllustrated IFRS Financial Statement、IFRS開示チェックリスト、日本基準、US基準およびIFRSの比較(S&D)など、各種出版物も提供しています。

 ページトップへ